HOME > アーカイブ > 2019-10

赤羽に思いを馳せて

先日ついに発売された清野とおるさんの『ウヒョッ! 東京都北区赤羽』の6巻を読みました。

清野とおるさんのことはかなり前から知ってはいたんだけど(2ちゃんねるでおなじみ、鬼女のアスキーアートでも有名でしたし)、漫画を読んだのはけっこう最近で、『赤羽』がブレイクしたずっと後、ドラマ化もされた後だったと思います。そういえば読もうと思っていたのに読んでなかったと思い立ち、Kindleで買って一気に読んではまったんですよね。

最終巻となる6巻はいつも以上の面白さに加えて、寂しい気持ちが残る作品になっていました。特筆すべきはやっぱりペイティさんの回でしょう。最後にあんな感じのやりとりがあったんですね…。でも清野さんはペイティさんに嫌われたのではなくて、ペイティさんの中での何かがあったんだと思います。きっと。

飲み屋とか、人とか、街のあれこれとか、僕にはまったく縁のない、知らない世界を垣間見せてくれる貴重な作品でした。

東京に来て以来ずっと杉並区民の僕としては、赤羽という街自体もほとんど縁のないところなのですが、それでも思い返すとほんのちょっとだけ思い出がありました。

1つ目は赤羽駅前のダイエーの中にかつて存在したドムドムバーガーを食べに行った話。このサイトが謎のハンバーガー食べ歩きブログと化していた時代に書いたレポートの中で、はじめて赤羽に降り立った感想として、"なかなかいい町"と評していました。
ちなみにこのドムドムバーガーがあったダイエーのフードコートは、漫画の中でも赤羽を象徴するスポットとして描かれてたんですよね。赤羽オールスターズが出没するディープな場所だったんだと後で知り戦慄したのでした。

2つ目は北区立赤羽西図書館に行った時の思い出。このサイトが謎の図書館探訪ブログと化していた時に行った図書館のうちの1つでしたが、その時のレポートによると"JR赤羽駅から歩いて行ったんですが、道中、団地しかないわ、遠いわで涙目になりました"とあります。
漫画の中でも赤羽西界隈の住宅が密集している描写がよくありましたが、それを見る度にこの時見た風景を思い出すのです。

あと3つ目の思い出は赤羽ではなくて亀戸での話なのですが、2011年に放送されていた「シロウト名鑑」という宮藤官九郎さんがやっていたテレビ番組があって、その番組が開催した「シロウトフェスティバル」というイベントを見に行ったことがあるんですよね。当時、宮藤さんがこの漫画にはまっていたらしく、イベントでは、番組でもフィーチャーされていた路上シンガーの斉藤竜明さんや、漫画にも度々登場していた赤い老人といった赤羽スターが出演していたんですよね。赤い老人の「Body&Soul」を生で聴いたんですよ! 今だったら感動でむせび泣く自信があるんですが、当時の僕はまだ漫画を読んでいなかったので、「面白いなー、ははは」くらいの感想でした。くやしい!

赤羽のことを書いていたら、久しぶりに行ってみたくなりました。漫画を読んだ後だとまた違った街に映るんでしょうか。

カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

463808 今日:104 昨日:217 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP