HOME > アーカイブ > 2008-09

続・ドラクエ9

  • 2008年9月20日(土)7:31
  • [MEMO]

■先日「ドラクエ9」のことを書いたと思ったら、ちょうどその日の午後にスクウェア・エニックスの社長がインタビューで「ドラクエ9は年明け発売」と明言されたそうですね(なんでそんなぴったりなタイミングに…)。とにかく年明けに出ると言うことは遅くても来年3月までには出るんじゃないかと思いますので、今から発売を楽しみにしながら日々を過ごすこととします。

あと、来年発売となってくるとドラクエ9の発売に合わせて、DS、DS Liteに続く新バージョンのDSが発売される? なんていう憶測にも真実味が出てくるかも…と思って頭の中でいろいろ考えてみたんですが、「やっぱりそれはなさそう」という結論に至りました。本当はその結論に至るまでも文章にしてみたんですが、何の面白みもない妄想文章が長々と続く結果になってしまったので全カットしてやりました。すっきりです。

 

■世間では「ブログ」と言うと「芸能人が書いているブログ」のことを指すそうですね。会ったこともない一般人のブログなんて何が面白いのと言われても、芸能人のブログなんて何が面白いのとしか返答できません。

そんな僕でも唯一チェックしている芸能人ブログがあります。「岸部四郎の四郎マンション」というブログなんですが、読むと心がすっと落ち着きます。8月にあったサイン会、実家に帰っていて参加できなかったことだけが悔やまれます。

 

■映像作家の野田凪さん、34歳という若さで亡くなられたそうですね。突然の訃報に衝撃を受けました。野田さんと言えば、「HANPANDA」の生みの親と言うことで何度かこのサイトでも取り上げたことがありました。

HANPANDA以外で好きな作品と言えば、HALCALIの「音樂ノススメ」のジャケット。会田誠さんの「あぜ道」そのまんまじゃないかと物議を醸した一作ですが、あえてそういう表現を選んだことも、”らしさ”に感じてしまう凄みがありました。

もう新しい作品が生み出されることはないんだと思うと、ただただ残念です。

谷川俊太郎作、ガチャピン・ムックの絵本

「ポンキッキ」のキャラクターとしておなじみのガチャピンとムックを主人公にした絵本シリーズが来月から発売されるそうです。「ガチャピンとムックのものがたり」と題された全3部作で、1作目のタイトルは「ふたごのせんちょうとふしぎなたまご」。扶桑社より10/24発売予定となっています。

で、注目なのが絵本の文章を谷川俊太郎さんが手掛けているんですね。そんな大御所の作家さんが、ありもののキャラクターを使って物語を作るってすごいですよね。谷川さんのキャラクターに関する仕事と言うと、「ピーナッツ(スヌーピー)」の翻訳などが思い浮かびますが、今回のような作品は珍しいんじゃないでしょうかね。

そして、最近はブログ本の出版などでも活躍中のガチャピン・ムックですが、ストーリー性のある絵本の出版となるとこちらも非常に珍しいのでは、と思います(ちゃんと調べたわけではないので、あるのかもしれませんが)。

でもなんでこんな強力コラボが実現したんだろうと思って検索してみたら、「ほぼ日刊イトイ新聞」内の「谷川俊太郎質問箱」と言うコーナーの中で、ガチャピン・ムックが質問を寄せていて、そのビデオメッセージの中で半ば強引に「ぼくたちの絵本を作ってくださーい」とお願いしているじゃないですか。もしかしてこれがきっかけなんでしょうか。そうだとすると、ガチャピンの営業力ってただものじゃないかも…と思ってしまいました。

谷川俊太郎さん作 ガチャピン・ムックの絵本 もうすぐ発売!(フジテレビKIDSクラブ 2008.9.17)…絵を担当されているのは大野彰子さんという方。表紙が公開されていますが雰囲気のある絵です。
ぼくとムックの絵本(ガチャピン日記 2008.9.12)…ガチャピン日記内での報告(なんと、ガチャピン・ムックが阿佐ヶ谷でお買い物)。絵本にはガチャピンが卵から生まれるシーンがあるとか…。

2008.12.13追記:発売されましたので書籍の表紙画像とamazonへのリンクを追加します。
ガチャピンとムックのものがたり
[本]ガチャピンとムックのものがたり ふたごのせんちょうとふしぎなたまご(amazon)

ガチャピンのチャレンジをまとめたDVDが登場(2003.10.25)

年末の任天堂

■任天堂が10/2に業者向けの発表会を開催するらしいですね。昨年の同じ時期に開催された「任天堂カンファレンス 2007.秋」と題された発表会では、「Wii Ware」やカプコンの「モンスターハンター3」の発表など、そこそこ派手だったんですが、今回は何かあるんでしょうかね。

とりあえず、年末までに発売がほぼ決まってる大型ソフトとしては10/16発売の「Wii Music」と年末発売予定の「街へいこうよ どうぶつの森」がありますが、他にも電撃発表みたいなのってあるんでしょうか。サードパーティのソフトでは、ずっと音沙汰のない「モンハン3」と、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト9」の2本がいつ発売になるのかも気になるところです。特にドラクエはリメイクの「6」もありますし。半年くらい前には、年末に「9」が出て、「6」は来年夏頃という線もある? なんて予想してましたが、今はどっちも年末には出ないっぽい雰囲気ですね。

新DSの噂もあるけど、どうなんでしょうね。なんとなく、今年はまだ出ない気はするんですけどね。なんだかんだ言いながら出たら買うんでしょうけど(笑)。

あと「Wii Music」ってホントに面白いんでしょうかね。そして売れるのかなぁ。「Wii Fit」は”面白いのか何なのかよく分からないけどバカ売れ”というポジションのソフトでしたが、どうなることやら。

振り返ってみたら、今年は任天堂発売のソフトを1本も買っていないと言うことに気がつきました。最近の任天堂って、DSとかWiiとか、ハード的な斬新さはすごいんですが、ソフトは意外と平凡というか、”斬新さ”の部分をハードに頼ったゲームが多いので、純粋にソフトとして斬新と思えるものが少ないんですよね。ハードだけじゃなくてソフトでも驚かせてほしいなぁって思います。

懐かしの貯金通帳

実家に帰っていたときに、いろいろ荷物の整理をしたんですが、その時にずっと行方不明になっていた郵便局の通帳を発見したのでした。

ユウちゃん貯金通帳
これがその通帳の写真なんですが、子供の時に作った通帳なのでイラスト入りなんですね。リスの男の子と女の子が描かれています。

郵便局には「ユウちゃん・アイちゃん」というキャラクターがいましたが、上のイラストとは見た目が全然違います。Wikipediaのユウちゃんの項によると、馴染みのあるユウちゃんは1990年にモデルチェンジされた2代目とのことなので、それ以前に発行されているこの通帳のキャラは初代ユウちゃんということなんでしょう。

ただ、Wikipediaに掲載されている初代ユウちゃんの画像とも全然違うんですね。これはおそらく、初代ユウちゃんは1962年~1990年と活躍期間が長かったため、その間に何度かマイナーチェンジをしていたのではと推測されます。

だけどもう1点気になるのはその横に描かれている女の子ですよ。再びWikipediaソースであれですが、ユウちゃんの妹のアイちゃんが設定されたのは2代目になってからなんですよね。ということは、この子に関してはアイちゃんではなく、ただのリスの女の子なのかもしれません。

ちなみに長らく活躍してきたユウちゃん・アイちゃんですが、昨年の郵政民営化のどさくさに紛れて降板させられちゃったのでした。新しいマスコットも存在しないので、今は子供用の通帳も存在しないのではと思われます。

合理化もいいけど、これまでPRに貢献してきたキャラクターをなくすことはないのに…と思うのは僕だけでしょうか。大人の都合で消えていったユウちゃん、アイちゃんのことを思うと少し胸が痛みます。小泉さんの言っていた、「痛みをともなう構造改革」の痛みって、こういうことだったんですね…(←たぶん違う)。

 < 1 2 3 4 5 6
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

451524 今日:26 昨日:329 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP