HOME > タグ > 絵本

ガチャピン・ムックとふしぎなたまご展

ガチャピンのお願いから始まった谷川俊太郎さん作の絵本シリーズ、「ガチャピンとムックのものがたり」に完結編となる3作目が登場しました。そして完結を記念してイベントも開催されるとのことなのであわせて紹介です。

ガチャピンとムックのものがたり ガチャピンさんば ムックはるんば
[本]ガチャピンとムックのものがたり3~ガチャピンさんば ムックはるんば/谷川俊太郎・作・文、大野彰子・絵(amazon)

扶桑社 2009.12.2発売 1470円
ISBN:978-4594060978

1作目でたまごから生まれたガチャピンとムックですが、今作では日本にやってくる少し前のできごとをおはなしにしているようです。

そしてイベントの方ですが、「ガチャピン・ムックとふしぎなたまご」展と題した展覧会が表参道にあるギャラリー、ARTIFACT(アーティファクト)にて12月13日から27日まで開催されます。内容としては絵本の原画展示のほか、ポンキッキシリーズで活躍しているガチャピンとムックの写真やコレクションの展示などがあるそうです。更に期間中に、ガチャピン・ムックとの撮影会やクリスマスイベント、絵本を手掛けた谷川俊太郎さん、大野彰子さんとガチャピン、ムックとのトークショーもあわせて開催されるそうです(これらのイベントへの参加は要予約)。

最近は地上波での露出が少なくなっちゃってるので、生のガチャピンとムックを間近で見られるイベントというのはいいですね。トークショーなどのイベントも気になるけど、定員は少なめなので僕が行ったらすごい場違いになりそうな予感(笑)。気になる人はぜひ僕のかわりに行ってみてください。

ガチャピンとムックのものがたり(FUJI TV KIDS WEB SHOP)
ガチャピン・ムックの絵本3部作完結記念 「ガチャピン・ムックとふしぎなたまご展」(フジテレビKIDSクラブ 2009.11.28)
ガチャピン・ムックとふしぎなたまご展(ARTIFACT)…イベントの詳細はこちら。
ガチャピン日記

谷川俊太郎作、ガチャピン・ムックの絵本(2008.9.18)

[本]コんガらガっち あっちこっち すすめ!の本/ユーフラテス

「コんガらガっち」の絵本に第2弾が登場したので紹介です。

コんガらガっち あっちこっち すすめ!の本
[本]コんガらガっち あっちこっち すすめ!の本/ユーフラテス(amazon)

小学館 2009.11.18発売 1260円
ISBN:978-4097264002

「コんガらガっち」の本は、4コマ漫画と指でたどる絵本の2種類がありましたが、今回登場したのは指でたどる方の続編です。今回も”いるか”と”もぐら”がこんがらがったキャラクターの”いぐら”くんたちが地上へ地下へとあっちこっち進んでいます。しりとりやすごろくっぽい仕掛けもあったりして楽しいです。

でも、なんとなくですが前作の方がおもしろかったような気もします。あの、食べものをどんどん組み合わせておひるごはんを作るやつが好きだったので。って、ただ食い意地張ってるだけか(笑)。

ちなみに内容は小学館の幼年誌に掲載されたもの+書き下ろしとのことみたいなんですが、今後も続編が出るんでしょうかね。シリーズ化にも期待です。

こんがらがっち あっちこっちすすめ!の本(EUPHRATES公式サイト)
[本]コんガらガっち あっちこっちすすめ!の本(出版社の紹介ページ)

「こんがらがっち」の本が2冊同時発売(2009.3.4)

[本]ゆきがふるよ ねこがいるよ/ごうだつねお

「こまねこ」の方が忙しい時期かと思われた合田経郎さんですが、新作の絵本が発表されました。こちらもねこが主人公のおはなし。

ゆきがふるよ ねこがいるよ
[本]ゆきがふるよ ねこがいるよ/ごうだつねお(amazon)

教育画劇 2009.10発売 1155円
ISBN:978-4-7746-1146-4

合田さんの絵本といえば、「どーもくん」や「こまねこ」、それから宇多田ヒカルの「ぼくはくま」の映像に登場した「まくまくん」とか、キャラクターに付随した作品はありましたが、そういうのではない単発の作品って初めてなんじゃないかな。

その中身ですが、ページごとに絵に短い一文が添えられていて、テンポよく物語が進んでいく構成になっています。冬の夜の張りつめた空気と、そこで健気に生きるねこという対比がなんとも言えない情景を作り出していて、読みながら子供の頃のこととかを思い出したりしてしまいました。

そういえば少し前に”合田さんと言えばアニメーション!”みたいなことを書いた気がするけど、イラストだけで見せる作品もやっぱりいいなぁ~と改めて思ったのでした。

dwarf inc.

ドワーフの新キャラ「なまいきヴォルク」(2009.10.15)

[本]ちか100かいだてのいえ/いわいとしお

メディアアーティストの岩井俊雄さんが初めて手掛けた本格的な絵本ということで、このサイトでも刊行直後に取り上げた「100かいだてのいえ」という作品がありますが、その第2弾となる作品が来月登場するそうです。

 
[本]ちか100かいだてのいえ/いわいとしお(楽天ブックス)
偕成社 2009.10下旬発売 1260円
ISBN:978-4-03-331660-4

↑のリンク先(楽天ブックス)で、表紙画像と中身の一部が公開されていますが、今回はなんと地下へと続く100階建ての家ですよ! そんな発想があったとはびっくりです。

前作はその内容が子供に受けてすぐに大人気になりましたが、実際僕も昨年の帰省時に持って帰って甥に読んであげたらすごく面白がってくれたんですよね。今回も人気作になることは間違いなさそうです。

ちなみに前作の主人公はトチくんという男の子でしたが、今回はクウちゃんという女の子だそうです。トチという名前は”土地”と掛けている、みたいな話があったと思うけど今回はなんでしょうね。空洞のクウかな?

ちか100かいだてのいえ(出版社の紹介ページ)…楽天ブックスでは先着でポストカードプレゼントがあるようですが、他の書店でも何かあったりするのかな。
いわいさんちweb…岩井さんのブログ。今回の絵本についての告知はまだありません。

[本]100かいだてのいえ/岩井俊雄(2008.5.29)

 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

452284 今日:194 昨日:298 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP