MEMOゆるキャラ

■昨日、「関西ゆるキャラ大集合」というイベントを見に越谷にあるイオンレイクタウンへ行ってきました。ゆるキャライベントを見に行くのは品川のホテルにひこにゃんを見に行って以来2度目です。

関西ゆるキャラ大集合
▲関西の二府四県からそれぞれ1キャラが代表して集まってくれました。左から、大阪・箕面市の滝ノ道ゆずるくん、兵庫のはばタン、和歌山の紀ノ國戦隊 紀州レンジャーよりウメレンジャー、奈良のせんとくん、京都のとま郎くんの5人です。滋賀のキャラだけいませんが、スケジュールの都合により遅れての登場となります。
イベントの趣旨としては、それぞれの地域に関するクイズを出題して、よく知ってもらおうというものです。

せんとくん、ウメレンジャー、とま郎
▲せんとくん、はじめて実物を見たけどちっちゃくてびっくり! ぱっと見た感じ160cm以下に見えたけど、実際には165cmあるとか。それでも小柄です。反対にすごく大きなとま郎くんはいつもまくらを手放さないキャラとのことですが、なんとなく邪魔そう(笑)。ウメレンジャーは登場する際にテーマ曲が流れるのが面白かったです。

滝ノ道ゆずるくん 
▲凛々しいまゆげのゆずるくんです。ゆずるくんは候補の頃からかわいいなぁと思っていたけど、生で見てもかわいかったです。

はばタン 
▲ゆるキャラ界の重鎮、はばタンです。司会のお姉さんが「はばタンは何の動物か知ってるかな?」と質問してたけど、フェニックス!と即答されていました。さすがの知名度です(なんか写真がはばタンの頭から角が出ているみないになってしまった(笑))。

ひこにゃん登場 
▲そしてイベント中盤、会場の後ろにあるドアから滋賀・彦根市のひこにゃんが登場。すると会場からは歓声が。

桜の枝を持つひこにゃん
▲ちなみにひこにゃんが埼玉に来るのははじめてらしいです。今日は手に桜の枝を持ってました。

手を振るひこにゃん
▲イベント終了時には「ひこにゃん誕生日おめでとー!」という声援があちこちから聞こえてきました。来週13日で4歳になるんですね。誕生日プレゼントを渡している人もたくさんいて、人気の高さがうかがえました。

全体的なイベントの感想としては、会場がちょっと狭かったのでゆるキャラたちがほぼ突っ立ってるだけだったのがちょっと残念でしたが、関西の人気キャラたちが1度にたくさん見られたので、見に行ってよかったです。前回見に行ったイベントも屋内だったので、今度は屋外のイベントも見に行ってみようかな。

TOPICSキャラ本,ゆるキャラ

またまた全国のご当地キャラを集めた本が登場したので紹介です。

全国ご当地キャラがよくわかる本
[本]全国「ご当地キャラ」がよくわかる本/株式会社レッカ社・編著(amazon)

PHP研究所 2009.9.1発売 680円
ISBN:978-4-569-67316-5

上の表紙画像にあるように、全部で132体のご当地キャラが紹介されています。キャラクターのラインナップは有名キャラはちゃんと入っているし、手堅い感じかな。その中身はというと、一部のキャラを除いては1キャラを見開き2ページを使って取り上げられていて、1ページの半分のスペースにキャラクターのきぐるみとイラスト画像が掲載、残りの部分が文章という構成になっています。

似たような本としては、少し前に紹介した「日本全国ご当地キャラクター図鑑」と「きぐるみのほん」の2冊が記憶に新しいところですが、それらとの違いと言うと今回の本は文庫本なんですね。
ということで、中身が全ページモノクロというのが非常に残念ではあるんですが、ただ、その分文章はちゃんとしていて、キャラクターの背景や近況などがしっかりまとめられています。キャラクター1つ取っても、いろんな取り上げ方があるんだなぁと思った次第です。

[本]全国「ご当地キャラ」がよくわかる本(出版社の紹介ページ)

[本]日本全国ご当地キャラクター図鑑(2009.5.19)…「きぐるみのほん」についても中で紹介しています。ちなみに「日本全国~」の方は第2弾が来月あたりに出るみたいです。

TOPICSゆるキャラ

ひこにゃん登場
先日、ひこにゃんが東京にやってくるという話を聞きつけ見に行ってきました。場所は品川にあるグランドプリンスホテル新高輪の1Fロビー。このホテルで開催されている「近江・びわ湖キャンペーン」の一環としてひこにゃんが14日~16日の3日間登場したのでした。

TOPICSキャラ本,ゆるキャラ

先月ちらっと紹介していたんですが、買ったので改めて取り上げてみました。

日本全国ご当地キャラクター図鑑
[本]日本全国ご当地キャラクター図鑑(amazon)

新紀元社 2009.4.22発売 1470円
ISBN:978-4775307069

全国各地で活躍中のご当地キャラクター、いわゆる「ゆるキャラ」をイラストと短めの文章付きでたっぷり紹介した内容になっています。本のサイズはご当地キティの本(→amazon)とかとほぼ同じで、正方形で分厚いやつです。全部で400体以上のキャラクターが都道府県別に収録されています。

あとこの本とは全然別なんですが、3月にも似たような本が発売されているんですよね。せっかくなのでいろいろ比べてみました。

きぐるみのほん。
[本]きぐるみのほん。(amazon)

イカロス出版 2009.3.18発売 1200円
ISBN:978-4863201651

こちらは同じゆるキャラ紹介本でも「きぐるみ」がコンセプト。きぐるみの写真を大きく載せて紹介しているんですが、ほとんどのキャラは小さくですがイラストも併載されています(たまにイラストのみ掲載のキャラもあり)。
本のサイズはB6判でページ数は「ご当地キャラクター図鑑」の半分くらい。紹介されているキャラも180体くらいと「図鑑」に比べると少なめです。
なので、とにかくたくさんのキャラを見たいと思ったら「図鑑」の方になると思いますが、2つの本では紹介文の趣向がちょっと違うんですよね。「図鑑」は公式資料に忠実な感じの当たり障りのない文になっているんですが、「きぐるみ~」は主観の入った感想を交えた文章になっています。このへんは好みの話になってきますが、個人的には気ままにツッコミを入れている「きぐるみ~」の文の方が好きかなと思いました(でも本当にそのキャラが好きな人が読んだら微妙かも)。

2つの本をあわせると、かなりの数のキャラクターが紹介されているんですが、それでも”ゆるキャラバブル”とも言われる昨今ですので、どちらの本にも収録されていないキャラもまだまだたくさんいると思われます。
ところで、この2つの本の両方に収録されているキャラはどのくらいいるかな? と思って数えてみたところ、62組いるようでした。あまりかぶってないところからも、世にいるゆるキャラの多さが垣間見られる気がします(ちなみにこれ、数えるのが大変すぎて途中で涙目になりました)。

[本]日本全国ご当地キャラクター図鑑(新紀元社の紹介ページ)
[本]きぐるみのほん。(イカロス出版の紹介ページ)