その23 | HOME | その24

[Wii]安藤ケンサク

先日発売されたWii用ゲームソフトの「安藤ケンサク」くんを買ってきたのでご紹介します。

安藤ケンサク
[Wii]安藤ケンサク(amazon)

任天堂 2010.4.29発売 4800円

このゲームには、ある時点でのGoogleの検索データが収録されていて、そのデータを使っていろいろ遊んでみようという内容なんですが、そういうのってわざわざゲームソフトを買わなくてもネットに繋がってるパソコンがあれば自分でできますよね。なので、「本当にこれ、値段に見合う内容になっているの?」と思った人も多かったんじゃないでしょうか。
僕もその1人だったんですが、実際にどんなゲームなのか確かめたくなりついカッとなって購入してしまったという次第です。

このソフトにはミニゲームのようなものが14種類収録されているんですが、ちょっとずつアプローチの仕方が違っているんですね。多くは1つ、もしくは複数組み合わせた単語のヒット数を予想しながら遊ぶ内容になっていますが、中にはGoogleトレンドのデータを利用して、お題の単語がどの地域(または時期)で多く検索されているかを当てるものや、Googleサジェストで表示される第二候補の一覧から、元の検索単語を連想してクロスワードのマス目を埋めていくなんていう、ちょっとひねったゲームもあったりします。
よくこんなにいろんなタイプのゲームを思いついたな~、とちょっと感心してしまいました。

1つのゲームに対してかなりの問題が用意されているみたいなので、ボリューム的には値段分は遊べそうな感じですが、ただ、やっぱり人にすすめにくいゲームだなぁというのは思いました。「へぇ~」と思うことはあっても、クイズゲームみたいに知識が身につくという感じでもないですしね。ちょっと変わったゲーム好きの人か、「みんなで投票チャンネル」の雰囲気が好きならおすすめかもしれません。

安藤ケンサクディスク
▲説明書とディスクです。パッケージ同様にケンサクくんをフィーチャーしたデザインになっています。

安藤ケンサクと仲間たち1
▲ちなみに安藤ケンサクという名前は、2つのキーワードを組み合わせて検索する「アンド検索」から来ています。ケンサクくんの他にもいっぱい仲間がいます。

安藤ケンサクと仲間たち2
▲次のページにも。でもケンサクくん以外はあまり活躍の場がなさそうな感じ。

ちなみにこれで僕が所有するWiiのパッケージソフトは16本になりましたが、マリオカートやスマブラ、Wii Sports Resortなどの定番ソフトは持ってないんですよね。ソフトの選び方にも天の邪鬼な性格が出てしまうようです…。

安藤ケンサク(任天堂公式サイト)

コメント:0

コメントを書く
記憶する

トラックバック+ピンバック:0

このエントリーへのトラックバックURL:

その23 | HOME | その24

カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

488316 今日:242 昨日:302 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP