HOME > カテゴリー > MEMO 

元号とともに

  • 2019年5月2日(木)0:32
  • [MEMO]

新しい元号になりました。

前回のエントリーが中途半端すぎたので、もう少し平成を振り返ってみたいんですが、平成と言えば…で思い出すのって、やっぱり平成初期の頃のことなんですよね。日本にとっていろんな苦難があった昭和が終わって、ついに平和な時代が到来するんだと、新鮮な気持ちになったことを覚えています。ただ、改元の翌年に勃発した湾岸戦争のせいで、その希望はとっとと打ち砕かれることになるんですけどね。

あと覚えているのが、元号って変わるといろいろ大変なので、今後は西暦に統一しましょうよ、みたいな言説が当時もあったんですよ。でも結局、日本人は和暦が好きみたいで和暦の強さは昭和の時とさほど変わらなかった印象です。西暦は西暦で1900年代から2000年へと桁が大きく繰り上がる時期で、ややこしいというのもあったんでしょうけどね。

でも不思議ですよね。普段、天皇制とかそんなに意識して生活しているわけじゃないと思うんですが、それでも和暦を使っちゃうんですもんね。天皇制自体についての考え方も、平成の時代の間で自分の中では大きく変わった気がします。これは間違いなく上皇陛下のおかげです。日本にとって天皇とはどのような存在なのかが少しずつ理解できたというか。新しく即位された天皇陛下にも、時代に寄り添った新しい天皇像を築いていっていただきたいと思います。令和、いい時代になるといいですね。

昨日は鶏の唐揚げを作って食べました。おいしかったです。

平成の思い出

  • 2019年4月30日(火)23:59
  • [MEMO]

今日は平成最後の日ということで、せっかくなので平成の思い出でも振り返ってみましょうか。

平成元年(1989年)…というと、僕の記憶ではサンリオの「けろけろけろっぴ」が流行っていた気がします。サンリオのサイトによるとけろっぴの誕生は昭和63年(1988年)なので、だいたいあってるのかな?

あとふと思い出したけど、「きんぎょ注意報!」っていう漫画が流行ってましたよね。Wikipediaによると漫画のスタートが平成元年、アニメ化が平成3年なので、ブレイクしたのは少し後になるのかな。ぎょぴちゃん。懐かしいです。

平成2年はスーパーファミコンが発売された年ということで、ヨッシーが登場した年になりますね。ヨッシーのおかげでマリオの世界観がぐっと広がった気がします。

この時期といえば、漫画「伝染るんです。」も流行っていました。漫画のスタートは平成元年からだけど、僕がちゃんと読みはじめたのは3巻からなので、平成4年の出来事だったようです。

ちょっと飛んで、平成7年。歌手の華原朋美さんがデビューした年です。僕は朋ちゃんって当時の様々なカルチャーに影響を与えたと思っているんですが、その1つにキティちゃんがあります。朋ちゃんは日頃からキティちゃん好きを公言していたけど、あれが若い女性の間でキティちゃんが「あり」になったターニングポイントになった印象があるんですよね。

そして平成10年頃にはサンエックスの「たれぱんだ」がブレイクします。今のサンエックスの礎を築いたといっても過言ではないのがまさにこのキャラクターですよね。

おっと、もうすぐ令和じゃないですか。最初の10年しか振り返ることができませんでした。続きがあったら令和で…。

ピンクの丸いキャラクター

  • 2019年3月31日(日)23:59
  • [MEMO]

星のカービィ

先日、新宿マルイアネックスに行ったらカービィのポップアップショップがあったので撮ってきました(もう少し早く行ってれば着ぐるみカービィもいたらしい)。

カービィ、独自の根強い人気がありますよね。任天堂は数年前からキャラクターの活用にも力を入れているので、今後ゲームとは違った場面での活躍も増えるのかもしれません。

カービィといえば、少し前にこんなものを購入しました。

星のカービィ スターアライズ オリジナルサウンドトラック

カービィの最新作、「星のカービィ スターアライズ」のオリジナルサウンドトラックです。買った理由を説明するとややこしいんですが、僕はこのゲームソフト自体は持っていないんですよ。でも、ゲームのサントラって後から欲しいなと思っても売ってなかったりするじゃないですか。しかもこのサントラは販路が限定されていて、いつ頃まで販売されているものなのかよく分からなかったのでとりあえず買っとくことにしたのでした。

中身はまだ聴いていません。せっかくならちゃんとゲームをやってから聴きたいので。でも積みゲー多すぎてしばらくは無理かな……。

ちなみに、サントラは公式サイトからたどれる直販ページか、一部のゲームショップ等で販売されています。気になる方は購入して、僕のかわりに聴いてみてくださいね。

"騒動"への接し方

  • 2019年2月28日(木)23:55
  • [MEMO]

このサイト、昔はけっこう下世話なネタや出所不明な噂話を取り上げたり、炎上ネタ的な話題に首を突っ込んだりしてたんですが、最近はそういうことをしなくなったと思いませんか(更新しなさすぎることは置いといて)。
これは別に自分の嗜好が変わったわけではなく、そういうネタも相変わらず好きなんですよ。

でも長くサイトをやっていくと、いろいろと思うことも多くなり、自然とそういうネタを取り上げることもなくなっていきました。

今考えたら、昔はいろんなことに無頓着でした。自分がその時思ったことをできるだけそのまま書くのが一番誠実な姿勢だと思っていたし、"読み手"のことなんて一切考えていませんでした。
仮にその文章を読んだ人が不快になったとしても、「そう思ったんだからしょーがないじゃん」くらいな感じで。自分のサイトなんだから自分の好き勝手に書いて何が悪いのと。そんなスタンスでした。

"自分のサイト"なんていうとプライベートな空間と錯覚してしまうんだけど、実際には広いネットの海と地続きのパブリックな空間なんですよね。ここは自分の庭だと言い張っても、道路から丸見えだったら何やってもいいとはならないのと同じです。

なにかの情報に触れて、条件反射的に反応してしまったとして、実はその情報が間違っていたらデマの拡散になりますし、更にその情報が意図的に歪められたものだったとしたら、知らないうちに片棒を担がされていたみたいなことになりかねません。

以前、このサイトでも間違ったことを書いてしまったことがあり、掲載してから数年後に当事者の方から指摘されたことがありました。その時はお詫びの上、該当の記述を削除をしましたが、他にもこのサイトの中には、地雷のように間違ったことが埋まっている可能性があります。

そう考えると、昔の文章をそのまま残しておくのなんて、リスクでしかないのかもしれません。いっそ全部消してしまったらすっきりするのかもしれません。ただ、それでも、1度は外に向けで公表した文章です。もしかしたら今じゃなくてもいつかどこかに僕の文章を求めている人が現れるかもしれませんし、なにより自分がいちばん愛着があるんですよね。どんなに駄文だったとしても、やっぱりネットに残しておきたいんです。

なので、もし間違っていたことが書かれていたら申し訳ないですが、その時は全力で謝りますので、今はこのわがままを許して欲しいです。

さて、実はここからが本題なんですが、最近、とあるキャラクターの騒動みたいな話がありました(何のことかわからない方は3つ前くらいのエントリーに掲載された写真をご覧ください)。

このサイトをずっと見てくれている人がいるならわかって頂けると思うんですが、僕がこの数年推してたキャラクターが絡んだお話しなんですよね。なので、もちろん思うことはあるんだけど、やっぱり書くことに対しては躊躇してしまいます。

情報が断片的だし、裁判とかそういう話らしいし、見守るしかないですよね。

そんなあやふやな状態なのを承知でもう少し今の気持ちを書くとすれば、やっぱり円満に収まってほしいというのがすべてです。

あとね、キャラクターって、1度この世に生まれてきた以上、そんな簡単になかったことにしていいわけないと思うんだよ。そんな軽い存在じゃないと思うんだ、キャラクターって。

 < 1 2 3 4 5 6 7 ...138 139
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

452693 今日:313 昨日:290 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP