TOPICSGAME

この前昨年のまとめコラムを書きましたが、その際にざっくり自分のブログの過去ログを見返したんですけど、それで思ったのが「ゲームに関する話題が多いな~」ってことでして。ゲーム好きですよね。自分ではそんなにやってる意識はないんですけどね。

とか言いながら、今はまってるゲームがあるので紹介するんですが、こちらです。

電波人間のRPG
[3DS]電波人間のRPG
ジニアス・ソノリティ 2012.2.8発売 800円

ニンテンドー3DSのダウンロードソフトで、一応クリアもしたんですが面白かったです。800円という価格なので、ものすごくコンパクトに作られているんですが、その中に僕がRPGに求める要素のすべてが見事に詰まっていて感動しました。「そうそう、こういうのやりたかったんだよ!」って。
ディレクターの方(山名学さん)が昔ドラクエ作ってた人というのもあって、第一印象としてはドラクエに似ているなぁと思ったんですが、ずっと続けているとドラクエというよりウィザードリィに近い感覚を覚えました。シンプルな分、かなりストイックな作りになっていて、見た目に反して後半に行くに従いけっこう容赦ないバランスになってるんですね。

このゲームには電波人間と呼ばれるキャラクターを捕まえるモードがあって、そこで仲間にしたキャラでパーティを編成して冒険するという流れになっているんですが、この電波人間にはちょっと変わったギミックがあって、現実世界に飛んでいる電波を元にキャラクターを作っているんですね(どうも無線LANのMACアドレスから固有のキャラクターを生成しているらしい)。なので家の中を飛んでいる電波人間を全部捕まえ終わり、更にもっといろんなタイプの仲間が欲しいと思ったら外の電波が多そうなところへ出かけていって、何も見えない空中に3DSをかざして捕まえるという、端から見るとちょっと危険な作業が必要になったりもします(笑)。

電波人間捕獲中の画面
▲ちなみに捕獲モードでは3DS内蔵のカメラを使用していて、現実の風景に電波人間が飛んでいるかのような演出がされています。

このシステムが面白いと思ったのは、パーティが全滅したときのペナルティなんですよね。全滅するとせっかく捕まえた電波人間たちが元いた場所に帰っちゃうので、また同じ電波人間を仲間にしたいと思ったら、再び捕まえ場所まで行って再捕獲しないといけないんです。お布施を払って復活させることもできるけど、やたらと高額だったりして。

だったら新しい電波人間を捕まえればいいっていう話なんですが、やっぱり前のキャラを連れ戻したくなってしまうんですよね。
これがもし出会うキャラが全くのランダムで決まっているのなら、捨て駒的な感じで割り切れたんだと思いますが、以前捕まえた場所に行ったら同じキャラが居るかもしれないって言われたら、じゃあまた仲間にしないとってなるんですよね。
この辺が絶妙だなぁって。単に奇をてらっただけのシステムっぽく見えるのに、キャラクターに愛着を持たせられる仕組みになっていたり、しっかりゲーム性にも結びつけられているところが、すごいなと思ったのでした。

続編の話があるならぜひ今度はパッケージソフトのボリュームで遊んでみたいと思いました。はい。

電波人間のしょう
▲主人公の電波人間だけはランダムで決まるみたいなんですが、僕のは「しょう」というキャラクターでした。特別強くはないけどちっこくてかわいいです。

電波人間のRPG(公式サイト)…上2枚の画像は素材集からお借りしました。
ジニアス・ソノリティ…ポケモンの外伝作品などの開発でおなじみ。パブリッシャーとしては今作が初めての作品となります。ちなみに一部の有名ゲームブロガーには直接メーカーから紹介記事の執筆依頼が来たそうですが、当サイトは自主的に紹介しただけです。さすがにね。

TOPICSCM

大阪市交通局のICカード「OSAKA PiTaPa」のキャラクター、「ぴたポン!」が登場するテレビCMが放送されているそうで、ネット上でもロングバージョンが公開されています。

ぴたポン!テレビCM放映中!(OSAKA PiTaPa)

「ぴたポン!のうた」という軽快な歌にあわせて、ぴたポン!がいろんなお店でカードを使う様子が描かれています。
ぴたポン!はアランジアロンゾが手掛けたキャラクターですが、このCMはぬいぐるみアニメーションになっていて、らしさが活かされているところもいいな~って思いましたです。あと大阪弁がすっごくかわいいです。やっぱりアランジアロンゾのキャラには大阪弁がはまりますね。

どのくらいの頻度で放送されているんでしょうか。テレビで見られない地域に住む1人として、ちょっとうらやましいなぁと思うのでした。

OSAKA PiTaPa(公式サイト)…ぴたポン!グッズが当たるアンケートも実施中です。
アランジアロンゾ(公式サイト)

[本]カッパでもどうにかやっている/アランジアロンゾ(2007.4.2)

TOPICSTV,MUSIC

2007年にNHK「みんなのうた」で放送され、人気を博した「おしりかじり虫」が新曲をひっさげ5年ぶりに帰ってくることが発表されました。

新曲のタイトルは「おしりの山はエベレスト」。前作と同じく、うるまでるびが作詞、作曲、アニメーション、歌を手掛けます。今度のおしりかじり虫はよりおいしいおしりを求めて日本を飛び出しエベレストへの登頂を目指すことになるというストーリーになっているそうです。曲調もダンサブルで早口なヨーデル調とのことで、前作とはがらっと変わった印象になりそうです。

オンエアは4月・5月ということで、実際に曲を聴けるのはもう少し先になりそうですが、楽しみです。

帰ってきたおしりかじり虫、5年ぶりの新曲でエベレスト登頂(ナタリー 2012.2.1)
[CD+DVD]おしりの山はエベレスト/おしりかじり虫(amazon)…DVD付きのCDも4/25に発売予定です。

うるまでるびデラックス(公式サイト)…昨年は絵本「白オバケ黒オバケのみつけて絵本」シリーズを2冊発売し好評の様子。コトと共同開発したiPadアプリ版もリリースされています。
[本]ドドボンゴのさがしもの/うるまでるび+いとうとしこ(amazon)…他にドドボンゴも絵本化されています。1/24、学研教育出版より。

うるまでるびの展覧会「ア・ラ・モード」を見に行った(2008.3.4)

TOPICSレポート

1/18~1/23まで松屋銀座にて「キヨノサチコ絵本原画の世界 ノンタン展」が開催中です。ノンタンと言えば小さい頃すごく好きだった絵本ですよ。ということで見に行ってきました。

ノンタン展
▲会場入口では立体ノンタンがお出迎え。

展示物のメインとなる絵本の原画だけでもかなりの点数があり、見ごたえ十分でした。中でも注目はノンタン誕生の前に描かれた「あかんべぎつね」の原画。全編初公開だそうです。
この作品を持ち込みしたところ、出版社の人に主人公はきつねよりももっと身近な動物の方がいいと言われ、描き直して生まれたのがノンタンだったそうです。「あかんべぎつね」と「あかんべノンタン」、見比べてみると絵の感じもおはなしの内容もほとんど同じなのに、受ける印象はかなり違うんですよね。これがノンタンのキャラクター性(見た目や、名前の響きの可愛らしさ…など)の差なんでしょうか。不思議です。

キヨノさんの創作ノートなども展示されているんですが、その中に混じって漫画雑誌の「少女コミック」も展示されていました。1960年代の号で「ララとドラ」という漫画が掲載されているページなんですが、作者を確認するとキヨノさんのお名前が。絵本作家になる前は漫画家としても活動されていたんですね。知りませんでした。
(ちなみに、前夫のおおともやすおみさんも1950年代の貸本漫画時代にオオトモヨシヤスという名義で漫画作品を多数発表されていたそうなので、実は漫画家夫婦だったようです)

場内では、2000年代に入って制作された3DCGアニメーション「げんき げんき ノンタン」も上映されていましたが、僕の中でのノンタンのアニメといえばやっぱり「ウゴウゴルーガ」の中で放送されていた「ノンタンといっしょ」の方ですよ。当時毎日見てましたもんね。
このアニメ、デビューしたばかりだったタレントの千秋がノンタンの声を担当しているんですが、びっくりするくらいイメージにぴったりなんですよね。その後知ることになる千秋の性格もわがままで自分勝手そうなところがノンタンそっくりで2度びっくりでしたし(←あくまでテレビ越しのイメージですよ)。
新しい方は別の声優さんが担当されていますが、やっぱり千秋のノンタンをもう一度見たいなと思ってしまいました。

会場を出たところのノンタングッズ売り場には、ぬいぐるみや文房具、子供向けの生活用品などたくさんのグッズが並べられていて驚きでした。こんなに点数あるんだと。デビューから35年たってもこんなに人気ってすごいです。
残念ながらキヨノさんは数年前にお亡くなりになりましたが、ノンタンはこれからもずっとずっと愛される作品として残り続けていくんだろうなと思いましたです。

TOPICS雑誌

主婦と生活社が発行している”親子で楽しむ絵本雑誌”の「ね~ね~」ですが、昨日発売の最新号で創刊100号を迎えました。

ね~ね~100号
[雑誌]ね~ね~ 2012年2・3月号(amazon)

主婦と生活社 2012.1.14発売 780円

記念特大号ということで、「ね~ね~」に連載を持っているキャラクターからのお祝い4コマが掲載されていたり、過去に連載されていたキャラクターのページがあったりと、盛りだくさんの内容になっています。ちなみに付録はリラックマのペンポーチです。

100号分の表紙も掲載されていますが、どの表紙も「ね~ね~」だなぁっていう、変わらないものを感じます。初期の頃のコニーちゃんの印象も強いけど、実際に僕が中を見るようになったのは、ちょうどコニーちゃんが表紙に出なくなった1999年頃だったと思います。アランジアロンゾ全盛期ですね(今号にも4ページ載ってます!)。その後、若干サンエックス色が濃くなって今に至るという感じでしょうか。その中でも今回の表紙にもなっているリラックマは雑誌の顔的な存在になっていますね。とりあえずリラックマ人気が続いている間は「ね~ね~」も安泰、という感じなのかもしれません。

ところで「ね~ね~」って付録が付いている関係もあってか、バックナンバーを入手する機会が少ない上、連載作品が単行本化されることもあまりないので、後で作品を見直したいと思っても、なかなか難しかったりするんですよね。もっと単行本化されるといいのになあって思います。
こういったいろんなキャラクターのおはなしが読める雑誌は貴重ですので、今後も200号、300号と末永く続いていってほしいです。

ね~ね~(出版社の紹介ページ)…目次があります。
ね~ね~パーク(公式サイト)
「ねーねーキャラプレゼント100!」キャンペーン…100号を記念してTwitterを使ったキャンペーンが開催中です。

[雑誌]ね~ね~2005年10・11月号「秋のリラックマまつり」(2005.9.15)

TOPICSキャラ絵本

昨年デビューしたサンエックスの人気キャラ、「センチメンタルサーカス」の絵本が発売されています。

センチメンタルサーカス
[本]センチメンタルサーカス/市川晴子(amazon)

主婦と生活社 2011.12.2発売 980円
ISBN:978-4-391-14111-5

センチメンタルサーカスは、みんなから忘れ去られたぬいぐるみやおもちゃたちが、夜な夜な集まってヒミツのサーカスを開いているという、ちょっと独特の世界観が特徴のキャラクターです。
絵本ではこれまで詳しく語られることのなかったサーカスの様子を垣間見ることができるんですが、丁寧に描き込まれたイラストが、かわいく楽しく、ほの暗い世界を見事に描ききっていて、ファンならたまらん一冊に仕上がっていました。
また、文章が独特の節をつけた感じになっていて、これがまたほんのり狂気を感じさせてくれるようなスパイスになっているんですね。

見どころは後半に描かれている団長、シャッポについてのところ。終始無表情のキャラクターが見せるわずかな心の揺れに、胸がきゅんとさせられてしまいました。

[本]センチメンタルサーカス(出版社の特設サイト)
センチメンタルサーカス(サンエックス公式サイト)