プレイセットプロダクツの「pokémon time」 | HOME | 修理の日々

[本]身代わりアンラッキー 月のペンダントのひみつ/くどうのぞみ

1月に紹介した「アンラッキーくん」の新作絵本が早くも登場しましたー。

身代わりアンラッキー
[本]身代わりアンラッキー 月のペンダントのひみつ/くどうのぞみ

PHP研究所 2008.6.20発売 1050円
ISBN:978-4569687902

そして今回の絵本にはストラップ付きの初回限定セットもありますのであわせて紹介。

身代わりアンラッキープチ開運BOX
[本]身代わりアンラッキー プチ開運BOX/くどうのぞみ

PHP研究所 2008.6.20発売 1575円
ISBN:978-4569296111

アンラッキーくんは人にくっついて小さなアンラッキーを引き起こすことを仕事にしているゴーストなんだけど、なぜか結果的にはラッキーな展開を起こしてしまうというキャラクターです。

今回のストーリーはサブタイトルにもなっている月のペンダントを巡るおはなしがメインになっているんですが、他にも短めの話やキャラクター紹介ページなどもあります。あと前作は80ページのソフトカバーだったのに対して、今回は48ページのハードカバー(本のサイズも微妙に変更)になっているんですね。なのでボリューム的にはあっさりした感じに仕上がっています。

そして初回限定セットに付いてくるストラップ。月のペンダントを付けたアンラッキーくんなんですが、こんな感じになっております。
ストラップ

立ったところ

後ろには立派な羽もあります。
後ろ姿

更に、今回の絵本発売とともに公式サイトもオープンしています。ぬいぐるみの販売や壁紙、携帯サイトなども用意されていて、なかなか凝っています。なんとなくPHP研究所って堅いイメージがあったから、こうしたキャラクター展開を行うのは意外な気がしますね。もしかすると、ドアラの本が予想以上に売れたからこういう予算が下りたのかもしれません(笑)。ともかく1アンラッキーファンとして末永く展開してほしいなぁと思います。

不幸を吸い取る「身代わりアンラッキーくん」-絵本から飛び出しストラップに(烏丸経済新聞 2008.6.23)…この記事によると、PHP研究所の社長がアンラッキーくんを気に入ってグッズを作ることになったんだとか。へぇ~。くどうさんのコメントによると月のペンダントありきでストーリーを考えたっぽいですね。次作があるとすれば、アンラッキーくんはデフォルトでペンダントを付けているのかなぁ。付けてなくてもキャラとしてのバランスはいいと思うんだけど。

アンラッキーくんの部屋(公式サイト)
Room226(くどうのぞみ公式サイト)

[本]アンラッキーくん/くどうのぞみ(2008.1.23)

コメント:2

くどうのぞみ 2008年12月4日(木)22:08

はじめまして、くどうのぞみです。
「アンラッキー・タンゴ」を気に入っていただいて
本当にありがとうございます。
作者本人がコメントを入れるなど、
もしかしたら出すぎたことかもしれませんが、
ひとことお礼を言わせて下さい。
そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

なべねこ 2008年12月5日(金)3:51

くどうさん、はじめまして。
こんなところに書き込んで頂くなんてありがとうございます。
アンラッキーくんの絵本はホントに大好きで、
今でもたまに読み返したりしています。
これからも応援していますです。

コメントを書く
記憶する

トラックバック+ピンバック:0

このエントリーへのトラックバックURL:

プレイセットプロダクツの「pokémon time」 | HOME | 修理の日々

カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

473299 今日:85 昨日:303 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP