HOME > アーカイブ > 2010-09-29

[本]りすでんわ/高橋和枝

イラストレーターの高橋和枝さんの手掛けた絵本が発売されたので紹介です。これは以前絵本雑誌「MOE」(2009年12月号)に掲載されていたおはなしなんですが、書籍化に際し大幅加筆されています。

りすでんわ
[本]りすでんわ/高橋和枝(amazon)

白泉社 2010.9.17発売 1050円
ISBN:978-4-592-76144-0

「でんわ」という便利なものがあるらしいと聞きつけたりすたちが、自分たちの家にも電話線を引いてみようとするのですが…、というストーリー。「りす」と「でんわ」なんて一見ミスマッチなものにしか思えませんが、意外や意外、綺麗にすとんとはまっています。こういうのをいい絵本っていうんでしょうね。

冒頭の場面でりすたちが集まって会議をしているんですが、これがかわいくてお気に入りのシーンです。こんな会議なら僕もでてみたいんだけどな…。

りすでんわ(MOEから生まれた本)…白泉社のサイト。冒頭の数ページが立ち読みできます。
タカハシカズエホームページ(作者のサイト)

[本]わたしのフモフモさん/高橋和枝(2006.4.20)

星の光の花咲く丘で

  • 2010年9月29日(水)3:12
  • [MEMO]

尋常じゃねぇ存在感ッ!!キティちゃんの首が長すぎるUSBメモリ
キティちゃんだけじゃなくて、ばつ丸も、マイメロも、ハンギョドンも、タキシードサムも、チョコキャットも、みーんな長くなってて笑えます。
これはミモボットというシリーズで、サンリオだけじゃなくていろんなキャラで展開しているものらしいんですが、ぱっと見ただけだと出来の悪い偽物にしか見えないのがすごいです。
 

(↓ここからはちょっと前に書いたままUPせずほったからしていたものをベースにしてるので若干ネタが古いです…)
九州新幹線:「西郷どーん」御難続き 着物が左前
なんと着物が左前に。こういうのって気づきそうで気づかないんだろうなぁ。それにしてもこれこの記事をあわせると、「熊本にはふさわしくない」「西郷さんが亡くなった49歳より高齢に見え印象が悪い」「似ていない」「なぜ目を閉じているのか」などと、キャラクターに対する文句ばっかり書かれているんだけど大丈夫なのだろうか…。熊本うんぬんっていうのは県民感情もあるのかもしれないから迂闊なことは言えないけど、そんなに目くじら立てなくても…と思います。似てないっていわれても、確かあの銅像自体も本人には似てないって話だったと思うし。

インパクトがあっていいキャラだと思うけど、歴史上の人物をキャラ化する場合は要注意なのかもしれませんね。いっそ「かねたん」みたいに動物化しちゃった方がいいのかも。
 

映画『ヒックとドラゴン』ヴェネツィア国際映画祭・3D部門グランプリを受け、凱旋上映&公開延長決定
「ヒックとドラゴン」の3Dってやっぱりすごかったんだな~。小学生の息子がいる姉にも「絶対3Dで見た方がいいよ!」と勧めていたんですが、往復150kmもかけて見に行ってくれたようでした(そこまで行かないと3D上映館がない県ってどうなの…)。感想を聞いたら「面白かった!」とは言っていたものの、よくよく聞いてみたらそんなにはまりはしなかったようでした…。確かに引っ掛かる人だと引っ掛かりそうなポイントはいくつかあるもんなぁ。うーん、でもちょっと残念。

ザ・シネマハスラー「ヒックとドラゴン」
この映画ってベースがオーソドックスなだけにすごさを説明しづらいところがあると思うんですが、そんな中、ライムスターの宇多丸がラジオでこの映画のことを取り上げているというので↑のリンクから聴いてみたけど、含蓄があるというか、批判意見も頭ごなしに否定せず、その上でこの映画のすごさが語られていて、さすがですね。実は僕もエピローグの台詞にはちょっとぎょっとした口ですが、そのあたりの解説もなるほどなぁと思いました。
にしても「ここ数年思い当たらないほどの完成度の高さ」とまで言わしめるとは驚きです。
 

任天堂「25年間黙ってたけどカセットをふーふーするのはダメなんだよ」痛いニュースさん)
これ、小っちゃいときから任天堂大好きっ子だった僕から言わせてもらうと、当時からふーふーはダメって言われていたよ? 息に含まれる水分の影響で一時的に接触がよくなる場合はあるけど、カビやサビ発生の原因になるから結果的には悪化するって。
なので僕はおそうじ探偵君っていうのを買ってきて、定期的に端子の掃除をしていました。でも今から考えるとそんなキットまで買ってきてまでクリーニング作業にいそしんでる子供って、かわいげがないというか、端から見るとちょっと不気味な気も…。まあいいけど。

ちなみにスーパーファミコン時代にはおそうじ探偵君もパワーアップして、スーパーおそうじ探偵君へと進化したんですが、値段がいきなり4倍になってびっくりした記憶があります(でも買った)。
 

イラストレーターのべつやくれいさん結婚
本人のTweetより。しかもお相手はデイリーポータルZのウェブマスターを務める林雄司さんとのこと。ホントに? って聞き返したくなるような組み合わせに思わずにんまりしてしまいました。ネット界最強のおもしろ夫婦の誕生ですね。

niftyスタートキット

というわけで、お祝いの意味も込めてプロバイダの@niftyに入会してみました……というのは嘘で、たまたまその数日前に申し込んだところだったので言ってみただけです…。
ともかくここは末永くお幸せになって頂いて、楽しいサイトをいつまでも続けて欲しいなぁと思います。
 

ちなみにプロバイダ変更とともに回線もADSLから光へと変更してみました。別にADSLに不満はなかったんですけどね。これまで8年間ずっとYahoo! BBの8Mでやってきてたんですが、常時6M以上の速度が出ていて、びっくりするくらい安定していましたから。でもなんとなく試しに変えてみたくなっちゃった。

それで下り最大200Mbpsがうたい文句のNTT東日本「フレッツ光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ プラン1(光配線方式)」というのになったんですが、さっそく気になる速度をこちらのサイトで測ってみたところこんな感じでした。

下り回線 速度 134.2Mbps (16.77MByte/sec)
測定品質 98.5
上り回線 速度 93.42Mbps (11.68MByte/sec)
測定品質 99.8

思ったよりはちゃんと出てるのかな…? よく分からんけど。でもこれは何度か測ったうちのいい値のやつで、実際の下り速度は90M~110Mあたりになることが多かったです(上りは何度測っても93Mで安定してました)。せっかくの200M契約なので常時100Mは超えてほしい気がするけど、どっちにしろそんなに早くても普段のブラウズにはほとんど変化ないんですよね。さすがにYouTubeの読み込みは爆速になったけど、恩恵ってそのくらいだよね…。

カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

450211 今日:74 昨日:294 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP