HOME > アーカイブ > 2009-06

[DS]トモダチコレクション

任天堂から発売されるゲームで久しぶりにちょっと気になるタイトルが出ますよ。と言うわけで取り上げてみます。

トモダチコレクション
[DS]トモダチコレクション(amazon)

任天堂 2009.6.18発売 定価3800円

最初にこういうゲームが出ると知って思ったのが、
「リアルスピードの千年家族!?」
ということで…。たぶん千年家族をやったことがある人ならそう思うんじゃないかなぁ。でもあのゲームではキャラクター(家族)は脇役で、主役はあくまでも”家系”だったんですよね。それを1000年っていう長期に渡って見守っていくという変わったゲームだったんですが、トモダチコレクションではゲームの中の人々に対して、もっとダイレクトに関わっていくところに面白さがあるっぽいです。と言っても実際にやったわけではないので、本当に面白いのかどうかもイマイチよく分からないのですが、そういうよく分からないゲームが任天堂から出ること自体に注目ポイントがあるとも言えます。

あと、千年家族と比べてしまうとキュピットに当たるキャラクターがいないのがちょっと寂しいなぁって思ったり。あのゲームではキュピットの存在って大きかったからなぁ…。でもまあ続編を謳っているわけでもないし、内容も全然違うんだろうから、それを求めること自体に意味はないと分かっているんですけどね。

トモダチコレクション(公式サイト)

[本]Maus―コミック×DVD

ドイツのキャラクター、「Maus(マウス)」のDVD付きの書籍がいつの間にか出ていたので紹介です。

Maus―コミック×DVD
[本]Maus―コミック×DVD(7&Y)

宙出版 2009.4.9発売 1575円
ISBN:978-4776795353

「Maus」はドイツの子供番組のキャラクターで、日本では2005年頃に”日本におけるドイツ年”っていうことでテレビで番組が放送開始されたり、本が発売されたりしていたんですが、最近では獨協大学の広告でたまに見る程度だったので、日本でのキャラクター展開も一区切りしちゃったのかと思ってたんですよね。なので本屋さんでこの本を見かけた時も当時発売されたものかなと奥付を見てみたら、今年発売だったので「おお、まだ本とか出るんだ」とプチ驚きでした。

本の中身は台詞のない4コマ漫画が収録されていて、それにショートアニメが30分収録されたDVDがついてくるというもの。先月からはカートゥーンネットワークでもアニメが放送されているそうなので、また見かける機会も増えてくるのかもしれませんね。

Die Maus | マウス(公式サイト)…確かにブログはずっと続いているんですよね。ショップのページで本の中身が少しだけ見られます。
Maus―コミック×DVD(出版社の紹介ページ)
Maus―コミック×DVD(amazon)

2009.6.10のヘッドライン

  • 2009年6月10日(水)4:13
  • [HEADLINE]

まめゴマベビー…7月からグッズ発売。名前が付いているんですね。
ひこにゃん初の海外遠征 ハワイでパレードに参加…ハワイでも人気のひこにゃん。でも着ぐるみでの渡航を要請したいって話はさすがに無理では。
劇場版ムーミン パペット・アニメーション〜ムーミン谷の夏まつり〜…2003年に日本で公開された作品を再編集して上映とのこと。8/1から渋谷シネクイントにて。
DAKARA ムーミン一家「ながら運動」マスコット全6種オンパックキャンペーン…6/2から。
リラックマ ペア小鉢 小僧寿しチェーンでプレゼント
モスバーガー 期間限定オリジナルコラボベアブリックプレゼントキャンペーン…6/8-7/6まで。
ゲゲゲの鬼太郎カラー金貨、25万円で発売
「ペリー・テイトくん」の純金製フィギュア―価格は150万円…純金たねまるは限定15体が即日完売したとのことですが、こちらはまだ売ってるようです(6/10時点)。
藤子・F・不二雄ミュージアム、2011年川崎にオープン…おおー、着々と話が進んでいますね。
民放連のゆるキャラ「地デジカ」、NHKにも登場へ
トリニータ 絵本付きチケット販売
NHK教育「みいつけた!」人気 大人だって「なんかいっすー」…僕はサバンナ高橋ファンとしてチェックしてみたけど、あまりよさが分かんなかったんだよね~。
人気絵本「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化…「ナンチャンを探せ」みたいな映像が2時間続くのかな。
ぬいぐるみ人形劇「ちびまる子ちゃん」が中国に初登場…人形劇っていうかきぐるみの舞台という感じですが。元々は日本で作られたものなのかな。
 

ディズニーの人気者ドナルド・ダック、75歳に
ディズニーの新作「ボルト」製作者と日本語版・佐々木蔵之介らが揃ってPR…8/1公開か。もうすぐですね。
「リロ&スティッチ」の目ざまし時計と、掛置兼用時計が新登場
 

あのトムとジェリーが驚きのMMO化『Tom and Jerry MMOG』発表…まさかのMMO。一体どんなゲームになるのやら。
『ポケモン ハートゴールド・ソウルシルバー』に便利な歩数計が同梱…「ポケウォーカー」と言う名称。昔あったポケットピカチュウに比べると薄くていい感じ。
『ICO(イコ)』『ワンダと巨像』に続く最新作『人喰いの大鷲トリコ』…やっときた上田さんの新作。発売時期は未定なのでだいぶ先になりそう。
 

「まんとくん」おめでとう!…まんとくんも1歳に。
「かさぼう」愛らしく 天橋立傘松公園 ゆるキャラお披露目
自衛隊が「光ルくん」起用へ ご当地ゆるキャラで隊員募集
戦国ゆるキャラ大集合 彦根 テント生地キャンバスに横一線
「ムチュラン1世」下北半島の食材PR 青森・むつ市
6日はロールケーキの日=小倉…ロールケーキのキャラ、くるる君のきぐるみ。
新潟駅の階段に「トッキッキ」トキめき国体をPR

さよならEPSON(の看板)

  • 2009年6月10日(水)4:06
  • [MEMO]

デイリーポータルZ:新宿のランドマークが消える瞬間
なんと、新宿のエプソンの看板が撤去されるんですね。単なるネオン広告のはずなのに、無くなると聞くと無性に寂しく感じてしまうのはなぜなんでしょうか。すごく目立つ看板で、道路がこの建物に向かって走っているように見えるんですよね。ちょうど新宿に行く用事があったので本当に消えているのか見に行ってきました。

消えたネオン
▲やっぱり消えていました…。
 

■新宿の広告といえば、こんなのもありました。
オラクルの広告 
新宿駅南口の入口にでっかく掲げられたオラクルの広告です。データベースのソフトウェアの分野では世界的に有名な企業ですが、そんなの道行く人の何人に関係あるんだ…なんて感じたのですが、そこはやっぱり企業の本社や都庁などが集約している場所だからこその広告なのかな~なんて思ったりもしたのでした。
 

■あと気になる広告と言えばこれ。ブクブクアワーの広告
以前、このサイトでも紹介したキャラクター、ブクブクアワーのアニメデビューの広告なんですが、山手線のいろんな駅のホームでやたら見かけませんでしたか? んでよく見てみると、そのアニメっていうのも地上波とかじゃなくて、BS朝日なんですよ。しかも単独の番組っていうわけでもなく、「ブロスタ.TV」という番組内の1コーナーとして放送されているようなんですよね。言ってしまえばそれだけの告知のために、あれだけの規模の広告を展開するっていうのは「どういうことなの?」って思っちゃうんですよね。広告を打つのにもいろんな目的があるんだとは思うんだけど、最終的にはそれに見合ったリターンがあると期待されてるってことなんだよね、たぶん。
そうやって考えを巡らせていくと、別に僕は当事者でもなんでもないんだけど、なんかもう恐くなってくるんですよね。ホントに回収できるのって。
 

■そんなことを考えながら渋谷に行くと今度はこれですよ。
クリノッペの広告
おなじみ、渋谷駅前のスクランブル交差点ですが、SNSサービスのGREEが運営している、携帯で不思議なペットが飼えるサービスっていうクリノッペの広告です。これ、写真だと1つの建物しか写っていませんが、その左の建物にも広告があるし、反対側の建物にもいっぱいあって、交差点周辺は360度クリノッペ状態になってるんですよ。あっけにとられていたら目の前の道路にクリノッペの宣伝トラックが3台連続で通過していきました…。

クリノッペの宣伝トラック1 
3台も通ったのに綺麗に撮れなかった…と思っていたら、後日、新宿で最初のエプソンの看板を撮ろうとしていた時にも何台か通っていったのでした。
 
クリノッペの宣伝トラック2
 
クリノッペの宣伝トラック3 
どんだけ走らせてるんだっていう。しかもこのクリノッペって無料のサービスなんでしょ。もう僕には何がなんだかよく分かりませんです。

 < 1 2 3 4 5
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

474058 今日:179 昨日:326 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP