[映画]羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)

今年はブログでなんにも作品を紹介しないまま終わるのか…、と思っていたところへ絶対取り上げておきたい作品が出てきたのですべり込みで更新しておきます。

2010年代最高のアニメーション映画

『羅小黒戦記』は中国で今年9月に公開されたアニメーション映画です。日本でも館数で言えばかなり限定的ですが、10月から公開されています。

僕はたまたまこの映画のポスターを見かけて気になったんですよね。目の大きな黒猫のキャラクターが中心に描かれたイラストです。

これからこの映画を見て感じたことを書くのですが、正直なところ何にも読まずに見に行ってほしいというのがいちばん訴えたいことだったりします。本当に最高に面白かったので。

見出しにもしてますが、僕の中では2010年代、つまりこの10年に見たアニメーション映画の中で間違いなくベストでした。こんなに揺さぶられた作品はなかったです。

日本作品の影響を色濃く受けたビジュアル

中国のアニメーション事情がどうなっているのか詳しくはありませんが、この作品においては日本のアニメ、漫画の影響をダイレクトに受けて作られている印象を受けました。

ただ、それも上辺だけを真似しました、というレベルではなく、ちゃんと咀嚼されているんですね。ジブリっぽいという感想が多いみたいですが、それだけじゃなく少年漫画とか、いろんなエッセンスを感じることができます。

これはビジュアルだけでなく、ちょっとしたセリフやギャグなんかにも現れていて、とっつきやすく感じました。

怒濤のアクションシーン

この作品の見どころの1つにアクションシーンがあります。これが本当にすごい! 登場キャラクターには属性があり、火や氷、木や鉄と言ったものを自在に操りバトルするのですが、いろんな場所を舞台に、とんでもないスピードで繰り広げられるんですよね。カメラワークや表現方法がすごいんです。特に木を操るフーシーのバトルシーンの表現には驚きました。

シャオヘイのかわいさ

シャオヘイとはポスターにも出ていた主人公の黒猫(の妖精)のことなんですが、すっごくかわいいです。冒頭に森を駆け抜けるシーンがあって、この時点で心を奪われましたもん。表情も躍動感もたまりません。

物語が進むと違う姿も見せてくれるんですが、そっちはそっちですっごくかわいいです。アクションシーンのかっこよさと、シャオヘイのかわいさはこの映画の2大見どころと言っていいでしょう。

シンプルなテーマと見せ方

この作品を通して最も心を打たれたのが、テーマとその見せ方です。テーマ自体はシンプルで、特別なものではないかもしれません。ですが、ものすごく丁寧に描くことで強い説得力を持たせることに成功しているんですね。実際に見て聞いて感じることの大切さ。そして登場人物の言動に対する納得感をしっかり感じることができました(最近プロットの意外性を重視するためか、ここで「え?」ってなってしまう映画が多い気がするんですよね)。

最後にもうひとつ。こうしたテーマの作品が、今の中国から届けられる意味についても考えてしまいます。この作品は"共生"が大きなテーマになっています。もちろん、直接的に何かを想起させるような表現なんてないですが、こうした普遍的で揺るぎない価値観を改めて見つめ直す作品が出てくるのは、すごくいいことだと思います。もっと中国の作品を見てみたくなりました。

羅小黒戦記パンフレット
▲強いて欠点を言うならこのパンフレット。解像度の荒い画像が使われていたりしてちょっと微妙でした。本編で字幕が早すぎるところがあるのも欠点かな。

映画 羅小黒戦記 公式サイト…ちなみにこの作品、元は2011年からWebで連載されていたアニメーション作品だったそうです。そちらもチェックしてみたい。

反動がこわい

  • 2019年12月31日(火)21:12
  • [MEMO]

もう大晦日ですね。あっという間だなぁ。

今日久しぶりに紹介した映画『羅小黒戦記』は大げさじゃなくて本当に面白かったから、もし近くでやっていたら見に行ってみてくださいね。
9年前に僕の好きなアニメーション映画というランキングを作ったことがありましたが、ここに入れるとしたら3位には入るかなと思います。そうすると上位3位のうち2作品が中国語圏の映画になっちゃいますね。

先月下旬あたりから急にアグレッシブになり、イベント行ったり、ライブに行ったり、美術館に行ったり、映画館行ったりと謎の活動的な日々でした(Twitterで報告しているのでそっちを見てください…)。反動でまた引きこもりそうな予感…。

あと最近ゲームソフトをたくさん買いました。古い中古のゲームとか、Nintendo Switchの「ゼルダの伝説 夢をみる島」とか「ポケットモンスター シールド」とか「リングフィット アドベンチャー」とか。全然やってないけど。いや、ポケモンはちょっとだけ進めています。久しぶりの本編購入ですよ。エメラルド以来だったかな? でも僕のかわいいかわいいメッソンが早々に謎の爬虫類に進化してしまってショックです。進化するたびにかわいくなっていくポケモンはいないものなのか? いたら教えてください…。

あと今年PCでもゲームができる環境になったので、調子に乗ってSteamのセールでいくつかソフトを買いました。一体いつやるんだか…。ちなみにドラクエ10はPCで遊べるようにしています。4Kでやるようなゲームじゃないだろと思いつつ、やってみたら綺麗で感動しました。始まった当初はWiiでSD画質だったのになぁ。時代の流れを感じます。

さて。毎年言っているけど、来年はブログ更新の優先順位を上げていきたいものです。週1とか無理かなぁ。無理か(既に諦めてしまいました)。

今年の年末は実家に帰らずに東京にいます。なので新年早々更新するかもしれません。しないかもしれないけど。ではまた来年です。

またねー。

今年の羽生は…

  • 2019年11月30日(土)23:59
  • [MEMO]

11/23、11/24に開催された「世界キャラクターさみっと in 羽生」に今年も行ってきました。今年で10回目の開催で、僕は2回目から毎年参加しているので9回目です(しかも毎回2日行ってます)。

いつもは異常に天候がよくて、日焼けがすごくなる当イベントなのですが、今年は両日とも雨で会場の大部分がぬかるみ状態になってしまいました。前にも天候の悪い回にスニーカーがぐちゃぐちゃになってしまったことがあったのに、今回また同じことをやってしまいました。さすがに2日目は長靴を準備して行きましたけどね。でも今年も楽しかったな~。今回こそちゃんとブログでレポをまとめたいものです(毎回言っているやつ)。

グマモン
▲写真はグアムから来たグマモンです。かわいかった!

赤羽に思いを馳せて

先日ついに発売された清野とおるさんの『ウヒョッ! 東京都北区赤羽』の6巻を読みました。

清野とおるさんのことはかなり前から知ってはいたんだけど(2ちゃんねるでおなじみ、鬼女のアスキーアートでも有名でしたし)、漫画を読んだのはけっこう最近で、『赤羽』がブレイクしたずっと後、ドラマ化もされた後だったと思います。そういえば読もうと思っていたのに読んでなかったと思い立ち、Kindleで買って一気に読んではまったんですよね。

最終巻となる6巻はいつも以上の面白さに加えて、寂しい気持ちが残る作品になっていました。特筆すべきはやっぱりペイティさんの回でしょう。最後にあんな感じのやりとりがあったんですね…。でも清野さんはペイティさんに嫌われたのではなくて、ペイティさんの中での何かがあったんだと思います。きっと。

飲み屋とか、人とか、街のあれこれとか、僕にはまったく縁のない、知らない世界を垣間見せてくれる貴重な作品でした。

東京に来て以来ずっと杉並区民の僕としては、赤羽という街自体もほとんど縁のないところなのですが、それでも思い返すとほんのちょっとだけ思い出がありました。

1つ目は赤羽駅前のダイエーの中にかつて存在したドムドムバーガーを食べに行った話。このサイトが謎のハンバーガー食べ歩きブログと化していた時代に書いたレポートの中で、はじめて赤羽に降り立った感想として、"なかなかいい町"と評していました。
ちなみにこのドムドムバーガーがあったダイエーのフードコートは、漫画の中でも赤羽を象徴するスポットとして描かれてたんですよね。赤羽オールスターズが出没するディープな場所だったんだと後で知り戦慄したのでした。

2つ目は北区立赤羽西図書館に行った時の思い出。このサイトが謎の図書館探訪ブログと化していた時に行った図書館のうちの1つでしたが、その時のレポートによると"JR赤羽駅から歩いて行ったんですが、道中、団地しかないわ、遠いわで涙目になりました"とあります。
漫画の中でも赤羽西界隈の住宅が密集している描写がよくありましたが、それを見る度にこの時見た風景を思い出すのです。

あと3つ目の思い出は赤羽ではなくて亀戸での話なのですが、2011年に放送されていた「シロウト名鑑」という宮藤官九郎さんがやっていたテレビ番組があって、その番組が開催した「シロウトフェスティバル」というイベントを見に行ったことがあるんですよね。当時、宮藤さんがこの漫画にはまっていたらしく、イベントでは、番組でもフィーチャーされていた路上シンガーの斉藤竜明さんや、漫画にも度々登場していた赤い老人といった赤羽スターが出演していたんですよね。赤い老人の「Body&Soul」を生で聴いたんですよ! 今だったら感動でむせび泣く自信があるんですが、当時の僕はまだ漫画を読んでいなかったので、「面白いなー、ははは」くらいの感想でした。くやしい!

赤羽のことを書いていたら、久しぶりに行ってみたくなりました。漫画を読んだ後だとまた違った街に映るんでしょうか。

 1 2 3 4 5 6 7 ...247 248
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

427602 今日:178 昨日:264 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP