HOME > タグ > BOOK

[本]やなせたかし メルヘンの魔術師 90年の軌跡

4/3から6/28まで、文京区の弥生美術館にて「メルヘンの王様 やなせたかし展」という展覧会が開催されているんですが、これに関連して1冊の書籍が刊行されています。

やなせたかし メルヘンの魔術師 90年の軌跡
[本]やなせたかし メルヘンの魔術師 90年の軌跡/中村圭子・編(amazon)

河出書房新社 2009.3.19発売 1575円
ISBN:978-4309727677

これまで、やなせさんの自伝的な書籍は何冊か出ていますが、第三者の視点からこれまでの仕事を俯瞰するタイプの本は意外となかったんじゃないでしょうか。多数の作品(イラスト)が掲載されているのに半分くらいはモノクロページなのと、ページ数が少なめなところはちょっと惜しいですが、これまでのやなせさんの多岐に渡る足取りがまとめられていて、そのすごさを感じるには十分な内容になっていると思います。

こうして過去から現在までの作品をまとめて眺めてみると、一貫して色濃い影のようなものがあることに気づかされます。やなせさんはこれを「叙情」という言葉でよく説明されているようなんですが、これらの作品が世代を超えて人の心を掴んでいるのも、やっぱりこの溢れんばかりの叙情性にあるんだろうな…なんて思いました。アンパンマンのテーマソングで、「愛と勇気だけがともだちさ」っていうよく突っ込み対象になる一文がありますが、あれなんかも叙情の固まりのようなフレーズですもんね(ご本人は深い意味はないと説明されているらしいですが)。

ただ、そんな中でもここ数年盛んな自治体などの依頼を受けたキャラクターデザインの仕事だけは影は息を潜めてます。そういう意味では、これらの仕事はちょっと特殊なのかもしれません。

この本の巻末には「やなせたかし書誌」として、2008年までに出版された大人向け書籍のリストが掲載されているんですが、やなせさんはいまだにかなりのハイペースでお仕事されていて、今年に入ってからも色々な本が出版されています。せっかくなので補足としてリストには掲載されていない、最近出版された本を紹介しておきます。

[本]あなたも詩人 だれでも詩人になれる本/やなせたかし(amazon)
かまくら春秋社 2009.2.6発売 1260円
ISBN:978-4774004266
1977年に刊行された「詩とメルヘンの世界 もしも良い詩がかきたいなら」を改訂した書籍。

ハルのふえ
[本]ハルのふえ/やなせたかし(amazon)

小学館 2009.3.30発売 1365円
ISBN:978-4097263784
子供向けの絵本作品。たぬきに育てられた男の子の物語です。鮮やかな色遣いの洗練されたイラストが目を引く1冊。

足みじかおじさんの旅
[本]足みじかおじさんの旅/やなせたかし(amazon)

新日本出版社 2009.4.25発売 1470円
ISBN:978-4406052399
大人向けのショートストーリー集。

[本]たそがれ詩集/やなせたかし(amazon)
かまくら春秋社 2009.5発売 1575円
ISBN:978-4774004402
いちばん新しい詩画集。

[本]人生の歩き方 2008年10-11月(amazon)
NHK出版 2008.9発売 683円
ISBN:978-4141895060
NHKの「知るを楽しむ 人生の歩き方」に出演された際のテキスト。

[CD]ノスタル爺さん~やなせたかし オリジナルソング集(amazon)
キングレコード 2003.12.26発売 2000円
品番:KICS-1056
最後に、書籍では触れられていなかったお仕事としてこれも。6年前に発売されたやなせさんの歌手デビュー盤です。僕はけっこう間近で生歌を聴いたことがあるのですが、すっごいパワフルな歌声なんですよね。ちなみに作詞はもちろん、作曲まで手掛けられていて、作曲名義はミッシェル・カマと名乗られています。

[本]やなせたかし メルヘンの魔術師 90年の軌跡(出版社の紹介ページ)
アンパンマンショップ やなせたかし(公式サイト)

香北町に「やなせ兎」像建立(2005.1.25)

[本]Maus―コミック×DVD

ドイツのキャラクター、「Maus(マウス)」のDVD付きの書籍がいつの間にか出ていたので紹介です。

Maus―コミック×DVD
[本]Maus―コミック×DVD(7&Y)

宙出版 2009.4.9発売 1575円
ISBN:978-4776795353

「Maus」はドイツの子供番組のキャラクターで、日本では2005年頃に”日本におけるドイツ年”っていうことでテレビで番組が放送開始されたり、本が発売されたりしていたんですが、最近では獨協大学の広告でたまに見る程度だったので、日本でのキャラクター展開も一区切りしちゃったのかと思ってたんですよね。なので本屋さんでこの本を見かけた時も当時発売されたものかなと奥付を見てみたら、今年発売だったので「おお、まだ本とか出るんだ」とプチ驚きでした。

本の中身は台詞のない4コマ漫画が収録されていて、それにショートアニメが30分収録されたDVDがついてくるというもの。先月からはカートゥーンネットワークでもアニメが放送されているそうなので、また見かける機会も増えてくるのかもしれませんね。

Die Maus | マウス(公式サイト)…確かにブログはずっと続いているんですよね。ショップのページで本の中身が少しだけ見られます。
Maus―コミック×DVD(出版社の紹介ページ)
Maus―コミック×DVD(amazon)

[本]B・B Photo Book RUN

今月はドアラにつば九郎にとプロ野球マスコットの本がいろいろ発売されたんですが、これもその中の1冊です。

B・B Photo Book RUN
[本]B・B Photo Book RUN/B・B(amazon)

北海道新聞社 2009.3.6発売 1050円
ISBN:978-4894534957

北海道日本ハムファイターズマスコット、B・Bの本なんですが、ドキュメンタリー写真集と銘打った作品になっています。
B・Bと言えば公式サイトで長文のコラムを執筆していることでもお馴染みですが、そのコラムの中でこの本のことを「二番煎じ」というちょっと自虐的なタイトルを付けて綴っているんですね。でも実際には二番煎じどころか他のマスコット本とは一線を画すコンセプトの元に作られていることが中を見るとわかります。

最近はゆるキャラブームとかでキャラクター全般に対して「ゆるさ」というものが求められるようになっています。球団マスコットの世界でもそれは例外ではなく、中でもドアラがその波に乗ってブレイクし、象徴的な存在として支持されています。そこへ行くとこのB・Bの本はと言うと、そんな状況を無視するかのように、ゆるさなんて微塵もないどころか、渋さすら感じさせる作りになっているんですね。まさにプロスポーツの現場で働くもう1人のプロという言葉がぴったりくるような、格好良さが詰まった1冊になっています。

売れることだけを考えれば、本当はもっとゆるく売り出した方が手っ取り早いはずなんですが、ドアラがドアラにしか進めない道を歩んでブレイクしたように、B・BにはB・Bにしか歩めない道があって、それを信じて進むんだっていう、決意のようなものがこの本からはひしひしと伝わってきます。
見る人によれば不器用にも思えるのかもしれないけど、僕はやっぱりB・Bのそう言うところが好きだなぁって思うし、マスコットはゆるいだけじゃなくていろんな一面があるんだってことを広める意味でも、その道は絶対に間違っていないと思います。

B・Bは第2弾としてコラム集を出版したいという夢があるそうですが、B・Bの情熱があればきっといい本ができるんじゃないかなと思います。これからもオンリーワンの存在感を見せつけてほしいです。

[本]B・B Photo Book RUN(北海道新聞社 紹介サイト)
B・B DIARY(公式サイト)…札幌での出版記念イベントの様子なども公開されています。
ブリスキー・ザ・ベアー(Wikipedia)…B・Bの誕生からこれまでの活躍について詳しくまとめられています。そうそう、最初の頃はデザインが馴染めないって散々な言われようだったんですよね。それを考えると本当にすごいと思います。

B・Bが”マスコットの人権”を呼びかけ(2004.8.29)

「こんがらがっち」の本が2冊同時発売

何年か前に明治製菓が発売しているサイコロキャラメルのおまけになっていたキャラクター、「こんがらがっち」の本がもうすぐ2冊同時に発売されます。

こんがらがっち どっちにすすむ?の本
[本]こんがらがっち どっちにすすむ?の本/ユーフラテス(amazon)

小学館 2009.3.18発売 1260円
ISBN:978-4097263722

[本]あたまがこんがらがっち劇場/ユーフラテス(amazon)
小学館 2009.3.18発売 840円
ISBN:978-4093878456

「こんがらがっち(コんガらガっち)」は佐藤雅彦研究室の卒業生ユニット、ユーフラテスが制作したキャラクター。キャラメルのおまけは、縦に並んだサイコロ型の箱2つにキャラクターの上半身とか半身が描かれていて、上下の箱の組み合わせを変えることで新しいキャラを生み出すことができるという、いかにも佐藤雅彦的な遊び心のあるものだったんですよね。

その後「こんがらがっち」は、朝日小学生新聞にて4コマ漫画が連載されることになったんですが、その内容をまとめた本が「あたまがこんがらがっち劇場」のようです。もう一方の「こんがらがっち どっちにすすむ?の本」は初出があるのかは不明ですが、絵に描かれた道を指でたどりながら楽しむ絵本になっています。

ユーフラテスの絵本はいつも面白いので今回も面白いに違いないと思い、ちょっと早めに紹介してみたのですが、せっかくなのでこれまで発売されている他の本もついでに紹介しておきます。

[本]ピタゴラブック1 ぴったりはまるの本/佐藤雅彦、ユーフラテス(→amazon
[本]ピタゴラブック2 フレーミーとそうじき/ユーフラテス、うちのますみ(→amazon
[本]ピタゴラブック3 フレーミーともぐら/ユーフラテス、うちのますみ(→amazon
[本]ピタゴラブック4 フレーミーとのみのノミー/ユーフラテス、うちのますみ(→amazon
[本]midnight animation/ユーフラテス、佐藤雅彦(→amazon

「ピタゴラブック」はその名のとおりNHK教育で放送されている「ピタゴラスイッチ」の本なんですが、最近は出ていないようですね。こちらももっと出してほしいです。

[本]こんがらがっち どっちにすすむ?の本(小学館の紹介ページ)
[本]あたまがこんがらがっち劇場(小学館の紹介ページ)
ユーフラテス(公式サイト)
「コんガらガっち」てなんだ?!(Excite Bit 2007.7.7)

 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

464593 今日:300 昨日:316 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP