HOME > タグ > 絵本

[本]みんなであそぶひ/天明幸子

イラストレーターの天明幸子さんが手掛けた絵本が発売されたので紹介です。

みんなであそぶひ
[本]みんなであそぶひ/天明幸子(amazon)

教育画劇 2010.5発売 998円
ISBN:978-4774611617

いろんな動物のおともだちが、みんなで遊ぶために集合するんですが、みんなそれぞれに好きな遊びがあって、遊びながら向かうんですね。その光景がなんだかシュールで、小っちゃい子に読み聞かせたらどんな反応が返ってくるんだろうかと想像すると楽しくなるような作品に仕上がっています。

・おまけ
この絵本が発売された頃、うちにこのような印刷物が郵送されてきたんですよね。

「みんなであそぶひ」のポストカードなど

なんでだ!? と思ったら、以前天明さんの個展に行ったときに芳名帳に名前を書いておいたからだと気づきました。単なる告知はがきではなくこういうものだとうれしさも倍増ですね。すごいなーと思いましたです。

GOLDEN SOLIDS(天明幸子公式サイト)

[本]しやわせかもしれない/天明幸子(2004.2.13)

[本]おしりとり/本秀康

本秀康さんの絵本が再び登場しました。前作「ヘンなあさ」はイラストのみでしたが、今回は作・絵ともに本さんが手掛けています。

おしりとり
[本]おしりとり/本秀康(amazon)

長崎出版 2010.7.17発売 924円
ISBN:987-4-86095-404-8

「おしりとり」という名前のおしりがチャーミングな鳥が出てくる幼児向けの絵本で、しりとりのように言葉のおしりを取った言葉が次のページに登場するという形式になっています。シルエットクイズ的な遊びにもなっていて、テンポよく進んでいきます。

表紙を見てもお分かりのとおり、今回の絵本では本さんが得意とする厚塗りのイラストも登場するのも特徴です。本さんのTwitterを見てると、今回は子供にターゲットを絞ったとのつぶやきがありましたが、ということは今後も絵本を手掛けいくんでしょうかね。せっかくなのでいろんなタイプの絵本を期待したいです。もちろん絵本だけじゃなくて漫画も描いてほしいけど。ちょっと贅沢な希望かな?

おしりとり(出版社の紹介ページ)
おもしろ帝国(本秀康公認ファンサイト)

[本]ヘンなあさ/笹公人・作、本秀康・絵(2008.9.28)

[本]サンダーバニーとシャイプープー/ロドニー・アラン・グリーンブラット

先月、サンダーバニーの1年振りとなる絵本が発売されましたので紹介です。

サンダーバニーとシャイプープー
[本]サンダーバニーとシャイプープー/ロドニー・アラン・グリーンブラット(amazon)

インターリンクプランニング 2010.4.28発売 945円
ISBN:978-4-901285-15-5

今回で5作目になるのかな? 翻訳はこれまで同様PUFFYの大貫亜美さんが担当されていますが、前作は文章のない絵本だったので久しぶりのタッグとなっています。

表紙に描かれたちょっと困った表情の紫色の犬がシャイプープーです。なかなか誰とも一緒に遊ぶことができなくて、1人で縮こまっていたところにサンダーバニーが颯爽と登場し手を差し伸べるという、ほんわかストーリーとなっています。

絵本の発売にあわせてなのか、最近またサンダーバニーのグッズをよく見かけるようになった気がしていて、ロドニー好きとしては嬉しい限りです。

ちなみにロドニーは再びサンダーバニーの新しい絵本を描いているらしいので、来年あたりにまた新作が読めるかもしれません。ちょうど2年前の5月に都内で来日展が開催されましたが、また展覧会も開いてほしいです。
 

RodneyFun.com(公式サイト)
サンダーバニー(PLAZAの紹介ページ)…今回の絵本についてのインタビューやスクリーンセーバーが配布されています。

せっかくなので過去の作品も紹介(リンクはAmazon)。書籍は1作目のみソニー・マガジンズ、それ以外はインターリンクプランニング。DVDはソニー・クリエイティブプロダクツから出ています。
[本]サンダーバニー…1作目は1997年発売。
[本]サンダーバニーとワンダーミュー
[本]サンダーバニーとビビリトルのレインボーデー
[DVD]サンダーバニーふわふわストーリー ビビ・リトルのレインボーデー…監督に「ニャッキ!」の伊藤有壱さんを迎えたCGアニメーション作品です。
[本]サンダーバニー・ネイチャー

通信販売フェリシモにロドニーのブランド「Toylike」登場(2003.10.4)

[本]もぐらバス/佐藤雅彦+うちのますみ

佐藤雅彦さんと内野真澄さんによる絵本が発売されたので紹介です。

もぐらバス
[本]もぐらバス/佐藤雅彦+うちのますみ(amazon)

偕成社 2010.4発売 1050円
ISBN:978-4-03-331810-3

佐藤さんが原案、文と絵を内野さんが手掛けています。佐藤さんが関係する絵本というとNHKの「ピタゴラスイッチ」から生まれたピタゴラブックというシリーズがありますが、こういうちゃんとした創作絵本の形態なのははじめてでしたっけ。ちょっと珍しいですね。

内容はというと、もぐらが運転手を務めるもぐらバスが、地下にある町を走っていて、そこでちょっとしたことがありつつ…という、ほんわかムードのおはなしです。見せ方としていいなー、と思ったのが冒頭のシーン。地上にある、普通に人間が暮らす町の風景が描かれていて、そこで暮らしている犬だけが地下を走るもぐらバスの音に気がついていているんですね。これがあることで、本当に地下にそういう町があるのかも? っていうワクワク感が増幅されるんだなぁ、と思いました。

あとついでに、今月発売されたピタゴラスイッチ関係の書籍を2冊紹介です。
ピタゴラスイッチ こたつたこDVDブック
[本]ピタゴラスイッチ こたつたこDVDブック/ピタゴラスイッチこたつたこ制作委員会(amazon)

小学館 2010.4.7発売 1050円
ISBN:978-4097264149

フレーミーのあかいえさいれ
[本]フレーミーのあかいえさいれ/ユーフラテス+うちのますみ(amazon)

ポプラ社 2010.4発売 1260円
ISBN:978-4-591-11787-3

最初の「ピタゴラスイッチ こたつたこDVDブック」は番組で放送されている回文の歌をDVD付き書籍化したもの。上記Amazonのサイトで動画をちょっとだけ視聴することができます。
もう1つの「フレーミーのあかいえさいれ」はポプラ社のピタゴラブック第5弾。フレーミーの絵本としては約2年ぶり4作目で、判型が変わりました。

[本]もぐらバス(出版社の紹介ページ)
[本]ピタゴラスイッチ こたつたこDVDブック(出版社の紹介ページ)
[本]フレーミーのあかいえさいれ(出版社の紹介ページ)…少しだけ中身が掲載されています。
TOPICS(佐藤雅彦公式サイト)
ピタゴラスイッチ(NHK)…みんなで作る『こたつたこ』が募集されています。

[本] コんガらガっち あっちこっち すすめ!の本/ユーフラテス(2009.11.30)

 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

452284 今日:194 昨日:298 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP