10円ロケット

「大きくなあれ」

すぱっ
間違ってた。ぼくが間違ってたんだ。

追っかけられていたぼくはとうとう追いつかれ、
首を切られてしまったんだ。

こんなところに来たのは間違いだったんだ。

首だけの10円くん

どのくらい時間がたったのだろう。
気がつくと、ぼくは生きていた。
頭しかないのに。
不思議だった。

やがて空が明るくなった。

なにもない荒野。
風で何かがこすれる音がする。

日が暮れた。

いよいよ眠たくなった。
死ぬときって不思議な景色を見るんだな、
そんなことを思いながら意識が遠のいていった。
 
 
 
ぺたぺた、ぺたぺた。

ちょろちょろちょろ…。

体に水を浴びている感覚がして、はっと目を覚ます。
そこにはさっき見たのと同じ光景。
ただ違っていたのは、
じょうろを持って、ぼくにみずをかけている子がいたことだ。

じょうろを持った子 

「助けて!」
そう叫んだ、はずだった。
だけど声なんて出なかった。
まあ、この状態ならしょうがないか。

「大きくなあれ」
その子が言った。

最初はどういう意味なのか分からなかったけど、
その子はそれから毎日同じ時間にやってきて、
じょうろでぼくに水を浴びせながら同じ言葉をつぶやいた。
それで分かったんだけど、ぼくを植物かなにかと勘違いしているようだった。

「大きくなあれ」

その子が声をかけてくれるたびにぼくは

「ありがとう」

と返した。
もちろん、声には出せないので心の中でだけど。

それから何日も、何日も、
その子は毎日欠かさず水をやりにきてくれた。
その間、動くこともできずしゃべることもできないぼくは
すっかり身も心も植物になっていた。

1日中風に吹かれているだけの生活。
それでも自分を失わずにいられたのは
明日起きたらまたあの子に会えるから。

ぺたぺた、ぺたぺた。

遠くからあの子の足音が聞こえてくること。
それだけが今のぼくの楽しみだった。

だけどそんな生活もある日突然終わりを告げた。
なんの理由もなく。

日が昇り、風が吹き、日が落ちる。

日が昇り、風が吹き、日が落ちる。

ひとりぼっちだった。 

日没 

風に吹かれていると
だんだんと、どうでもよくなってくるんだ。
だってここにはなにもないから。
なにかを考えたくような、なにもかもが。

いつしか、ここでこうしていることが、
ぼくの記憶のすべてになりつつあった。

忘れつつあった。
もうあと少し、心のどこかにある
細い細いくもの糸のようなものが切れたら、
それでもう終わっていたんだと思う。 
 
 
 
ぺたぺた、ぺたぺた。

そのときだった。
遠くから、懐かしい、とにかく大好きだった音がかすかに聞こえてきたんだ。
その音はだんだんと大きくなり、
やがて背後までくるとぴたっとやんだ。

振り返りたい。けどできない。
なんでできない? どうしてだっけ。

やってみたらいいんじゃない?

抜け出す10円くん 

振り返ると、そこにはあの子が笑顔で佇んでいた。
そしてぼくに声を掛けてくれたんだ。

「大きくなったね!」
って。

あしあと

 
 あしあと 

あしあとって
なかなか消えてくれないときがあるよね。
なんでだろうね。

ぼくはきみのポチ

わん!わん!わん!
それはいつものように部屋の中を駆けずり回っていたとき、
不意に頭上からやって来たのでした。

ゴチン!
ゴチン!

「いたたっ! あ、あれ、あれ?
ここはどこだ!? 見たことない部屋の中だ。
ここで何をしてたんだっけ???」

2人
立ち上がり振り返るとそこには愕然とした表情で立ち尽くす人の姿が。

「ああ、ついにこの日が来てしまったのね」
その女性は話し始めました。

「あなたは1年前この星にやってきたの。
その時にね、あなたはピゴリン様に刃向かったのよ」

「ピゴリン様?」

「ピゴリン様はその絶対的な力をもってこの星を支配している存在。
あなたは私たち人民を救おうとしてある計画を立てたの。
でも計画は失敗し、ピゴリン様の魔法により記憶を封鎖され、
自分を犬だと思い込まされたあなたは、
私に引き取られ、今日までこの星で犬として暮らしてきたの。
たぶん今のショックでかつての意識が戻ったんだと思う」
ピコリン様

何が何だか分からないけど、とにかくすごい話のようだぞ…。

「あなたの乗ってきたロケットが
あの窓に見える倉庫に保管されてるの。
すぐにでもこの星から脱出した方がいいわ」

ぼくには唐突すぎて事態を飲み込むことが全然できなかったけど、
自分が取るべき行動だけはどうにか理解し、
これまで面倒見てくれた(と主張する)彼女に一言お礼を告げ、
部屋を出ようとしました。

「待って!」
彼女が呼び止めます。

「ごめんなさい、あなたの名前を聞いていなかったから」
「あ、”10円”という名前です」
「そうなの…」

再度頭を下げ、出口へ向かおうとするぼく。
「あ、ちょっと!」
再び呼び止める彼女。振り返ると、泣いてる!?
涙

「ど、どうしたんですか!?」

「私、この1年あなたと一緒にこのうちで暮らしてきて、
あなたのこと、本当の…家族なんだって思うようになっていたの。
最後に1度、抱きしめさせてもらってもいいかな」
「えっ!」

そんなこと言われても…。
今のぼくにとって、目の前の彼女は
さっきはじめてお会いした知らない人なわけだし。

「ごめんなさい!」
慌てて駆け出し、出口のドアを開いた。

「あ、そこは出口じゃ…」

そのドアは出口ではなく、別の部屋へと続く入口でした。
目の前に広がった部屋……。
部屋

POCHI&HANA

自然と涙があふれる。
「ハナちゃん!」
気がついたらぼくは彼女に抱きついてしまっていました。

ロケットの中から、小さくなる星を眺めながらつぶやきました。
「ハナちゃん、いつかまたこの星に戻ってくるからね。
いつまでも、ぼくはきみのポチだから」
宇宙から

10円くんのおしごと

ぼくはいつも暇です。だって、お客さんが来ないからね。
この場所でロケット屋をはじめて、
まともなお客さんって、何人来ただろう…。

ロケット屋と言ってもロケットそのものを売ってるわけじゃなくて、
宇宙観光業です。
ぼくの自慢のロケット、「タコチャン号」に乗せて、
お客様を宇宙の旅へご案内しています。
宇宙っておもしろいのになー。
そのへんがイマイチ伝わってないっぽいです。

料金だって最初の頃は1回1000万円だったんだけど、
誰も来ないから10円にしてみたのに、結局誰も来ないし。
すっごくお買い得だと思うんだけどなー。

なのでいつも、お店を閉めて
1人でぶらっと宇宙へお出掛けしちゃうのです。
あ、タコチャン号がいるから1人じゃなかったね。
ごめんね、タコチャン号。

タコチャン号

なるとのちから

泣き顔 

なんでだろ、なんでだろ。
悲しくないのに涙が出るよ。
なんでだろ、なんでだろ。
泣きたくないのに止まらないよ。
 
 
涙と言えば、こんなことがあったな。
そう、あれは
ある何もない星で、現地の子とカップラーメンを食べていたときのことだった。

ラーメン

あの時は何であんなに泣いてたんだっけ。
理由は忘れてしまったけれど、
とにかく2人で延々と
泣きながらラーメン食べていたことを覚えているよ。
ついこの間のことのように、鮮明に。

食べ終わって歩いていると、
その子のひざに”なると”がくっついているのを発見したんだ。
なんでなるとがそんなところに?

笑った 

理由は分からないけど、その後2人で笑ったな。
何がそんなにおかしかったのか、今となっては分からないけど
2人でけたけた笑ってた。
 
 
――あれ、いつの間にか泣き止んでる。
涙が止まらなくなったときは、なるとのことを思い出すといいみたいだよ。

 1 2 3 4 5
カテゴリー
アーカイブ
Feeds

(05/7/22-)

ページトップへ