[本]センチメンタルサーカス/市川晴子 | HOME | 絵本っていいね

「ニャーおっさん」の思い出

  • 2011年12月27日(火)3:25
  • [COLUMN]

「ニャーおっさん」のWEBサイトをリニューアル

ニャーおっさん、公式サイトがあったんですね。懐かしいなぁ…。知らない人のために紹介しておきますと、「ニャーおっさん」はリラックマの作者として知られるコンドウアキさんが手掛けたキャラクターで、元々は「chara(キャラ)」というキャラクターに関するコミュニケーションサイトのマスコットキャラだったんですよね。

サイトがなくなってしまったのでニャーおっさんも出番がなくなってしまったんですが、その後もコンドウさんが参加されていたPOPBOXというイベントで作品が展示されていたりもしていたので、いつか日の目を浴びてほしいなぁと思っていたんですよね。
 

ちなみにその「chara」というサイトについてですが、僕もほんのちょっとだけ関わっていたりしていました。

キャラクター・おもちゃのコミュニティサイト「chara」(2007.1.22)

その辺の経緯は↑のリンク先でも書いていますが、このサイトを立ち上げた方は元々「goodies」という雑貨やキャラクターグッズを紹介する雑誌を編集されていた方だったんですけど、僕はその雑誌ことが好きで、よく取り上げていたことがきっかけだったんですよね。

[雑誌]goodies 2006 SPRING(2006.3.13)
[雑誌]goodies 2005 AUTUMN(2005.10.1)
[雑誌]goodies2005年春号、巻頭特集シナモロール(2005.2.18)
[雑誌]goodies 2004年夏号、水森亜土特集(2004.5.18)
[雑誌]goodies 2004春号、「WE LOVE BANDAI!」(2004.2.18)
[雑誌]goodies 2003秋号、特集「BANDAI NEW ITEM!」(2003.9.4)

で、僕はニュースのコーナーやコラムを書く人の1人として参加したんですけど、結果的には当初期待されていたような役割を何一つこなすことなく、早々に身を引いてしまったんですね。これは本当に、「だったら最初から引き受けるな」って話です。今思い出してもでも申し訳ないことをしてしまったなと思っています(ちなみに→のアーカイブにある2007年1月~4月のエントリーは「chara」で更新していたコラムというか日記の内容をそのまま持ってきたものです)。
 

辞める前までに2度ほど実際に担当の方とお会いして打ち合わせ的なこともしたんですが、その時に「サイトのマスコットキャラクターの候補が2つあるんですけどどちらのキャラがいいと思いますか」ってイラストを見せてもらったことがあったんですよね。2つともコンドウアキさんのデザインで、一方は普通のかわいい感じのキャラで、もう一方が「ニャーおっさん」で。普通に考えたらサイトの看板としてはかわいいキャラの方が適任だと思ったんだけど、ニャーおっさんにはそれを上回る程のインパクトがあって。しかも選ばれない方はこのまま闇に葬り去られるみたいな話だったので、ニャーおっさんはこのまま埋もれさすには惜しすぎるキャラだと熱く語ってしまったのでした。

その後、無事にニャーおっさんの方が選ばれているのを見たときはほっとしたものです。実際には僕の意見なんて、選定には1ミリも影響を与えていないんだとは思いますが、でもひょっとしたらって考えたら素敵やん?(笑)

なので、僕にとってのニャーおっさんは普通のキャラクターではなくて、すごく特別な思い入れのある存在なのです。いつかコンドウアキさんが手掛ける他のキャラ達のように、誰でも知っているようなキャラクターになったらいいなぁと願うばかりです。

goodies関連の書籍
▲僕が所有するgoodies関連の書籍です(左上は「カエルボン」、右上は「プリモプエル オフィシャルパーフェクトブック」)。新刊が出なくなってもう何年にもなりますが、プリンツ21のサイトを見るとまだページが存在するのでまたいつか復活してほしいなぁ。

コメント:0

コメントを書く
記憶する

トラックバック+ピンバック:0

このエントリーへのトラックバックURL:

[本]センチメンタルサーカス/市川晴子 | HOME | 絵本っていいね

カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

451169 今日:353 昨日:302 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP