HOME > タグ > 雑誌

[雑誌]MOE 2011年12月号「スージー・ズーのやさしい庭へ」

今月発売の雑誌MOEにて「スージー・ズー」の特集が組まれています。

MOE 2011年12月号「スージー・ズーのやさしい庭へ」
[雑誌]MOE 2011年12月号「スージー・ズーのやさしい庭へ」(amazon)

白泉社 2011.11.2発売 800円

意外にも今回が初めての特集なんですね。40年以上にもわたって愛されてきた「スージー・ズー」の秘密を、作者のスージー・スパッフォードさんが暮らすアメリカ・サンディエゴにあるアトリエを訪れ解き明かしています。

スージー・スパッフォードさんへのインタビューはもちろん、アトリエや街の写真なども豊富で、他にも柏葉幸子さんによるおはなしのページもあったりとMOEらしい特集になっています。

スージー・ズーって、前はそこまで興味はなかったんですが、今年の4月から9月までTBSで放送されていたアニメの雰囲気が非常によくて、それから前以上に親しみを感じるようになりました。

今後も絵本がいろいろと発売される予定だそうなので楽しみです。

MOE web(公式サイト)…今月号では他にも佐野洋子さんや、藤子・F・不二雄ミュージアムの特集も組まれています。また、今月15日には「こどもMOE」という新しい情報誌も発売するそうです。
[雑誌]MOE 2011年12月号(JBOOK)…こちらで買うとおまけが付いてきます。

スージー・ズーのショートアニメが4月からスタート(2011.2.4)
[雑誌]MOE 2011年5月号「新しい「バムとケロ」と島田ゆかの絵本」(2011.4.3)

[雑誌]イラストノートNo.18「「かわいい」を描く」

「イラストノート」は先日紹介した「デザインノート」の姉妹誌的位置付けの、イラスト関連のムックですが、先月発売された最新号の特集が「かわいい」がテーマということで紹介です。


[雑誌]イラストノート No.18(amazon)

誠文堂新光社 2011.4.21発売 1680円
ISBN:978-4-416-61107-4

コイヌマユキさん、高村あゆみさん、よしいちひろさん、なばたとしたかさん、市川彰子さん、カナヘイさん、坂崎千春さん、東ちなつさん、アランジアロンゾといった方々へのインタビューが掲載されています。

「かわいい」というキーワードはキャラクターにとってもいちばんと言っていいくらいの大切な要素だと思うので、いろんなクリエイターの方の”かわいい感”を見たり聞いたりするのは楽しいです。「かわいい」という感覚についての考え方を言葉として伝える際の表現方法は千差万別ですが、外から借りてこられるようなものではなくて、自分の内側で見出していくもの、という認識は意外と共通しているんじゃないでしょうか。

あとびっくりだったのがアランジアロンゾのインタビュー部分。内容と言うよりもお2人の顔写真が掲載されていることにびっくりしました。顔を出されないイメージがあったので…。はっきりばっちりと写っているわけではないものの、今までありましたっけ? 少なくとも10年以上ファンを続けている僕の記憶にはなかったので驚きでした。

イラストノート ON THE WEB(公式サイト)

[雑誌]MOE 2011年5月号「新しい「バムとケロ」と島田ゆかの絵本」

絵本の雑誌、「MOE」最新号にて「バムとケロ」でおなじみ島田ゆかさんの特集が組まれています。

MOE 2011年5月号
[雑誌]MOE 2011年5月号(amazon)

白泉社 2011.4.2発売 800円

インタビューでは新刊についてのことをはじめ、デビューの頃やカナダでの生活などが語られています。また、今月27日から開催されるフィンランドの絵本作家、ユリア・ヴォリさんとの2人展についてのページもあります。

ここでは取り上げ損ねてしまっていたんですが、今年1月に発売されたシリーズ最新刊「バムとケロのもりのこや」はなんと12年ぶりの新作なんですね(島田ゆかさんの新作としても6年ぶり)。

バムとケロのもりのこや
[本]バムとケロのもりのこや/島田ゆか(amazon)

文渓社 2011.1.7発売 1575円
ISBN:978-4-89423-707-0

12年といえば…と振り返ってみると、このサイトを始めるより前ですよ。その間も本屋さんで平積みされているのを普通に見かけていたので、そんなにも時間が経過していたとはまったく気づきませんでした。でもそんなブランクをものともせず、新刊は既にベストセラーになっているそうで、やっぱりすごい人気です。

12年経っても2人は何にも変わらない、いつものバムとケロでした。こういう、絵本の持つ変わらないよさっていいなって思ったのでした。

MOE(公式サイト)
絵本作家 島田ゆかのサイト、バムケロページ(公式サイト)

島田ゆかさん『バムとケロのもりのこや』インタビュー(絵本ナビ)
バムとケロのもりのこや [著]島田ゆか(asahi.com)…週刊朝日の書評。累計販売部数は360万部とのこと。
島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展…4/27-5/9、松屋銀座にて開催です。ユリア・ヴォリさんはぶたのキャラクター「SIKA」の絵本でおなじみの方。

[雑誌]MOE 2011年5月号(JBOOK)…こちらのショップでMOEを購入すると先着でクリアファイルが付いてくるそうです。残念ながら今月号は売り切れっぽいけど。

MOE絵本フェスティバル(2010.2.5)
[雑誌]MOE 2006年10月号、かこさとし特集(2006.9.4)

[雑誌]デザインノートNo.36「トップクリエイターによるキャラクターデザイン活用術」

「デザインノート」はあるテーマについてのデザイン・メイキングについて掘り下げている隔月刊誌ですが、最新号でキャラクターデザインを取り上げていたので紹介です。

デザインノートNo.36
[雑誌]デザインノート No.36(amazon)

誠文堂新光社 2011.3.26発売 1680円
ISBN:978-4-416-61101-2

クリエイターを”キャラクターをデザインの仕掛けとして使う側”と、”キャラクター自身を書く側”に分類し、それぞれの側面からキャラクターをどういったコンセプトやアプローチの元、どんな役割を持たせて立ち上げ育てているのかをクリエイター本人へのインタビューや過去作品を見ていくことで解き明かしていく、といった内容になっています。

登場クリエイターがやたら豪華で、佐野研二郎さん(LISMO)、田中秀幸さん(スーパーミルクチャン)、畑野憲一さん(まねきねこダック)、岡知行さん(マストくん)、鈴木克彦さん(暴君ハバネロ)、糸乗健太郎さん(Ponta)、黒須美彦さん(ドコモダケ)、坂崎千春さん(Suicaのペンギン)、田代卓さん(ガスヒーポン)、ディック・ブルーナさんといった人達について取り上げられている他、CMのクリエイティブディレクターである松井美樹さん(低燃費少女ハイジ)と木村透さん(のってカンガルー)のインタビューや、佐藤可士和さん、佐野研二郎さん、小杉幸一さんという博報堂トリオによる鼎談も掲載されています。

他にも「業種別キャラクター図鑑」として45体の企業キャラを紹介したページや著作権についてまとめたページもあったりと、読み応えのある構成になっているためまだ全部読めていないので詳しい感想はまたあとで追記するかもしれません。

とりあえず田中秀幸さんが「未来少女マリコ」というTVアニメーションシリーズを新たに制作中ということを知ったので、放送まで心待ちにしたいと思います。楽しみ!

デザインノート(公式サイト)

 < 1 2 3
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

451876 今日:29 昨日:168 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP