HOME > タグ > レポート

第12回文化庁メディア芸術祭に行ってきた(その1)

今年もメディア芸術祭の季節がやってきました。毎年、見てきた作品について、芸術とは無縁の僕が好き勝手な感想(という名の駄文)を書き連ねていますので、今年もやってみましょう。ちなみにイベント自体は今日(2/15)までの開催となっています。

「アート部門」「エンターテインメント部門」「アニメーション部門」「マンガ部門」の4部門の作品があるんですが、どれからいこうかな。アート部門からにしようかな。でもこの部門の作品は全体的にちらっとしか見ていないんですよね。見た中では優秀賞に選ばれている「OUTSIDE」という作品が面白かったかな。一見普通の写真のようなのに、よく見ると背筋がむずがゆくなるような違和感を感じるという。↑のリンク先によると、イスラエルの人の作品なんですね。あー、イスラエルって兵役があるんですね。はじめて知りました。
大賞になっている「Oups!」という作品はちらっと横から見ただけなんですが、インタラクティブな楽しさのある作品だったようですね。アート部門の大賞って小難しそうな作品が選ばれているような印象があったので意外でした。

「エンターテインメント部門」はシンポジウムにも行って、大賞受賞作品の「TENORI-ON」と優秀賞の「FONTPARK 2.0」のおもしろい話をいろいろ聞きてきました(これについてはまた後で書きます)。
あと、この部門ではシアターで映像作品も見たんですが、13作品でトータル1時間の上映だったにも関わらず、このうちの1作品だけが異様に長くて40分近くもあるんですね。その作品と言うのが推薦作品で辻川幸一郎さんが監督した短編ムービー「きまぐれロボット」。元々は携帯電話向けに配信されている浅野忠信主演、星新一原作の作品なんですが、これはかなり面白かった! 一見普通のドラマっぽくも見えるけど、画面の中におかしな風貌のロボットがいるために不思議なテンションの映像に仕上がっています。ロボットの口から紙が出力される様が間抜けで好きです。
他の作品ではJemapurの「Mardict car」という曲のミュージックビデオ(これも推薦作品)。こういう加工自体は特に目新しくはないんでしょうけど、映像のチョイスも面白いし、曲とあっててずっと見ていたくなる感じがしました。
CM作品もいろいろありましたがどれも面白いですね。1つ挙げるとすればやっぱり「リゲイン的出社風景」篇かなぁ。ばかばかしくてよいです。
そしてこれも推薦作品になっていたけど、「ストリートファイターIV」のトレーラームービー(こちらのサイトの「Special Promotion Trailer 1(リュウ vs ケン)」とほぼ同じもの)。この映像がはじめて公開されたときにはネット上でも話題になった記憶があるんですが、発売前のゲームにこんな格好良すぎるトレーラーを用意されたらほとんど反則ですよね。高揚感がすごいです。

映像作品以外では、優秀賞の「君の身体を変換してみよ展」。展覧会の展示内容の受賞だったんですが、さすがにその展示を再現することはできないので、会場では映像が上映されているだけでした。でも映像を見ているだけで楽しいです。手が伸びるやつとか、実際にやってみたかったなー。

あとは部門内の「ゲーム・遊具・キャラクター・その他」の推薦作品になっていた「ペンギン爆弾」というおもちゃがすごく面白かったです。見た目はペンギンのペーパークラフトなんだけど、手で上から押さえつけるとペチャンコに潰れるようになってるんですね。この時点で既になんだかすごい気がするのに、その状態で少し高い場所から地面に落とすと、着地した瞬間にぴょん!っと元のペンギンの形に元通りになるんですね(映像はこちら)。テレビとかでも紹介されてけっこう有名らしいんですが全然知りませんでした。詳しくはこちら→紙のからくり「カミカラ」

次に「マンガ部門」ですが、今回はほぼスルーしてしまいました。諸星大二郎さんの「栞と紙魚子」という作品が優秀賞に選ばれていて、原画が飾られていたのを見たくらい。あ、あとマンガ閲覧コーナーで前から読んでみたかった「聖☆おにいさん」をちょっとだけ読みました。なんか、一発ネタみたいな設定で何話も描いてすごい作品ですね。

最後に「アニメーション部門」。長編作品で唯一優秀賞を受賞している「カイバ」だけは既に見ているので、残りの受賞作を見るべく短編作品の上映を見ました。以下感想です。
大賞の「つみきのいえ」。この作品はアヌシー国際アニメーション映画祭のグランプリ獲得作品でもあるから、さぞかしすごい作品なんだろうと思って期待して見たんですが、なんというか、意外と普通というか、いやさすがに普通ってことはないか。でも大賞とかグランプリなんていう仰々しくて権威的なフレーズよりも「知られざる佳作」みたいな言葉が似合いそうな、ひっそり感のある作品でした。それがこの作品のいいところなんでしょうね。たぶん。でも、もしかしたらよく分かっていないのかも。

個人的には優秀賞の「KUDAN」「こどもの形而上学」の方が好きなタイプの作品でした。「KUDAN」は日常と異次元空間の描き方が面白いし、登場するキャラクターのデザインもそれぞれにくせがあって楽しかったです。ただ、この作品も大賞っていう感じではないですね。それに3DCG作品というハンデもありますし(今まで3DCG作品が大賞受賞した例ってないんですよね)。
「こどもの形而上学」は山村浩二さんの作品。山村さんらしい発想力が光ります。子供に見せて反応を眺めると面白そう。
もうひとつの優秀賞である「DREAMS」という作品はかわいいし、楽しげではあるんだけど、それ以上には特に何も思いませんでした。もうちょっとストーリーのようなものがあってもよかったような。
奨励賞の「ALGOL」は「KUDAN」と並んでけっこう好きな世界観です。博士のいたずらっていう設定や、四角くてシンプルなキャラクターもかわいいです。
ちなみに「カイバ」は僕の好きな湯浅政明さんの作品なんですが、この作品も大賞っていう感じではない気がします。実験的ではあるんですけどね。

あとは推薦作品についてですが、この中で面白いと思ったのは「DEVOUR DINNER」、「swimming」、「オーケストラ」、「ギンガムチェックの小鳥」、「コルネリス」、「パンク直し」あたりの作品。中でも「オーケストラ」は無駄のない線で躍動感あふれる動きが展開され、見ていて気持ちよかったです。完成度も高いし、優秀賞でもよかったんじゃと思いました。
キャラクターで見るなら「DEVOUR DINNER」に1票。生き物が食べ合うことだけをテーマにした作品で、細胞をモチーフにしたような気色悪いキャラが続々と登場するのがよいです。

というわけで、駆け足で感想(と言う名の駄文)を書いてみました。でも実際にはちらっと掻い摘んだくらいでは本当のことなんてわからないんですよね。だんだんとすごく不毛な感じがしてきたが、そのへんはなるべく気にしないようにして次回「エンターテインメント部門シンポジウム編」へ続きます。

第11回文化庁メディア芸術祭に行ってきた(その1)(2008.2.10)…これは去年の感想です。→その2はこっち

のんきに

社長が訊く『ニンテンドーDSi』うごくメモ帳編
任天堂とはてながコラボレーションとはびっくり。岩田社長もはてなブックマークをチェックしているんですね。それにもびっくりです。
 

■先日、吉祥寺のにじ画廊天明幸子さんの個展「easygoing」を見に行ってきました。

にじ画廊
▲にじ画廊の外観です。

全部で何点くらいだったかな。15~20点くらいの作品が展示されていましたが、どれも楽しいイラストばかりでいいなーって思いました。イラストにはタイトルが付けられているんですが、あえて先に絵を見て、タイトルを確認したあと改めて絵を見ると、また発見があるという2度楽しい感じがよかったです。絵自体もかわいいけど、描かれている状況がまたかわいいんですね。
 

■その後、トムズボックスにも行って、「長新太展 マンガ童話」を見ました。店内に入ると、壁一面にびっしりと額入りの4コマ原画が飾られていてまず圧倒、そして読んでみて再び圧倒でした。めくるめく不条理ワールド。この作品は「週刊金曜日」に連載されていた作品だそうで、そのため環境問題などの時事ネタをベースにしたものもあるんですが、そんなの関係ないくらい吹っ飛んだ内容でした。
一応、基本パターンみたいなものがあって、だいたいは町に得体の知れない何かがやってきて、いろいろあって帰って行くみたいな感じになっているんですが、発想が飛びすぎてそんなパターンが意味なくなっているのもすごいです。
見た中でいちばんお気に入り作品は、町に巨大トンカツがやってきて、店でトンカツを注文して、食べ終わって店から出てきたら巨大トンカツの体にコブのようなものができていて、それを見た町の人が指さして「食べた分だけ増えてる!」みたいに指摘するやつ。意味不明すぎて笑いをこらえるのに必死でした。
 

■あとJR吉祥寺駅の中にあるベッカーズに行ってきました。ベッカーズはJR東日本フードビジネスという会社が運営しているチェーン店で、首都圏にある一部の駅(もしくはその周辺)に店舗を構えています。全国的な知名度はないでしょうし、首都圏でもあまりメジャーではない存在かと思われます。

ザ・ベッカーズバーガープレート
▲頼んだのは、ザ・ベッカーズバーガープレートというセットメニュー(840円)。ザ・ベッカーズバーガーにスパイシーポテト、コールスローサラダ(ここまでで804.8kcal)、ドリンク(R)というセットです。写真のドリンクはレモンスカッシュ(85.7kcal)です。

ザ・ベッカーズバーガー
▲ハンバーガーを横から。

写真を見てのとおり、バーガーとポテトがお皿に乗っていたり、お手ふきがついてきたりして、ファーストフードっぽくない上品さがあります。セットにサラダが付いてくるのもポイント高いですね。スパイシーポテトはすごくおいしかったー。ポテトなんて塩味でいいんじゃと思っていましたが、これは別格ですね。ちょっと感動でした。

そしてバーガーの方なんですが、見た目はかなりおいしそうなんですよね。見た目は…。でも食べると、パティはボリュームはそこそこあるけど、ぱさぱさしていて、値段の割にはう~ん…な印象でした。これだったらモスのサウザン野菜バーガーの方がいいなー。あっちの方が値段も安いし。一部店舗限定で「粗挽きグリルバーガー」というメニューもあるそうなので、今度行ったらそれを頼んでみようと思います。

誰を紹介するんだろ

■今日の「笑っていとも!」のテレホンショッキングは鈴木おさむがゲストだそうです。いいともの構成作家やってるのに自分で出ますか(笑)。

 

■先週の金曜日、お笑い芸人・木村祐一の「写術」を見に行ってきました。見に行くのは3度目で、今回は2年ぶりの開催だったのでけっこう期待していたんですが、その中身は「あれっ?」っていうくらい山のない内容でした。元々、大爆笑っていうよりも、趣を楽しむ感じのイベントではあるのですが、最近はテレビもよく出てるし、あとまあプライベートとかも、色々忙しかったからなのかな…。

過去2回は恵比寿ガーデンホールというところでの開催だったんだけど、今回は東京国際ファーラムのホールCという場所でした。かなり大きいホールになったと思うんですが、ちゃんと席も埋まってて。でもキム兄的には「C」っていうのが気になったみたいで、冒頭に「”A”でやれるようにならんと」と言うようなことを喋っていました。

でもなぁ、木村祐一の芸風って世の中に全然受け入れられていないと思うし、なんとなく時代に逆行しているような気さえするんですよね。そんなところも含めて、一抹の不安を感じてしまうイベントだったのでした。と言っても吉本だし、名前もあるのでどうにでもなるんだとは思うけど。

 

■日曜日にはリブロ渋谷店にて開催された、本秀康さんのサイン会に行ってきました。本さんのサイン会に参加するのは2度目ですよ。前回参加時はパーテーションで区切られたところで2人っきりになってサインを貰うという、緊張するシチュエーションになっていたんですが、今回はまわりにスタッフの方とかもいる中だったので以前ほどの緊張度はありませんでしたが、それでもやっぱり緊張してしまいました。

前回同様、イラストを鉛筆で下書きの上、ペンで描くという丁寧方式のサインだったのですが、前回はマジックだったのに対して、今回はもっと細いミリペンでした。メーカーはコピックだったかな(違うかも)。ただそれよりも注目だったのがマリオの鉛筆と消しゴムを使っていたところです。本さんと言えばマリオファンとしても有名でしたが、今も好きなんだとちょっと嬉しくなりました。ちなみに鉛筆はマリオカート、消しゴムはマリオパーティ2のものでした。

あと今回のサイン会の参加条件は、店頭で「本本 本秀康イラストレーション集」(amazon)を購入した先着100名とのことだったんですが、どうも定員割れしていたようでした…。これはたぶん、対象書籍が安価な漫画本じゃなくて、2300円もする本だったということも影響しているのかもしれません。この本、内容はぎっしり詰まってるんだけど、ソフトカバーで版も小さめなので一見安いのかな? と思ってしまいがちなんですよね。でも渋谷だけでも山のように人が歩いてるんだから、100人くらいいてもいいのになぁって思いました。

それと、中野区在住というイメージが強かった本さんですが、なんとその横の高円寺に引っ越しされたそうなんですね。引っ越して作風にも変化が出てくるのか、これからも楽しみです。

UGLYCON TOKYOを見に行った

10/10~10/26の期間中、代官山のSTITCH TOKYOというお店で、デイビッド・ホーヴァスさんとキム・サンミンさんの展覧会「UGLYCON TOKYO」が開催されているというので見に行ってきました。

この展覧会はお二人が手掛けたUGLYDOLL(アグリードール)というぬいぐるみに関するイベントで、描き下ろしのイラストや、日本のクリエイターとのコラボ作品が公開されているほか、もちろんグッズも通常バージョン、限定バージョンなどいろいろ販売されていました(レアグッズは既に売り切れていたようですが)。

会場は店舗の一角にあるスペースなので、そんなに広くはないんですが、スペース全体がUGLYDOLL一色になっていてかわいいの一言。デイビッド・ホーヴァスさんのイラストは、ちゃんと日本向け作られているようで、絵の中にゴシック体のカタカナをなぞったような文字が描かれていたりして、ちょっとおもしろいなぁって思いました。

コラボ作品の中では、こういう場所にはお決まりのようにいるDEVILROBOTSや、この前のPOP BOXにも出展されていたTOUMAさんなどの作品が展示されていました。みんな自由度高いながらもUGLYDOLLのかわいさは感じさせる仕上がりになっているあたりはさすがです。

売られているUGLYDOLLを見ていると、1つくらい欲しいな~っていう気持ちになってきたんですが、財布の紐引き締め月間だったので今回は買わず。でもいつかはほしいアイテムの1つです。

入り口
▲入り口に飾られていたUGLYDOLLたち。

Uglydolls(公式サイト)…英語サイト。動きがかわいいです。
intheyellow…デイビッド・ホーヴァスさんなど、海外クリエイターの活動が紹介されています。今回のイベントのコラボ作品については画像入りで紹介されています(こちら)。

リトルボニーの絵本(2007.4.5)

 < 1 2 3 4 5 6 7 8
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

452795 今日:82 昨日:333 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP