HOME > タグ > 漫画

[本]人間物語/長新太

ちょっと前の話になっちゃいますが、長新太さんのこれまで単行本に未収録だった15コマ漫画が書籍化されましたので紹介です。

人間物語
[本]人間物語/長新太(amazon)

芸術新聞社 2010.6.10発売 1680円
ISBN:978-4-87586-196-6

長新太さんと言えば「キャベツくん」(amazon)など、絵本のイメージが強いですが、元々は漫画家として活動されていた方なので、漫画作品もたくさんあるらしいんですね。ただ絵本と違って積極的に書籍化されていないため、今回のような大人向けの漫画作品の書籍化は、非常に珍しいと思われます。

ページをめくるといきなり、「この漫画は、思いあがった人間が、生きものや、自然からチクチクと毎回しっぺ返しをうける物語です。」という前置きがあります。なるほど風刺が効いた物語なのかと思いつつ、再びページをめくると目に飛び込んでくる1話目のタイトルが「ゾウをダンゴにしてはイカンの巻」ですからね。
思わず「ズコー!」と両足を上げてコケたくなるようなところですが、読んでみるとやっぱりすごいんですよ。1コマ先すら予想できない自由すぎる発想が飛び交いまくっていて「なんなんだこれは」の連続で。そんななのに、単なる無茶苦茶じゃなくて、現代社会に対する長さんからのメッセージがしっかり込められているんですね。風刺漫画ってそんなに読んだことはないけど、こんなに奇妙でなぜだかあったかい気持ちになれる作品はそうないと思います。

あと、先月発売された雑誌「イラストレーション」9月号でも長新太さんが特集されているのであわせて紹介です。

イラストレーション「長新太 マンガのココロ」
[雑誌]イラストレーション2010年9月号「長新太 マンガのココロ」(amazon)

玄光社 2010.7.27発売 1680円

吉祥寺の絵本専門店「トムズボックス」の土井章史さんによる作品紹介や、土井さんとブックデザイナーの日下潤一さん、イラストレーターの網中いづるさんの3人による座談会などが掲載されています。
 

[本]人間物語(出版社の紹介ページ)…いくつかのページ画像が掲載されています。
[雑誌]イラストレーション2010年9月号「長新太 マンガのココロ」(出版社の紹介ページ)…こちらも少しだけ立ち読みできます。
長新太の本(トムズボックス)…「トムズボックス」では長さんの没後、いくつかの作品を独自に書籍化して販売しています。一般流通はしていないのが残念ですが、ネット通販でも購入可能です。

ついでに長さんについて詳しく知りたい方に関連書籍を2つ紹介。
[本]長新太―ナンセンスの地平線からやってきた/土井章史(amazon)
[本]長新太(KAWADE道の手帖)(amazon)
どちらも2007年に発売されたものです。

絵本画家の長新太さん、死去(2005.6.27)

[本]フルーツの部屋2/100%ORANGE

イラストレーターの100%ORANGEが雑誌「spoon.」で連載している2ページ漫画をまとめた「フルーツの部屋」の2冊目が発売されました。

フルーツの部屋2
[本]フルーツの部屋2/100%ORANGE(amazon)

プレビジョン/角川グループパブリッシング 2010.4.24発売 1575円
ISBN:978-4-04-894072-6

それにあわせて、品切れ状態だったらしい1冊目の方も新装版として再版されました。

フルーツの部屋(新装版)
[本]フルーツの部屋(新装版)100%ORANGE(amazon)

プレビジョン/角川グループパブリッシング 2010.4.24発売 1575円
ISBN:978-4-04-894071-9

装丁を担当したのは前回と同じ松本弦人さんですが、雰囲気ががらっと変わっているので前のと並べるとちょっといびつな感もしないでもないかもしれません。でも、毎回感じの違う作品が収録されていることを考えると、これはこれで趣があるような気になってきます。

帯に「7年振りの漫画作品集」と書かれていて、僕は「またまたぁ、3年振りの間違いでしょ」と思ったのですが、確認してみると前作は2003年発行とあったので、間違いではありませんでした(びっくり)。ということは、このspoon.の連載って10年近く続いているってことなんですね。すごいです。

100%ORANGE(公式サイト)

100%ORANGEのトークイベント(2009.4.21)
[本]SUNAO SUNAO/100%ORANGE(2009.3.27)

[本]あたしンち公式ファンブック

読売新聞日曜版にて連載中の漫画「あたしンち」の公式ファンブックが発売されました。

あたしンち公式ファンブック
[本]あたしンち公式ファンブック(amazon)

メディアファクトリー 2010.3.5発売 924円
ISBN:978-4-8401-3233-6

これまでに発売された単行本15巻分の作品をいろいろな側面から解きほぐしていて、タチバナ家の人々はもちろん、個性的な脇役たちについてのあれこれについてや、タチバナ家の間取りやルールなどの小ネタも収録されていて、あたしンちファンなら楽しめること受け合いの内容になっています。

中でも発見だったのがみんなが暮らしている街の地図。作品上は断片的にしか出てこないのでよく分からなかったけど、2つの鉄道路線にはさまれた地区になっているんですね。これは漫画では練馬区の光が丘周辺を、アニメ版では西東京市をモデルにしているんだとか。前から都内のどこかがモデルになっているんだろうけどどの辺なんだろうと気になっていたのでなるほどー、と思いました。
あとは作品中では1度も登場していないユズヒコの部活動についての話もびっくり。まさかそんな裏設定があったとは。

その他には有名人の方に「マイベストあたしンち」を選んでもらっているコーナーもあって、その中の角田光代さんのお母さんについての話にもありましたが、なぜか「あたしンち」の登場人物には読み手やその周囲の人を投影させてしまう、不思議な感覚がありますよね。この本に収録されている作者のけらえいこさんへのインタビューによると、登場人物は身のまわりにいる人をモデルにしているとあるので、やっぱりそのあたりの人物像の作り方に秘訣があるんでしょうね。

せっかくなので僕もマイベストあたしンちを選んでみました。大好きなエピソードはたくさんあるんですが、特に大好きなのがこのシーン(9巻P101より)。
あたしンちのヒトコマ
これ、特に4コマ目のみかんの「脳の回転絶賛停止中!」とでも言うような表情がかわいいというか、愛おしくなってしまうんですよね。それってやっぱり僕にもみかんみたいにぼーっとしすぎて意識が宇宙へ飛んでってしまう経験があるから、なんでしょうか。

残念ながらアニメの方は昨年終わっちゃって寂しい思いをしましたが、そんな中で、こうした本が発売されるのはファンとしては嬉しいですね。漫画の方は末永く続いてほしいです。

[本]あたしンち公式ファンブック(出版社の紹介ページ)
あたしンちWEB(公式サイト)

「あたしンち」がお引っ越し(2004.11.2)

コボちゃんがお兄さんに

読売新聞の朝刊で連載されている4コマ漫画の「コボちゃん」ですが、昨日10月14日に掲載された第9764話にて衝撃の展開が! なんとコボちゃんのお母さんの早苗さんが「二人目ができた」と発表したのでした。連載27年目にして、ついにコボちゃんもお兄さんになるみたいです。

「コボちゃん」に関しては、これまで当サイトでも2度ほど大きく取り上げたことがあるんですね。コボちゃん宅に居候していたタケオおじさんに関する話です。

コボちゃんのストーリーがつながってた謎(2002.2.18)

この時に、タケオおじさんが好意を寄せている花田先生に関するネタが3日連続展開されるという異例の事態が発生していたのですが、

タケオおじさん結婚!(2005.2.4)

3年の空白を経て突然のプロポーズということがあったんですよねー。コボちゃん一家に大きな変化が訪れるのはこの時以来なんじゃないでしょうか。

ちなみに、5年前に作者の植田まさしさんへ行われたインタビュー記事があって、その中で1万回に向けて実現したい思いとして、「コボちゃんに弟か妹を作りたい」と語っているんですね。

コボちゃんがお兄ちゃんになる 植田まさしさんが明かす「家族計画」(読売新聞 2004.12.19/Internet Archiveより)

なので植田さん的にはまさに計画通りの進行ということのようですね。にしてもこのロングスパンな計画性はなんなんでしょうか。びっくりですよ。あとは生まれてくる赤ちゃんが弟なのか妹なのかが気になりポイントですね。楽しみです。
 

国民的4コマ漫画『コボちゃん』、ママ妊娠で連載27年目にして“お兄ちゃん”に(オリコン 2009.10.14)

 < 1 2 3 4
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

452313 今日:223 昨日:298 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP