HOME > タグ > DVD

[DVD]ニコニコ♪コニーちゃん

フジテレビの「ポンキッキ」でお馴染みのキャラクター、コニーちゃんのアニメーション作品がDVDになって発売されます。


[DVD]ニコニコ♪コニーちゃん(amazon)

ポニーキャニオン 2009.6.17発売 2730円
品番:PCBE-12458

「あれ、コニーちゃんってちょっと見ないうちに顔変わった?」と思った方は察しが早いです。今回のアニメではコニーちゃんが18歳に成長した姿が描かれていると言うんですね。現在、ポンキッキはBSデジタルチャンネルのBSフジにて「Beポンキッキ」というタイトルで放送されているんですが、今回のアニメは番組開始の昨年4月から放送されているようです。BSフジなんて受信できる環境にない僕としてはちょっと気になるDVDです。

ちなみに以前のコニーちゃんは8歳という設定だったとのこと。そういえばかつて「ジャカジャカジャンケンポン」なんて歌を歌っていたFolderの三浦大知くんも今ではすっかり逞しくなってソロ歌手として活躍していますが、そういう姿を見るとなんだか自分の年を感じてしまったりするんですよね。まさかキャラクターにまでそういう感情を抱かされることになろうとは思ってもみませんでした…。

コニーちゃんも18歳! 「ニコニコ♪コニーちゃん」がDVDになって6/17発売(マイコミジャーナル 2009.6.9)
コニーちゃん:18歳の大学生に“成長” BSフジでショートアニメに(まんたんウェブ 2008.4.2)
6/17(水)「コニーちゃん まるごと大全集」OA!(フジテレビKIDSクラブ 2009.5.22)…DVD発売当日にはCSフジテレビNEXTにてコニーちゃんのスペシャル番組が2時間に渡って放送されます。見られる方は要チェック。
ニコニコ♪コニーちゃん(発売元の紹介ページ)…ちなみに日本語、英語、中国語、フランス語、イタリア語の5カ国語が収録されているとか。

[本]Maus―コミック×DVD

ドイツのキャラクター、「Maus(マウス)」のDVD付きの書籍がいつの間にか出ていたので紹介です。

Maus―コミック×DVD
[本]Maus―コミック×DVD(7&Y)

宙出版 2009.4.9発売 1575円
ISBN:978-4776795353

「Maus」はドイツの子供番組のキャラクターで、日本では2005年頃に”日本におけるドイツ年”っていうことでテレビで番組が放送開始されたり、本が発売されたりしていたんですが、最近では獨協大学の広告でたまに見る程度だったので、日本でのキャラクター展開も一区切りしちゃったのかと思ってたんですよね。なので本屋さんでこの本を見かけた時も当時発売されたものかなと奥付を見てみたら、今年発売だったので「おお、まだ本とか出るんだ」とプチ驚きでした。

本の中身は台詞のない4コマ漫画が収録されていて、それにショートアニメが30分収録されたDVDがついてくるというもの。先月からはカートゥーンネットワークでもアニメが放送されているそうなので、また見かける機会も増えてくるのかもしれませんね。

Die Maus | マウス(公式サイト)…確かにブログはずっと続いているんですよね。ショップのページで本の中身が少しだけ見られます。
Maus―コミック×DVD(出版社の紹介ページ)
Maus―コミック×DVD(amazon)

[DVD]Little Village People

「OH! スーパーミルクチャン」の監督、脚本を務めた田中秀幸さんと椎名基樹さんのタッグで作られた「Little Village People」のDVDが5/13に3巻同時発売されますので紹介です。

この作品はCSチャンネルのMTVで昨年10月から放送されていた1話10分程度のアニメーション作品なんですね。舞台はサンダー紙袋という名の謎のキャスターが24時間365日不眠不休で司会を務めるテレビ番組が垂れ流されている”ペンギン村ヒルズ”と呼ばれる地方都市で、そんな環境の中、バンドデビューを目指すニートやファミレスで働くバイトの女の子たちなんかが繰り広げるどーでもいいような日常を描いた内容になっています。

ネット上で公開されている作品を見た限りでは「ミルクチャン」のある一部分を抽出して凝縮したかのような内容になっていますね。もうちょっとダイレクトに書くと、ゲスいなーっていう。ミルクチャン好きならとりあえずチェックしてみて間違いはないかと思うけど、それ以外の人は…どうでしょうね。僕は好きですが、率先して人に勧めたくなるような内容ではないことだけは間違いないかも。ははは…。

リトルビレッジピープル Vol.1リトルビレッジピープル Vol.2リトルビレッジピープル Vol.3
[DVD]リトルビレッジピープル Vol.1 Vol.2 Vol.3(amazon)
[DVD]リトルビレッジピープル Vol.1+Tシャツセット(amazon)…こちらはVol.1にPVHCATVのTシャツとDVD3巻を収納できる特製ケースが付いてくるAmazon限定商品とのこと。

Little Village People(公式サイト)
Little Village People(MTV)…第1話が公開されています。
Little Village People #013 #014 #015(ニコニコ動画)…再生数が…。
[DVD]Little Village People Vol.1 Vol.2 Vol.3(ワーナー・ホーム・ビデオ)

ミッキーマウス/B&Wエピソード

先日、ミッキーマウスのモノクロ時代の短編映画を収録したDVD、「ミッキーマウス/B&Wエピソード Vol.1 限定保存版」(amazon)「ミッキーマウス/B&Wエピソード Vol.2 限定保存版」(amazon)を購入しました。ディズニー関連のDVDを買うのははじめてですよ。

ミッキーの短編作品は前から1度ちゃんと見てみたいと思っていたんですが、ディズニー関連のDVDって手を出しにくい印象だったんですよね。期間限定になってたり、収録作品も何を基準に選ばれてるのかよく分からなかったりして。とっとと全部入りのシリーズをリリースしていつでも買えるようにしてくれればいいのに…と思っていたところ、どうやら最近発売されたB&WエピソードのDVDはVol.1と2さえ買えばミッキーのモノクロ時代の短編映画は全部揃うとの話なんですね。そうは言ってもディズニーのことだから絶対何か引っかけがあって、実は収録されていない作品があったりするはずだと意地になって調べてみたところ、僕が確認した限りだと本当に全作品が抜けなく収録されているようでした。

そうと分かればなくならないうちに買わないとと、慌てて注文したわけなんですが、これは「ホントに買ってよかった!」と思える内容ですね。まだ途中までしか見ていないんですが、とにかくミッキーの動きがかわいすぎる! 更に最初期の作品と言うことで、今のミッキーからは考えられないお宝シーンが盛りだくさん。ファンにはお馴染みのシーンかとは思いますが、ミッキーの喫煙、飲酒シーンやミニーにしつこくチューしようとしてビンタされるシーンとか、なんとも言えない味があっていいです。

ちなみにこのDVDは「Walt Disney TREASURES DVD」というシリーズの一環として発売されたもので、これまでに以下の作品がリリースされています。
ミッキーマウス/カラー・エピソード Vol.1 限定保存版 2004.6.18発売
シリー・シンフォニー 限定保存版 2004.9.15発売
ドナルドダック・クロニクル Vol.1 限定保存版 2004.10.20発売
ミッキーマウス/カラー・エピソード Vol.2 限定保存版 2004.11.19発売
ミッキーマウス/B&Wエピソード Vol.1 限定保存版 2008.12.17発売
オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット 限定保存版 2008.12.17発売
ミッキーマウス/B&Wエピソード Vol.2 限定保存版 2009.1.21発売

いずれも限定生産で、最近発売された3作品はちょっと探せばまだ普通に売られていると思いますが、2004年に発売されたものは入手困難な状態となっています。

B&Wエピソード以外のDVDの収録状況も調べたところ、「カラー・エピソード」についてはごくわずかに未収録作品があるようでした。その他の「シリー・シンフォニー」、「ドナルド」、「オズワルド」は部分的な収録となっています。ただ、アメリカではシリー・シンフォニーとドナルドDVDの続編が出ているようなので、日本でも発売されればかなりの作品が網羅されそうです。ということで昔の短編作品を見たい人にとっては相当いいシリーズだったようですね。今頃気付いても遅すぎですが、正直なところ「カラー・エピソード」や「ドナルド」も今買えるものなら欲しかったかも。一部はディズニーストア限定で再販されたこともあるらしいので、とりあえず気長に待ってみることにします。

最後にちょっと余談ですが、今回購入したDVDに収録されている作品は、最も新しいものでも1935年公開なので、普通に考えると日本での著作権の保護期間は既に終了しているものと思われます。
実際にディズニーの長編作品だと1937年公開の「白雪姫」から1953年公開の「ピーター・パン」までの作品については著作権の保護期間が終了しているとされ、ディズニーに無認可で製作された格安DVDが流通しています。
短編作品の格安DVDは今のところ存在しないようですが、いくつかの作品は動画サイトに”著作権切れ作品”としてUPされていたりもします。ニコニコ動画ではこうした動画にはパブリックドメインというタグが付けられているので、探してみるのもいいかもしれません。

ただし、ディズニーが自社制作の作品について正式に著作権切れを認めたと言う事実は一例もないようなので、好き勝手してると突如ディズニーがこれまで公表していなかった事実や新たな法解釈に基づいて訴えてくる可能性もなくはないです。と言うわけで、現時点でこれらの作品を著作権切れと断言するにはやや不安の残る状態のようです。

 < 1 2 3 4 5
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

471867 今日:20 昨日:271 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP