HOME > アーカイブ > 2009-10

[本]キティの涙

今月2冊目のキティちゃん関連本紹介。キティちゃんの本ってたくさん出ているので、いちいち取り上げていたらキリがないのですが、この本はちょっと特殊です。キティちゃんではなくてデザイナーの山口裕子さんにスポットを当てたはじめての本ですから。こういう本を待ってましたよ。

キティの涙
[本]キティの涙(amazon)

集英社 2009.10.26発売 1200円
ISBN:978-4-08-780544-4

この本、なぜか著者名が記載されていなくて、集英社サイトの紹介ページでは構成として森綾さんというフリーライターの方の名前が出ているだけなんですが、中の文章は山口さん目線の言葉で綴られているので、山口さんが実質の著者と思って間違いのない内容になっています(サンリオって絵本とかでも作者としてデザイナーの名前をあまり出さないよね。なんでだろ)。

また、内容について上の紹介ページには、「ハローキティデザイナー山口裕子さんが、キティを世界のトップ”かわいい”キャラクターに育てた裏話を、初めて語る。」と書かれているんですが、実際には裏話と言うよりももっと多岐に渡っているというか、山口さんの半生を語った自伝的な内容になっているんですね。幼い頃の話から、学生時代、そしてサンリオに入社してからの話といった、これまで山口さんが歩んできた生き方を通して、キティをここまでの存在に育て上げるに至った理由が見えてくる構成になっています。

この本を読んで思ったのは、「山口さん、バイタリティに溢れすぎ!」って言う驚きに尽きます。中学・高校進学時に、親が希望する私立の学校の試験を受けるんだけど、自分の進みたい道じゃないと思い白紙で出したとか、会社に入ってからも、性別で仕事の評価が違うと聞くとそれを是正するべく動いたり。エピソードの1つ1つに意志の強さを感じます。自分が納得するまで動かずにはいられない人なんですね。

そういう性格がキティのデザイナーに抜擢されてからも活かされていて、当初は乗り気でもなかったはずなのに、休日返上して各地でサイン会を開いて直接ファンの意見を聞き、大胆なデザインを取り入れ、”キティはみんなと現実に生きていて、みんなが大好きなものはキティも大好き”というコンセプトを掴むに至ります。これも、自分の手で再びキティに人気を取り戻したい、そうじゃなければ納得できないという強い気持ちがあったからなんでしょう。

他にも、入社当時に感じたサンリオ社内の様子として、人気キャラクターのデザイナーは個室が与えられスター女優みたいだったと語っていたり、離婚後も結婚時の姓で仕事をしている理由とか、他ではあまり聞いたことないような話もいろいろ載ってて面白かったです。
読みやすい文章で書かれているので、あまり本読まないという人にもおすすめの1冊です。

山口裕子inワンダーランド(公式サイト)
『キティの涙』刊行記念「ハローキティ」デザイナー 山口裕子さんサイン会…11/21、紀伊國屋書店新宿本店にて開催。

[本]HELLO KITTY MEMORIES(2009.10.14)

サンリオの新キャラ、「ニョッキ&ペンネ」

昨日、サンリオから新しいキャラクター、「ニョッキ&ペンネ」が発表されました。2匹の猫のキャラクターで、黒いオス猫がニョッキ、白いメス猫がペンネというそうです。グッズは11月11日から発売予定とのこと。

サンリオの新キャラ発表は、チェリーナチェリーネ以来1年ぶりかな? 猫をモチーフとしたキャラクターというのは特に珍しくはないですが、今回はイタリアンレストランのシェフをしている猫好きのご主人に飼われているペットの猫ということで、擬人化していないのがちょっとした特徴のようです。
相変わらずかわいらしくはありますが、久々の新キャラにしてはちょっと地味な印象もしますね。そろそろ派手目のキャラもほしい気もしますが、どうでしょうね。

「ニョッキ&ペンネ」シリーズ発売のお知らせ(サンリオ 2009.10.28)
ニョッキ&ペンネ(公式サイト)…10/30オープン予定。

サンリオの新キャラ、「チェリーナチェリーネ」(2008.6.12)

地デジカ主演ドラマ「地デジカ家族」

  • 2009年10月27日(火)12:21
  • [TOPICS]

地上デジタル推進キャラクターの「地デジカ」くんですが、この度なんと役者デビューを果たし、フジテレビの深夜に5夜連続で放送されるミニドラマ番組に主演することになったそうです。

ドラマのタイトルは「地デジカ家族」ということでそのまんまなんですが、内容もアナログな一家に地デジカがおじゃまして地デジ推進を訴えると言った内容になっているとか。
放送は11月23日から27日。ミニ番組とは言え、着ぐるみキャラが主役のドラマなんて聞いたことがないので、どんな感じなのか今から楽しみです。

ちなみに、今日で地デジカが誕生してちょうど半年なんですね。ということはそろそろグッズとかも販売されているのかなと思って調べてみたら、どうも非売品のノベルティグッズがいくつか出回っているだけで、市販品は存在していないようです。試しにYahoo!ショッピングで検索してみたら、なぜかアナログマグッズがいっぱい出てきてちょっと焦りました(笑)。

地デジカ役者化!!ただのシカではなかった!(SANSPO.COM 2009.10.26)
“地デジカ”ついに役者デビュー!11月にドラマ放送決定(テレビドガッチ 2009.10.26)…詳細な放送スケジュールが掲載されています。

地デジカ(日本民間放送連盟公式サイト)

地デジPRキャラ「地デジカ」登場(2009.4.27)

[本]ヤン坊マー坊 オフィシャル・ブック

ヤンマーのキャラクター「ヤン坊マー坊」が今年で生誕50周年ということで、初の公式本が発売になりました。

ヤン坊マー坊オフィシャル・ブック
[本]ヤン坊マー坊 オフィシャル・ブック(amazon)

TOブックス 2009.10.20発売 1575円
ISBN:978-4-904376-12-6

内容はキャラクターの描き下ろしイラストやプロフィールのほか、生みの親の中邨靖夫さんへのインタビューなど、いろんなページがあるんですが、いちばんの注目はやはり付録のDVDでしょう。これには過去に放送された天気予報のアニメーションが50本も収録されています。

ヤン坊マー坊は、ディーゼルエンジンや産業用機械のメーカーという普通ならあまり馴染みにくい会社を一気に身近に感じさせてくれるという意味では、これまでヤンマーが社内で蓄積してきた技術と同じくらい大切な財産と言っても過言ではない存在なんじゃないかと思うんですが、その背景に目を向けると生みの親である中邨靖夫さんの存在に気付きます。

アニメーターである中邨さんは、1959年(昭和34年)にヤン坊マー坊の天気予報がスタートしてから現在に至るまで、すべてのアニメーションのセル画を1人で描いていると言うんですね。アニメーションは年4回替わり、1作品につき1500枚のセル画が必要とのことなので、年間6000枚、それを50年だから合計300000枚! それを1人で描き続けてたと言うんだから驚きを通り越してただただ呆然としてしまいます。

ヤン坊マー坊はこれまで何度か、かなり大胆なデザインチェンジを経ていますが、それでも別のキャラクターに見えないのは一貫して同じ方が手掛けられているからなのかもしれませんね。
これからもずーっと続けてほしいなぁと思うのでした。

今年で生誕50年! ヤン坊マー坊のオフィシャルブックが登場 – 10/20発売(マイコミジャーナル 2009.10.2)
天気予報でおなじみのヤン坊マー坊が生誕50周年、オフィシャルブックを出版へ(GIGAZINE 2009.10.6)
ヤン坊マー坊天気予報(Wikipedia)…現在放送されている放送局が一覧にしてまとめられています。なんと、首都圏、関西圏では放送されていないんですね。知らなかった…。
[本]ヤン坊マー坊 オフィシャル・ブック(出版社の紹介ページ)

ヤンマー広場(ヤンマー公式サイト)…ヤン坊マー坊のうたが聴けるほか、過去の映像がいくつか公開されています。年代によって微妙に歌詞や節が違ってたりもするんですね。
ヤン坊マー坊天気予報…天気予報が掲載されているページ。最新の動画も見られます。

 1 2 3 4 5 6
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

686887 今日:14 昨日:70 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP