HOME > タグ > BOOK

[本]バファローベル公式フォトブック ベルがいっぱい

「かわいすぎる」となにかと話題のオリックス・バファローズマスコット、バファローベルのフォトブックが発売されることになりました。

バファローベル公式フォトブック ベルがいっぱい
[本]バファローベル公式フォトブック ベルがいっぱい/バファローベル(amazon)

PHP研究所 2011.10.28発売 1155円
ISBN:978-4-569-80104-9

バファローベルは兄のバファローブルとともに、2010年で引退したネッピーの跡を継ぐべく誕生した”牛型ロボット”のマスコットです。今年3月にお披露目されて以降、どんどん注目を集め、ネット上では萌えキャラ的な扱いを受けるような人気者になっていましたが、そうした状況に以前ドアラやつば九郎の本を出版したこともあるPHP研究所が目を付け、こういった企画が生まれたようです。

フォトブックと言うだけに中身はバファローベルのかわいいポーズを収めた写真が多数掲載されるようですが、それ以外にも生みの親のイラストレーター、幸池重季さんや球団職員のマスコット担当の方のコメントや、球団チアチーム「Bs Dreams」とのガールズトークコーナー、pixivで発表されたイラストなど、いろいろ収録されているようです。ちなみにバファローブルと(設定上の)生みの親の八カセもちゃんと登場するとのこと。バファローブルはベルにばかり注目が集まると拗ねちゃうのでよかったです。

そして、出版を記念してサイン会が2ヶ所で開催されることが決定しています。発売当日の10/28には京セラドーム大阪内の球団直営店「Bs Shop」にて、そして11/3には東京のアニメイト秋葉原店にて開催です。参加方法やイベント内容は若干異なりますのでリンク先を要確認です。ドアラのときもサイン会は大人気だったので、今話題のバファローベルとあらば多くの人が詰めかけそうです。

バファローベル公式フォトブック ベルがいっぱい(出版社の特設サイト)…壁紙が配布されています。
マスコット紹介(オリックス・バファローズ)

[本]ペンギンさん、うさこ、パンダちゃんの女子ゴコロ/坂崎千春

坂崎千春さんの初となる4コマ漫画単行本が発売されたので紹介です。

ペンギンさん、うさこ、パンダちゃんの女子ゴコロ
[本]ペンギンさん、うさこ、パンダちゃんの女子ゴコロ/坂崎千春(amazon)

オレンジページ 2011.10.1発売 1000円
ISBN:978-4-87303-779-0

この作品は「元気になる!きれいになる!からだの本」という女性向けの季刊ムックで連載されているものをまとめたものだそうで、その内容も100%”大人の女子”に向けられて描かれています。たぶん坂崎さんのファンの方ならどストライクなんじゃないかな。ちょっとずつ性格の違う3人の”女子”が登場するので、自分や身近な人を当てはめながら読むと面白いのかもしれません。
ただ僕には縁のない世界すぎて、読みながら頭に「?」が浮かぶこともしばしばでしたけど(笑)。

ペンギンさん、うさこ、パンダちゃんの女子ゴコロ(出版社の紹介ページ)…こちらのページで少しだけ立ち読みできます。
イラストレーター・坂崎千春さんのサイン会を開催します!(オレンジページnet)…発売記念にサイン会も開催。本日10/2に有隣堂川崎BE店、10/6に三省堂書店有楽町店にて開催です。
さかざきちはる(公式サイト)

[本]イラストのこと、キャラクターデザインのこと。/坂崎千春(2011.2.25)

[本]パンダとバンビ/宇山あゆみ

人形・マスコット作家の宇山あゆみさんによるフォトエッセイを紹介です。コレクターとしても知られる宇山さんの懐かしい思い出やコレクションに触れられる1冊となっています。

パンダとバンビ
[本]パンダとバンビ/宇山あゆみ(amazon)

新紀元社 2011.6.1発売 1680円
ISBN:978-4-7753-0637-6

本は3つの章で構成されていて、1つは宇山さんが集めたパンダやバンビグッズのコレクションが紹介されている章。2つめはこの本のメインとなるフォトエッセイの章で、子供の頃の懐かしい思い出話が綴られています。3つ目は「パンダ×バンビ会議」と題された対談のページで、お相手はメルヘン・アーティストのタケヤマ・ノリヤさんです(ちなみにタケヤマさんは1章のグッズコレクションの画像提供もされています)。

「パンダとバンビ」というタイトルは宇山さんが子供の頃の思い出を振り返ると、必ずそばにパンダやバンビがいたということで名付けられたそうですが、それも納得のグッズの数々にまずは圧巻されました。

続いて2章のフォトエッセイのページ。宇山さんとは世代もずれているし、エッセイを読む限り、都会のお金持ちの家の子っぽいので、田舎の貧乏っ子の僕とは共通点なんてまるでないのですが、それでもなぜか、その時代のその場にいたかのような追体験ができてしまうんですね。もちろん、誰もが子供の頃に通るエピソードというのもありますが、丁寧で実直に書かれた文章がそうさせてくれているように感じました。

そして最後の対談では、タケヤマ・ノリヤさんの作品と出会ったときの話や、創作に関する興味深い話を読むことができました。先人が積み上げてきた「かわいい」という表現を大切にしながら創作されているお2人なんだなぁと、思いましたです。

[本]パンダとバンビ(出版社の紹介ページ)
宇山あゆみ(公式サイト)
世界のメルヘン タケヤマ・ノリヤのサイト

[本]アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!

放送43年目となる今も大人気の国民的アニメ「サザエさん」の初となる公式本が登場しました。

アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!
[本]アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!(amazon)

扶桑社 2011.7.16発売 1365円
ISBN:978-4-594-06438-9

オールカラーで登場キャラクターの紹介や間取り図紹介、アニメ製作現場の裏側、サザエさんクイズなどが掲載されていて、ビジュアル的にも読み物的にも楽しめる内容に仕上がっています。

個人的に注目だったのはやっぱりキャラクター名鑑のコーナーです。定番キャラからレア度の高いキャラまでいろいろ紹介されています。詳しさではWikipediaの方が上ですが、やっぱりイラスト付きなのと公式っていうのがいいですね。本では親戚の一部に紹介はされているものの名前が掲載されていない人がいるんですが(マスオの兄サケオや、波平の妹なぎえなど)、一方でサザエさんが希にお手伝いに行くお金持ちの湯水さん宅で飼われている犬の名前(クラフトフラッシュ・ローヤルウェイ グッド ダルマシャン・モンタナ)はしっかり掲載されているのがちょっと面白いなぁと思いました。何か基準があるんでしょうか。
あと、いなくなった浜さんや三平さんはさすがに紹介されていないか…と思ったら別コーナーで掲載されていたのも嬉しかったです。またアニメにもちょこっとでいいので登場してほしいなぁ。

そんな中でやっぱり面白いと思ったのが波平の存在。昭和の厳格な父の象徴というイメージがありますが、一方でやたらお間抜けなエピソードも豊富だったりするんですよね。波平の弱点をまとめたページがあるんですが、頭髪ネタ4連発のあとに「ほかにもあります! 波平の弱点」として「お酒に弱い」「美人に弱い」「不器用」「あきっぽい」と4つの弱点がまとめられていて笑いました。ここだけ見たら波平って単なるダメ人間じゃないですか…(笑)。でもそういういつの時代にも当てはまる普通の人を描いているからこそ、衰えない人気を得られているんだなぁと思ったのでした。

[本]アニメ「サザエさん」公式大図鑑 サザエでございま〜す!(出版社の紹介ページ)…本の購入者を対象にしたキャンペーンも受付中です(9/30まで)。
長谷川町子美術館…7/16-8/31まで、アニメサザエさん展が開催されています。

コカコーラのCMにサザエさん一家が登場(2004.4.3)

 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

464587 今日:294 昨日:316 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP