HOME > アーカイブ > 2011-09-24

小田急が悪いよ

  • 2011年9月24日(土)17:44
  • [MEMO]

■この件、話題になってますね。

小田急の「ドラえもん列車」、都条例違反 事前申請怠る
小田急のドラえもん電車、“大人の事情”でストップ!
特別電車「小田急F-Train」の車体ラッピングの終了について(PDF)

これについて僕の思うことを書くと、確実に「こいつホントに天の邪鬼だな」と言われると思うんだけど、最初から都に確認しておけばよかっただけの話なのにそれをしなかったっていうんだから、どう考えても悪いのは小田急ですよ。

全国各地でラッピング電車が走っている昨今、大手私鉄の小田急電鉄がこういう条例の存在を知らなかったとは思えないんですよね。広告費をもらってないし、ミュージアムを宣伝する文字が入ってないからこれが広告に当たるという認識がなかったということだけど、ということはあの車体全面に描かれたドラえもんのイラストは何のメッセージも発しない「模様」程度の認識だったということなんでしょうか。それはさすがに無理がありすぎると思います。

こういう言い訳を聞いていると、脱法根性みたいなものを感じてしまうんですよね。子供向けの企画なんだから、行政も無下に文句言うこともできないだろうっていう。問題になったらなったで世論がこっちの味方をしてくれるだろうと、そこまで見越した上でGOを出したとしか思えないです。

都を批判する意見が多いけど、行政は杓子定規に判断することで公正さが保たれる一面もあるんだから、当たり前のことを指摘しただけで、そこまでおかしいものではなかったんじゃないかと思います。

こういうときに子供の夢を潰すなうんたらというのをよく聞くけど、逆だと思うんですよね。子供の夢を預かるんならちゃんとルールを守んないと。この手の子供を免罪符的に利用するような発想がまかり通るから、子供が喜んでるからと何の呵責も感じずマジコン買い与える泥棒親みたいなのが増えるんですよ。

子供の夢を潰したのは小田急の責任。終了するのは本当に残念だけど、今度やるときはちゃんとルールを守って企画してほしいなと思います。

カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

452713 今日:333 昨日:290 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP