小室哲哉さんが引退へ

  • 2018年1月20日(土)5:20
  • [MEMO]

あけましておめでとうございます。2018年始まってまだ20日しかたってないのに、ショックなことが起こってしまいました。

いつもはこんなツイートしないんですけどね。だってglobeを始め小室さんの楽曲は昔の曲から最近のものまで頻繁に聴いていますし。そういえばちょっと間隔が空いてたな、なんてのんきにつぶやいた翌日に週刊誌報道が出て、3日後に引退会見ですからね。急転直下すぎてなんと言っていいのやら…。

引退は不倫を認めたわけではなく、あくまで誤解を招いたことに対しての責任を取ってのものだそうです。

会見では語らなくていいようなことまで赤裸々に語っています。おそらく自分の思いをできるだけ正確に理解してほしいと思ってのことなんだと思いますが、見る人によっては、保身と言い訳に終始した要領を得ない内容とも取れるのが辛いところです。

本来ならこういう問題は夫婦間の問題なので、話し合いで解決すればいいだけの話なんだけど、その相手が大人としての判断力が備わっているとは言い難い状態にあるのもまた辛いところなんですよね。

そうなると、多くの人の目に触れるような活動をしていく限り、世間の誰からも非難されることのないような、最も高い倫理観で自分を律し続けた上で、介護と仕事を両立させなくてはいけなくなります。もちろんそんな境遇にある人なんて世の中たくさんいるとは思いますが、ご本人も体調が優れない中、仕事でも自分の思うような結果がなかなか出ずの状態が続いていて。会見では「右にも左にも前にも後ろにも動けない状態」と語られていましたが、どこかで心を休ませる逃げ道のようなものがなければ、精神の均衡を保つことすらままならない状態に追い込まれてしまったんでしょうね。そして今回の報道を受けて何かを失わなければ前に進めないとなったときに、仕事を捨てることになったと。

最初に報道した週刊文春について、小室さんを引退に追い込んだとして非難する声も多いみたいです。でも小室さんはどっちみち近い将来引退を考えていたみたいだし、文春の報道姿勢を非難するにしても、今回の件とは切り離して考えた方がいいような気もします。でないと、小室は批判の矛先を文春に向ける為に引退を口にしたなんて言われかねないですから…。

今はとにかくゆっくり休んでほしいです。8年前だったかな、小室さんのサイン会に参加したことがありました。握手してもらった際、「この手であのきらめく楽曲の数々を生み出してきたのか」と思うと歴史の重みに卒倒しそうになったことを思い出します。手のふかふか感とぬくもりは一生忘れることはないでしょう。

たくさんの思い出に残る楽曲の数々をありがとうございました。そしてまた元気になったら、活動を再開してほしいです。いつまでも待ってますので。

[Switch]マリオ+ラビッツ キングダムバトル

久々のトピックスですが、本日発売されるこのゲームソフトを紹介です。

マリオ+ラビッツ キングダムバトル
[Switch]マリオ+ラビッツ キングダムバトル(amazon)
任天堂 2018.1.18発売 5980円+税

あのラビッツが、まさかのマリオとのコラボで帰ってきました!

「ラビッツ」はフランスの大手ゲームメーカー、UBIソフトの人気キャラクターです。日本でもWiiを中心に8本のソフトが発売されているんですが、国内での知名度は今ひとつなのでゲーム好きな人でも知らない人の方が多いかもしれません。

僕はラビッツファンなので、このサイトではこれまで何度もラビッツを取り上げてきたんですね。でもまさか、任天堂の超人気キャラであるマリオとコラボできる日が来るとは夢にも思いませんでした。びっくりです。不釣り合い感は半端ないけどね…。

ところでこのソフト、海外では昨年夏に発売されているのでかなり遅れての発売となっています。そんなこともあって、どうせ捨て駒的にひっそり発売するのかと思っていたら、ちゃんとTV CMも放送されていて、意外と力を入れていて驚きました。

人気が続くNintendo Switchの波に乗り、ラビッツ人気にも火が付いてくれると嬉しいけど、さすがにそこまではムリかな? 「キモカワイイというより、単純に気持ち悪い」なんて評されることもあるラビッツですが、実際はちゃんとかわいいんですよ。このかわいさに、みんなもいつか気づいてほしいです。

マリオ+ラビッツ キングダムバトル(任天堂公式サイト)…ジャンルはターン制のシミュレーションゲーム(公式にはシミュレーションアドベンチャー)という、マリオとしてはかなり変わったゲームとなっています。耳に残るCM曲を歌っているのはラッパーのKEN THE 390さんのようです。

マリオ+ラビッツ(マイニンテンドーストア)…マリオファミリーに扮したラビッツ達のフィギュアが発売されています。どうもこのサイト限定販売のよう。

『ラビッツ インベージョン』Season 1(YouTube UBI JAPAN公式チャンネル)…マリオ+ラビッツの発売を記念してなのか、2013年から海外で放送されていたラビッツのアニメーションが12話公開されています。ちなみに↓のエントリーでこのアニメをアードマン・アニメーションズが制作していると伝えていますが、当初はその予定があったものの、実際には制作から外れていたようです。

「ラビッツ」のアニメシリーズが2013年スタート(2011.10.7)

今年もこんな感じでした。

  • 2017年12月30日(土)19:07
  • [MEMO]

今月は更新しようと思っていたのに、もうあと少しになってしまいました。今年はトピックスの更新しなかったなー、とか思い残すことがありまくりです。オリンピックのマスコットのこととか書きたかったんですけどね。あのー、いろいろ言われてたみたいですよね。なにかに似てるとか、違う国のキャラに見えるとか。別に僕はどれでもいいと思ったんだけどな。"どれでもいい"なんて言うと、興味ないみたいだけど、実際にそうなのかもしれません。世の中の人って意外とキャラクターに対して一家言ありますよね。僕のキャラクターに対する興味なんて平均レベルより下なのかもしれません。だからあまり更新もしなくなったのかなぁ。

それはともかくオリンピックってあれですよね。最初はコンパクトな五輪とか言ってた気がするのに、結局それじゃダメみたいなことになって、無駄なお金がバンバン使われている気がしますよね。国威発揚っていうのかな? やっぱり国の威信がどうのという話になってくると、中途半端なところで妥協とかしたくなくなっちゃうんですかね。どうせ自分のお金じゃないしー、なんてね。

でも自分の住んでいるところでオリンピックが開催されるなんて一生に1度しかないだろうし、ちょっぴり楽しみではあります。

マスコットが決まるのはいつだっけ。活躍にも超期待してますよ。

来月はちゃんとしたい

  • 2017年11月30日(木)22:33
  • [MEMO]

しんじょう君
▲座って遠くを見つめるしんじょう君

今月も何もしないままあっという間に過ぎ去ってしまいました。

今月の思い出……、と言うほど過去のことではありませんが、25、26日に埼玉県羽生市で開催されたご当地キャラクターのイベント、「世界キャラクターさみっと in 羽生 2017」に行ってきました。

2011年の2回目から毎年行ってるこのイベント、今年も楽しかったです。今回は天候にも恵まれ、昨年以上の熱気に包まれていました(主催者発表によると2日で31万人が来場したとのこと)。

各メディアへの露出こそすっかり落ち着いた感のあるご当地キャラクター界隈ですが、こうやって直に触れることができる場所へ行くと、その人気はまったく衰えていないんだなあと実感することができます。いろんな世代の方達が、みんなすごく楽しそうなんだもんなぁ。

僕の好きな高知県須崎市のキャラクター、しんじょう君にも1年ぶりに会えました。ただ、今年は2日とも衣装を着ていたのでチャームポイントの"おへそ"を見ることができなかったのが残念だったかも。次に会う時はおへそもちゃんと見せてね。

ちなみに毎年いっぱい写真を撮っているので、いつかちゃんと年ごとにまとめたエントリーをアップしたいとは思っています。いつになるのか不明ですが……。

 < 1 2 3 4 5 6 7 ...243 244
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

422683 今日:65 昨日:97 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP