HOME > アーカイブ > 2012-02

[3DS]電波人間のRPG

この前昨年のまとめコラムを書きましたが、その際にざっくり自分のブログの過去ログを見返したんですけど、それで思ったのが「ゲームに関する話題が多いな~」ってことでして。ゲーム好きですよね。自分ではそんなにやってる意識はないんですけどね。

とか言いながら、今はまってるゲームがあるので紹介するんですが、こちらです。

電波人間のRPG
[3DS]電波人間のRPG
ジニアス・ソノリティ 2012.2.8発売 800円

ニンテンドー3DSのダウンロードソフトで、一応クリアもしたんですが面白かったです。800円という価格なので、ものすごくコンパクトに作られているんですが、その中に僕がRPGに求める要素のすべてが見事に詰まっていて感動しました。「そうそう、こういうのやりたかったんだよ!」って。
ディレクターの方(山名学さん)が昔ドラクエ作ってた人というのもあって、第一印象としてはドラクエに似ているなぁと思ったんですが、ずっと続けているとドラクエというよりウィザードリィに近い感覚を覚えました。シンプルな分、かなりストイックな作りになっていて、見た目に反して後半に行くに従いけっこう容赦ないバランスになってるんですね。

このゲームには電波人間と呼ばれるキャラクターを捕まえるモードがあって、そこで仲間にしたキャラでパーティを編成して冒険するという流れになっているんですが、この電波人間にはちょっと変わったギミックがあって、現実世界に飛んでいる電波を元にキャラクターを作っているんですね(どうも無線LANのMACアドレスから固有のキャラクターを生成しているらしい)。なので家の中を飛んでいる電波人間を全部捕まえ終わり、更にもっといろんなタイプの仲間が欲しいと思ったら外の電波が多そうなところへ出かけていって、何も見えない空中に3DSをかざして捕まえるという、端から見るとちょっと危険な作業が必要になったりもします(笑)。

電波人間捕獲中の画面
▲ちなみに捕獲モードでは3DS内蔵のカメラを使用していて、現実の風景に電波人間が飛んでいるかのような演出がされています。

このシステムが面白いと思ったのは、パーティが全滅したときのペナルティなんですよね。全滅するとせっかく捕まえた電波人間たちが元いた場所に帰っちゃうので、また同じ電波人間を仲間にしたいと思ったら、再び捕まえ場所まで行って再捕獲しないといけないんです。お布施を払って復活させることもできるけど、やたらと高額だったりして。

だったら新しい電波人間を捕まえればいいっていう話なんですが、やっぱり前のキャラを連れ戻したくなってしまうんですよね。
これがもし出会うキャラが全くのランダムで決まっているのなら、捨て駒的な感じで割り切れたんだと思いますが、以前捕まえた場所に行ったら同じキャラが居るかもしれないって言われたら、じゃあまた仲間にしないとってなるんですよね。
この辺が絶妙だなぁって。単に奇をてらっただけのシステムっぽく見えるのに、キャラクターに愛着を持たせられる仕組みになっていたり、しっかりゲーム性にも結びつけられているところが、すごいなと思ったのでした。

続編の話があるならぜひ今度はパッケージソフトのボリュームで遊んでみたいと思いました。はい。

電波人間のしょう
▲主人公の電波人間だけはランダムで決まるみたいなんですが、僕のは「しょう」というキャラクターでした。特別強くはないけどちっこくてかわいいです。

電波人間のRPG(公式サイト)…上2枚の画像は素材集からお借りしました。
ジニアス・ソノリティ…ポケモンの外伝作品などの開発でおなじみ。パブリッシャーとしては今作が初めての作品となります。ちなみに一部の有名ゲームブロガーには直接メーカーから紹介記事の執筆依頼が来たそうですが、当サイトは自主的に紹介しただけです。さすがにね。

今ちゃん、とばっちり

  • 2012年2月19日(日)2:00
  • [MEMO]

■最近テレビで連日報道されているオセロの中島の件、一体誰がそんなに興味あるんだ?? と思っている方も多いんじゃないかと思うんですが、それ、僕です。僕! 前から中島のことがずっと気になっていたんですよ。大丈夫なのかなって。でもこんなに複雑なことになっていたとは驚きでした。

変な人にマインドコントロールされて同居生活の上全財産吸い取られるっていうのは、辺見マリもまったく同じパターンで被害に遭っていた記憶があるんですが、中島の場合はマインドコントロールとは別に心の病も患っているっぽいのが気になります。3年くらい前にも、当時やってたブログの内容がおかしいとちょっと話題にもなっていましたよね。誰かに監視されているみたいな内容で…。後から言うのもなんですが、前兆があったんだからここまでこじれる前に誰かが止めるとか、もうちょっとどうにかならなかったのかなぁという気がします。
あと、テレビでは樹木希林とかぐっさんとか、全然関係ない人に話を聞いていますが、どうせ聞くならもうちょっと近しくしていた人の話が聞きたい気がします。同じ事務所の人はどう思っていたんでしょうか。鶴瓶とか。
 

■そんな中島と同じマンションに住んでいることでもお馴染みの今ちゃんがやってる番組「KOZY’S NIGHT 負け犬勝ち犬」ですが、先日の「サイコパス番付」の回、面白かったです。ゲストにオリラジの2人とケンコバを呼んで、メインの今田・東野とともに誰がいちばんサイコパスな思考の持ち主かをテストしていくという内容です。視聴者も自分でチェックできる構成になっていたのでやってみましたが、僕はいたって平凡な思考だということが判明してとりあえずほっとしましたです。というかややもすると、サイコパスにいいように利用されてしまう側ですよ。気をつけないといけません。

番組ではサイコパスな人は常に人の隙ができる瞬間を伺っていて、とっさに言い訳をしたり誤魔化すのがうまい、みたいなことを言っていましたが、それを聞いていて頭に浮かんだ人物がいました。もちろんあくまでテレビを見ていて受ける印象ですが…、ロンブーの淳ですよ。そのまんま当てはまるじゃないですかと思ってしまいました。

以前淳がいいとも増刊号でしゃべっていたエピソードを思い出したんですが、あるときお風呂の水を出しっ放しにして溢れさせ、下の階まで漏水させてしまったことがあったそうなんですね。その際マンションの管理人が下の階からのクレームに対応するため淳の部屋のチャイムを鳴らしたそうなんですが、ヤバイと思って淳の取った行動というのが、とっさに床に溜まった水をすくって天井にぶっかけた後にドアを開け、「いやー、うちも上の階から漏れてきたようなんですよ」って答えたっていうんですね。
共演者に「そんなウソついたってすぐバレるじゃん」って突っ込まれていましたが、「いや、そうやって一度管理人を上の階へ確認に行かしている間に、改めてどう対応するかじっくり考える時間ができるじゃないですか。あれ(天井に水をかけたこと)をとっさに思いついた自分は我ながらアイデアマンだと思いましたね」みたいな感じでまるで武勇伝のように嬉々として語っているのを見て、もうなんか発想がすごいわと思った記憶があったんですが、これってまさにサイコパスそのものの考え方じゃないですか。ぜひ今度は淳を呼んでじっくり検証して頂きたいと思います。
 

■あと最近見たテレビで面白かったと言えば、「アメトーーク」の「ちゃんとしてなきゃいけない芸人」の回。これって、けっこう深いテーマだと思うんですよね。なんでちゃんとしていないことを笑える芸人とそうじゃない芸人がいるのか。これは本人の自尊心とか、こうなりたい・なりたくないという気持ちからくるものなのか、それとも他の芸人や視聴者などの関係性の中から少しずつ各々のポジションとして醸成されていくものなのか…。

でも思ったのが、やっぱり受け手の第一印象なんですよね。この人はちょっと抜けてそうなタイプかなと思って、実際そのとおりだったりすると期待どおりの安心感から笑えるし、しっかりしてそうだと思ったのに予想外なヘマをされると、不安が先に立ってちょっと引いてしまうというか。だから見た目がちゃんとしていて、更に自分が人からどう見られているかに敏感で、なるべくその期待に応えようと動いてしまうという、この三拍子が揃っている人が”ちゃんとしてなきゃいけない芸人”になっちゃうんだろうなぁと。

僕は別にちゃんとしているわけではないけど、例えば変な冗談みたいなことを言ってしまったとして、人から「そんなこという人だと思わなかった」なんて言われたら、今度から絶対に言わないようにしようってすごく気にしてしまうタイプなので、その気苦労みたいなものがなんか分かると思ったのでした。

番組の途中でオードリーの若林とインパルスの板倉がキスをしないといけないようなくだりがあったけど、ひやひやしましたもんね。本当にしたらどうしようって。あれもしやってたら誰も得しない、いたたまれない状況になってたんだろうなぁ。
ということで、ちゃんとしてなきゃいけない芸人の人達にはやっぱりこれからも期待を裏切ることなくちゃんとしていてほしいと思います。

「ぴたポン!」のCMがかわいい

  • 2012年2月15日(水)23:30
  • [TOPICS]

大阪市交通局のICカード「OSAKA PiTaPa」のキャラクター、「ぴたポン!」が登場するテレビCMが放送されているそうで、ネット上でもロングバージョンが公開されています。

ぴたポン!テレビCM放映中!(OSAKA PiTaPa)

「ぴたポン!のうた」という軽快な歌にあわせて、ぴたポン!がいろんなお店でカードを使う様子が描かれています。
ぴたポン!はアランジアロンゾが手掛けたキャラクターですが、このCMはぬいぐるみアニメーションになっていて、らしさが活かされているところもいいな~って思いましたです。あと大阪弁がすっごくかわいいです。やっぱりアランジアロンゾのキャラには大阪弁がはまりますね。

どのくらいの頻度で放送されているんでしょうか。テレビで見られない地域に住む1人として、ちょっとうらやましいなぁと思うのでした。

OSAKA PiTaPa(公式サイト)…ぴたポン!グッズが当たるアンケートも実施中です。
アランジアロンゾ(公式サイト)

[本]カッパでもどうにかやっている/アランジアロンゾ(2007.4.2)

自分で買うのだ

  • 2012年2月15日(水)23:28
  • [MEMO]

■昨日はバレンタインデーでしたね。僕には特に縁もゆかりもない日ですが、チョコレートは好きなので売り場にたくさん並べられているのを見るとちょっぴりわくわくしたりします。おいしそうだなって。

ちなみに僕のおすすめチョコレート店は丸の内オアゾの中にあるドゥバイヨルというお店です。ここのチョコレートは箱もかわいいので、贈り物にもよさそうです。まあ、僕は自分で買って自分で食べるんですけどね。
 

台湾セブンイレブンの「OPENちゃん」、札幌雪祭りに

もう終わっちゃいましたが、「さっぽろ雪まつり」に台湾のセブンイレブンのキャラクター、「OPENちゃん」の雪像が作られていたそうですね。どこかに写真がないかなと探していたら、ちゃんと日本語の公式サイトが用意されていることを知りました。

WHITE OPEN

こちらのサイトで制作過程を収めた動画が公開されています。いつの間にか妹のPleaseちゃんというキャラも増えていたようです。
OPENちゃんは元々日本の電通が作ったキャラだそうですが、台湾では何年も前から人気が続いているみたいですね。日本で作られたキャラがずっと人気を維持できているなんて、やっぱり台湾の人って日本人と感覚が似てるんでしょうかね~。せっかくなので今後もっと日本での露出を増やして、両方の国で愛されるキャラクターになっていってもらいたいです。

 < 1 2 3 4 5
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

452718 今日:5 昨日:333 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP