しかしからっぽだった | HOME | ぐっさんも不在でした

[本]くまのこのとしこし/高橋和枝

気がついたらもう今年ももう終わりです。早いものですね。なにかと慌ただしい年の瀬ですが、ふと立ち止まって一息つけるような、こんな絵本を紹介です。

くまのこのとしこし
[本]くまのこのとしこし/高橋和枝(amazon)

講談社 2010.11.24発売 1575円
ISBN:978-4-06-132447-3

もうすぐ今年が終わって来年がやってくると教えられたくまのこが、来年ってどんなふうにやってくるんだろうと心待ちにしながら年の瀬を過ごすおはなしです。

なにか特別なことが描かれているのではなくて、言ってしまえばこの時期にどこの家庭でも行われていそうなことが描かれているだけなんですが、なんだかすごく懐かしい、不思議な気分が蘇りました。

何十年後かにこの絵本を手に取った子供が、
「なーんだ、昔も今とおんなじことしてたんだね」
なんて言ってくれるような未来になるといいなぁ。

[本]くまのこの としこし(出版社の紹介ページ)
タカハシカズエホームページ(作者のサイト)…現在池袋リブロ本店にて絵本の原画が展示されているそうです。1/17まで。

[本]りすでんわ/高橋和枝(2010.9.29)

コメント:2

つやつや 2011年1月6日(木)14:43

[りすでんわ]大好きです。さっそく、この本もチェックしてみます☆

CHARA PIT 2011年1月9日(日)2:08

「りすでんわ」もいいですよね。
この絵本もそうですが、あたたかさの中に
静けさのようなものがあるところが好きです。

コメントを書く
記憶する

トラックバック+ピンバック:0

このエントリーへのトラックバックURL:

しかしからっぽだった | HOME | ぐっさんも不在でした

カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

473288 今日:74 昨日:303 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP