HOME > タグ > 企業

サンリオ、英Mister Men社を買収

なんと、サンリオがイギリスのMister Men社を買収したことを発表しました。

[本]MR.HAPPY ハッピーくん

Mister Men社は絵本から生まれたキャラクター、「Mr.Men and Little Miss」のライセンス事業を行っている会社です。日本経済新聞の報道によると、取得額は非公表ですが30億円前後とみられるとのことです。

サンリオは少し前に、人気キャラクターを買収することで事業の柱を増やすことを検討をしていると発表していました。

キティに次ぐ柱構築、キャラ買収に最大300億円-サンリオ常務 (1) (Bloomberg 2011.7.13)

この方針は、同社が「ハローキティ」への依存度が高いことや、キャラクターを1から育てるのでは時間が掛かりすぎる上にヒットするかどうかが不確定なことなどから検討されていました。
この話が報じられた際は、買収って言ったって人気キャラを買うにはそれなりの資金が必要になるだろうし、いろいろ問題が多いんじゃないかという見方をされていたと思うんですが、「Mr.Men and Little Miss」というチョイスはなるほどというか、なかなか上手いところを突いてきた感がありますね。
ちなみに記事によると最大300億を投じるとあるので、ひょっとすると第2、第3の買収もあるのかもしれません。

ちなみに「Mr.Men and Little Miss」は国内ではソニー・クリエイティブプロダクツ(SCP)が販売権を持っていて、今年は「Little Miss Cawaii」という日本オリジナルのキャラクターを発表していたりとかなり力を入れて展開しているんですが、今後はどうなるんでしょうね?
サンリオがライセンサーとなってSCPに許諾するという形になるのか、契約を解除してサンリオが自社で展開するようになるのか…。
どちらにしろキャラクターの展開に空白期間ができて、人気が萎んでしまわないかちょっと心配な気もします。

あとついでに要望としては、2008年に絵本が4冊復刊されたんですが、それ以降出てないんですよね。せっかくなので残りも復刊してほしいです。

サンリオ、英国キャラクター会社Mister Men社を買収(ソフトバンク ビジネス+IT 2011.12.6)
サンリオ 英国キャラクター会社Mister Men買収(アニメ!アニメ!ビズ 2011.12.6)
サンリオ、英国キャラクター会社Mister Men社の買収を完了(日経プレスリリース 2011.12.6)
Mr.Men and Little Miss(公式サイト)

アニメ「MR.MENショー」スタート(2010.3.16)

「ミッフィー管理会社がサンリオを提訴」の疑問

10月20日にこのような報道がありました。

ミッフィー生みの親サンリオ提訴 著作権侵害と(47NEWS)

なんと、ミッフィーの著作権管理業務を行うオランダの企業メルシスが、サンリオの「キャシー」というキャラクターがミッフィーを模倣し著作権を侵害しているとして商品の生産停止を求める訴訟を起こしたんだとか。裁判はオランダのアムステルダムで行われていて、判決は11月2日予定とのこと。

感想としては、意外だなぁと思うのと、疑問に思う点がいくつか浮かんだのでちょっと書いてみます。

まず、「キャシー」ってキティちゃんのおともだちに当たる脇役キャラクターなんですが、グッズなんて言われるほど出てる? という疑問。僕もキティちゃんグッズに関して詳しくはないんですが、おともだちってキティちゃんのイラストでたまに見かける程度だと思うんですよね。知名度に関しても熱心なサンリオファンなら知っているでしょうけど、それ以外の人はまず知らないような存在だと思います。

続いて、なぜ今? という点。キャシーって、1970年代には既に存在していたはずなんですが、なぜ今になって問題になったんでしょうね。ひょっとしたら海外では最近になってキティちゃんのおともだちにスポットを当てた展開をしているんでしょうか。

あと、国内でのネットの反応を見ていると、昔サンリオが展開していた「リトルハニー」というミッフィーそっくりなうさぎのキャラクターを持ち出して、元々そういう企業体質だったのでは、という意見が書かれているのをちらほら見かけたんですが、これはちょっとサンリオが気の毒かなと個人的にはしました。だって、時代背景ってあるし…。もし、2010年に新しくあんなパクリキャラを堂々と展開されたら、そりゃあ大問題でしょうけど、40年前と現在ではその辺の倫理観って全然違うと思うので、今の価値観だけで判断してしまうのもどうかと思います。

ただそうは言っても、「キャシー」はもとより、キティちゃんだってミッフィーの影響を色濃く受けた存在だとも思うんですよね。

ミッフィー
(『「ミッフィー展」-50 years with miffy-図録』朝日新聞社(2005) P20-21より)

参考までに1955年、誕生当時のミッフィーのイラストですが、最初は今と全然違う見た目なんですね。それから8年後に出版された絵本ではほぼ今と同じ雰囲気のミッフィーが完成されているんですが、そこに現在に至るまでの試行錯誤や洗練のされ方を感じ取ることができます。

かたやキティちゃんはというと、最初から完成型というか、今と変わらぬ無駄のないデザインで登場しています。
このキティの完成度ってやっぱり、ミッフィーがあってこそだと思うんですよね。ミッフィーとキティちゃんは、直接的に似ているキャラクターではないけれど、線の太さや丸みの付け方、全体のバランスなど、デザイン的な共通点がありますもん。

ただ、すべての創作物は過去の創作物の模倣から始まるわけで、大切なのはそこにどんなオリジナリティがあるかということです。
そんなわけで、「キャシー」のオリジナリティについて、オランダの裁判所がどう判断するのか、そこに注目しながら静かに見守っていきたいと思います。
 

~おまけ1 「ムスティ」について~

今回の件で改めて気になったのが、「ムスティ」の存在。ムスティはベルギー生まれの絵本のキャラクターなんだけど、個人的にはキャシーなんかよりもムスティの方がはるかにミッフィーに似ていると思うんですが、なぜ共存できているんでしょうか。
ムスティの日本版サイトによると誕生は1960年代と書かれているけど、確かミッフィーよりも古いキャラだったような…と思っていたら、英語版WikipediaのMustiの項には1945年って書かれています(何が本当なのやら)。あと2004年に日本のブロガーがムスティとミッフィーとキティの類似性について議論したとも書かれてますが、結論は出たんでしょうか。気になります。
僕個人としては、キティとミッフィーには前述のとおりデザイン的な共通点があるとは思っているけど、キティとムスティの間にはそれがないので類似性は感じないです。
 

~おまけ2 サンリオは既に自粛している?~

[本]SANRIO MEMORIES(2010.8.16)

上記のエントリーでサンリオの50周年記念ブックを2種類買ったことを書きましたが、せっかくなので改めて確かめてみると、な、なんと2冊ともキャシーが紹介されていないんですよ!

キティのおともだち
(『Sanrio 50th Anniversary Official book』サンリオ(2010) P8-9より)

キティのおともだち
(『SANRIO MEMORIES』サンリオ(2010) P16-17)

他のおともだちは紹介されているのに…。公式サイトでも紹介されていないし、ひょっとしてサンリオ的には裁判で結論が出る前からキャシーの存在はなかったことリスト行きになってるの!?
前からこんな扱いだったっけ? と思って振り返ってみると、昨年キティのおともだちについて取り上げたことがあったのを思い出しました。

ハローキティ&ディアダニエル 雛ぬいぐるみ デラックス
ジョーイのガールフレンド(2009.1.21)

これです。思わず画像(Amazonより)も貼り付けちゃいましたが、この「雛ぬいぐるみ」というグッズ、キティのおともだちが揃ってぬいぐるみになっていて珍しい! ということで、”ねずみのジョーイのガールフレンド”という微妙な立ち位置の女の子にスポットを当てた上で紹介したんですよね。
後にこの女の子はジュディという名前だということが判明するんですが、キティのともだちのともだちという立場上、やっぱり扱いも中途半端で公式サイトには相変わらずいないし、50周年記念本でも片方でしか紹介されていないというちょっと不遇な子なんですよね。そんなジュディに気を取られてしまい、まさかもっと不遇な扱いを受けている子が発生しているとは全く気づきませんでした…。

当時のエントリーを見ると、「ねずみの女の子だけが公式サイトで紹介されていない」とあるので、この段階ではキャシーもサイト上で紹介されていたはずなんですよねー。いつの間に削除しちゃったんだか。

「ハローキティ検定」の対策本が登場(2009.7.25)
[本]HELLO KITTY MEMORIES(2009.10.14)

ちなみにその間に発売されている上記2冊の書籍も確認してみると、「ハローキティ検定」ではキャシーについての問題が出題されていて、「HELLO KITTY MEMORIES」ではキャシーの他に、キャシーのおかあさんとおとうさんまで紹介されているのでこの段階ではまだ封印されていなかった様子です(ちなみに親まで紹介されていたのはおともだちの中ではキャシーだけなので、かなり待遇がよいと言えます)。

そんな感じで憶測してみると、昨年~今年の段階でメルシス側はサンリオに何らかの要求をして、サンリオがある程度譲歩したけど決裂し、提訴に踏み切ったという流れなのかな、という気がしてきました。

何にしろ、大人の事情でいなくなっちゃうキャラクターというのは寂しい限りなので、なんとか落としどころを見つけて円満に解決してほしいものです。

オリエンタルランド、独自キャラクターの育成から撤退

タイトルどおりですが、NIKKEI NETによるとオリエンタルランドがディズニー以外の独自キャラクターを開発する事業から撤退するそうです。

オリエンタルランド、独自キャラクターの育成から撤退(NIKKEI NET 2009.2.12)

オリエンタルランドと言うと東京ディズニーリゾートの運営会社としてのイメージが強すぎるので、世間的には「独自キャラなんていたの?」ってな感じですが、たぶんそういうディズニーのイメージが独自キャラを展開していく上で足かせになっちゃったんでしょうね。それにディズニーと無関係のキャラをディズニー関連施設で売り出すわけにもいかないですし。そうやって考えると、ディズニー事業で築いてきたノウハウや強みを活かす機会がなかったというのが敗因なのかもしれません。

記事によるとキャラクター開発事業を手掛けていた子会社のOLC・ライツ・エンタテインメントについて売却を検討していて、売却先が決まらなければ3月末で解散する方針だそうです。

オリエンタルランドの独自キャラと言えば「ネポス・ナポス」を思い出します。イクスピアリにこのキャラクターを使ったキャンプ・ネポスという子供向け施設があったんですが、昨年なくなっちゃったんですよね(事業自体は今も続いているようです)。

OLC・ライツ・エンタテインメントのサイトに掲載されているキャラクター一覧を見ると、オリジナルキャラの他に海外キャラクターの権利元と契約して、国内での展開なども行っていたようなんですが、それもあまりぱっとしなかったんでしょうかね。ちょっと残念なニュースなのでした。

OLC・ライツ・エンタテインメント(公式サイト)

あんしん生命の「あんしんセエメエ」

先月20日から東京海上日動あんしん生命保険のCMに「あんしんセエメエ」というキャラクターが登場しています。

CMを見てピンときた人もいるんじゃないかと思うんですが、「でこぼこフレンズ」「Qoo」などのキャラクターデザインでおなじみ、博報堂の丸山もも子さんが手掛けたキャラクターです。

「あんしんセエメエ」は見た目のとおり、”ヒツジの執事”のキャラクターです。企業キャラクターという位置付けで幅広く展開していくようで、あんしん生命の企業理念を親しみやすく伝える役割を担っています。ちなみに声の主は脚本家の三谷幸喜さんなんだとか。テレビ出演だけに飽きたらず、こんなところにも登場するとはびっくりです(笑)。

あんしんセエメエの部屋…非常に凝った作りの特設サイト。あんしんセエメエの生い立ちを綴ったフォトスタンドのコーナーがおもしろいです。もちろんCMも見られます。
あんしん生命 テレビ新CM『セエメエ始まる』篇 放映開始(あんしん生命プレスリリース 2008.6.19)…現在は第2弾『真のプロフェッショナル』篇もオンエア中です。CMの制作スタッフも公開されていますが、よく丸山さんとコンビで仕事をされている鍬本良太郎さんの名前はないですね。あと丸山さんの名前の表記が「丸山もゝ子」になっています。いつの間にかプチ改名?

カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

686887 今日:14 昨日:70 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP