HOME > タグ > マスコット

[本]バファローベル公式フォトブック ベルがいっぱい

「かわいすぎる」となにかと話題のオリックス・バファローズマスコット、バファローベルのフォトブックが発売されることになりました。

バファローベル公式フォトブック ベルがいっぱい
[本]バファローベル公式フォトブック ベルがいっぱい/バファローベル(amazon)

PHP研究所 2011.10.28発売 1155円
ISBN:978-4-569-80104-9

バファローベルは兄のバファローブルとともに、2010年で引退したネッピーの跡を継ぐべく誕生した”牛型ロボット”のマスコットです。今年3月にお披露目されて以降、どんどん注目を集め、ネット上では萌えキャラ的な扱いを受けるような人気者になっていましたが、そうした状況に以前ドアラやつば九郎の本を出版したこともあるPHP研究所が目を付け、こういった企画が生まれたようです。

フォトブックと言うだけに中身はバファローベルのかわいいポーズを収めた写真が多数掲載されるようですが、それ以外にも生みの親のイラストレーター、幸池重季さんや球団職員のマスコット担当の方のコメントや、球団チアチーム「Bs Dreams」とのガールズトークコーナー、pixivで発表されたイラストなど、いろいろ収録されているようです。ちなみにバファローブルと(設定上の)生みの親の八カセもちゃんと登場するとのこと。バファローブルはベルにばかり注目が集まると拗ねちゃうのでよかったです。

そして、出版を記念してサイン会が2ヶ所で開催されることが決定しています。発売当日の10/28には京セラドーム大阪内の球団直営店「Bs Shop」にて、そして11/3には東京のアニメイト秋葉原店にて開催です。参加方法やイベント内容は若干異なりますのでリンク先を要確認です。ドアラのときもサイン会は大人気だったので、今話題のバファローベルとあらば多くの人が詰めかけそうです。

バファローベル公式フォトブック ベルがいっぱい(出版社の特設サイト)…壁紙が配布されています。
マスコット紹介(オリックス・バファローズ)

[本]スポーツ・マスコット図鑑

日本のプロ野球やサッカーチームのマスコットを集めて紹介した書籍ってないのかなぁと思っていたら、ちょうどそのとおりの書籍が発売されたので紹介です。

スポーツ・マスコット図鑑
[本]スポーツ・マスコット図鑑/綱島理友・監修(amazon)

PHP研究所 2009.9.2発売 1680円
ISBN:978-4-569-77238-7

この本では、セ・パ両リーグとJリーグの他に、野球の独立リーグであるBCリーグ、関西独立リーグ、四国・九州アイランドリーグ、更にはプロバスケットボールのbjリーグに所属するすべてのチームのマスコットが完全網羅されていて、スポーツマスコットについてはこれ1冊あれば完璧なんじゃないの? と思える内容になっています。

内容はマスコットの画像(イラストではなくすべて本人(?)の写真)を中心に、色々な情報を織り交ぜた作りになっていて、判が大きくオールカラーなのでパラパラとめくるだけでも楽しいですが、マスコットに関する小ネタもたくさんちりばめられていて、意外と読み応えもあります。

サブキャラに関してもしっかり紹介されていて、例えば横浜ベイスターズならホッシーの他にホッシーナとホッシーゾもしっかり写真付きで掲載されています。こういう情報ってインターネットを使えばある程度は調べられますが、やっぱり本としてまとめられるとそこからまた違った発見があったりするんですよね。
スポーツマスコットが大好きな人もそうでもない人も、楽しく見られる1冊になっていると思います。
 

[本]スポーツ・マスコット図鑑(出版社の紹介ページ)

ちなみにこの書籍を監修された綱島理友さんは、以前にキャラクターに関する書籍を2冊出されているのであわせて紹介です。ちなみにこの2冊はマスコットと言ってもスポーツマスコットではなく、「ペコちゃん」や「コアラのマーチ」といった企業や商品のキャラクターを対象にした内容になっています。
[本]マスコット物語/綱島理友(amazon)
[本]マスコット物語2/綱島理友(amazon)

キャラコラム62.ハリー・ホークの思い出(2001.10.30)…個人的なマスコットの思い出といえばやっぱりこの時のハリー・ホークだなぁ。今にして思うと、キャラクターのサイトを作るきっかけの1つになったと言ってもいいかも。

[本]B・B Photo Book RUN

今月はドアラにつば九郎にとプロ野球マスコットの本がいろいろ発売されたんですが、これもその中の1冊です。

B・B Photo Book RUN
[本]B・B Photo Book RUN/B・B(amazon)

北海道新聞社 2009.3.6発売 1050円
ISBN:978-4894534957

北海道日本ハムファイターズマスコット、B・Bの本なんですが、ドキュメンタリー写真集と銘打った作品になっています。
B・Bと言えば公式サイトで長文のコラムを執筆していることでもお馴染みですが、そのコラムの中でこの本のことを「二番煎じ」というちょっと自虐的なタイトルを付けて綴っているんですね。でも実際には二番煎じどころか他のマスコット本とは一線を画すコンセプトの元に作られていることが中を見るとわかります。

最近はゆるキャラブームとかでキャラクター全般に対して「ゆるさ」というものが求められるようになっています。球団マスコットの世界でもそれは例外ではなく、中でもドアラがその波に乗ってブレイクし、象徴的な存在として支持されています。そこへ行くとこのB・Bの本はと言うと、そんな状況を無視するかのように、ゆるさなんて微塵もないどころか、渋さすら感じさせる作りになっているんですね。まさにプロスポーツの現場で働くもう1人のプロという言葉がぴったりくるような、格好良さが詰まった1冊になっています。

売れることだけを考えれば、本当はもっとゆるく売り出した方が手っ取り早いはずなんですが、ドアラがドアラにしか進めない道を歩んでブレイクしたように、B・BにはB・Bにしか歩めない道があって、それを信じて進むんだっていう、決意のようなものがこの本からはひしひしと伝わってきます。
見る人によれば不器用にも思えるのかもしれないけど、僕はやっぱりB・Bのそう言うところが好きだなぁって思うし、マスコットはゆるいだけじゃなくていろんな一面があるんだってことを広める意味でも、その道は絶対に間違っていないと思います。

B・Bは第2弾としてコラム集を出版したいという夢があるそうですが、B・Bの情熱があればきっといい本ができるんじゃないかなと思います。これからもオンリーワンの存在感を見せつけてほしいです。

[本]B・B Photo Book RUN(北海道新聞社 紹介サイト)
B・B DIARY(公式サイト)…札幌での出版記念イベントの様子なども公開されています。
ブリスキー・ザ・ベアー(Wikipedia)…B・Bの誕生からこれまでの活躍について詳しくまとめられています。そうそう、最初の頃はデザインが馴染めないって散々な言われようだったんですよね。それを考えると本当にすごいと思います。

B・Bが”マスコットの人権”を呼びかけ(2004.8.29)

ドアラのゲームソフトが登場

昨年、エッセイに写真集、CDにDVDと大活躍だった中日ドラゴンズのマスコット、ドアラさんですが、今年もまだまだ活躍するみたいで今度はゲームソフトが発売されるそうです。

Wii向けのソフトで、タイトルはそのまんま「ドアラでWii」。公式サイトで公開されている情報によると、ジャンルは「マスコットエンターテイメント」とのこと。ドアラを使ったちょっと変わったミニゲームがいろいろ遊べるようになってるようです。
更に条件を満たすとドアラのムービーやモーションが見られるようになっていて、集めたモーションを組み立ててオリジナルのドアラダンスを作れるようになってるとか。そんなちょっぴりマニアックな要素のあるところがドアラらしくていいですね。4月2日発売予定です。

ドアラがwiiソフトになった…中日(スポーツ報知 2009.1.27)
ドアラでWii(公式サイト)…初回特典もあるらしいです。

2/4追記:Aamazonで予約開始されております。ドアラ耳という謎めかしいアイテムが特典でつくようです。ふ~む。
[Wii]ドアラでWii 特典 びっくりドアラ耳付き(amazon)

[DVD]ドアラのすべて(2008.6.4)

 1 2
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

422464 今日:63 昨日:205 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP