HOME > タグ > ゲーム

マジコンもやもや

「マジコン」販売禁止命じる 東京地裁、任天堂の訴え認める判決
マジコンを使って不正コピーしたゲームで遊ぶ行為が、ここ数年かなり問題になってるみたいですね。アンダーグラウンドなところでこっそり利用するならまだしも、最近は節約術の一種とでも思ってるのか、親が子供に買い与えるケースも珍しくないそうで。一ゲーム好きとしては、こうしたマジコンをめぐる話を聞くと、「いつから日本はこんな国になったんだ…」と、暗澹たる気持ちになってしまうんですが、この感情は「悪いことはやっちゃだめ!」っていう単純な正義感からくるものでもなくて、もっと一言では言い表せないような複雑でもやもやとした気持ちなんですよね。これってなんなんでしょうか。

とりあえず1つだけ思うのは、「本当にそれで楽しいの?」っていう疑問です。ゲームで遊ぶっていうことの中には、実際にコントローラを操作すること以外も含まれると思うんですよね。僕が子供の時にはその前後にいろいろありました。どのゲームが面白そうかとゲーム雑誌とにらめっこしながら考えたり、少ないお小遣いを必死に貯めたり、時には親にねだるために作戦を立てたり、そしてやっとの事でお金を貯めて、レジの人に欲しかったタイトルを伝えるときの高揚感、いざやってみたらダメゲーだった時のがっかり感。更に後で、ダメなゲームの話で友達と盛り上がったり。そういうところも含めてゲームの楽しさだし、思い出になると思うんですよね。

自分から何もかもわかっててマジコンを利用している人に対しては正直「好きにすれば」って思うんですが、親にマジコンを買ってもらった子が、そういう世界があることを知らないままゲームソフト”だけ”を遊んでるっていうのは、単純に気の毒に感じてしまいます。

もちろんマジコンに対する違和感はそれだけじゃなくて、楽しませてもらったものに対して感謝の気持ちを込めて対価を払うっていうやり取りが持つ大切さが蔑ろになっているのもありますしね。
本来タダじゃない創作物をタダで手に入れていた人が、クリエイティブに対して敬意を感じたり、自分もその道を目指したいと思うのって難しいと思うんですが、そのことだけでも様々な可能性を狭めてしまっている気がします。

マジコンに限らず、最近は給食費の未払いとかいろいろありますよね。サービスを受けておきながら、お金を払わなくて済む方法があるなら、その方法の是非は置いといてとにかく払わないっていう考え方。それでその人の懐が一時的に豊かになるのかもしれないけど、そんなことをいくら繰り返したって、本当に豊かな生活なんて送れないと思うんだけどなぁ。

ドアラのゲームソフトが登場

昨年、エッセイに写真集、CDにDVDと大活躍だった中日ドラゴンズのマスコット、ドアラさんですが、今年もまだまだ活躍するみたいで今度はゲームソフトが発売されるそうです。

Wii向けのソフトで、タイトルはそのまんま「ドアラでWii」。公式サイトで公開されている情報によると、ジャンルは「マスコットエンターテイメント」とのこと。ドアラを使ったちょっと変わったミニゲームがいろいろ遊べるようになってるようです。
更に条件を満たすとドアラのムービーやモーションが見られるようになっていて、集めたモーションを組み立ててオリジナルのドアラダンスを作れるようになってるとか。そんなちょっぴりマニアックな要素のあるところがドアラらしくていいですね。4月2日発売予定です。

ドアラがwiiソフトになった…中日(スポーツ報知 2009.1.27)
ドアラでWii(公式サイト)…初回特典もあるらしいです。

2/4追記:Aamazonで予約開始されております。ドアラ耳という謎めかしいアイテムが特典でつくようです。ふ~む。
[Wii]ドアラでWii 特典 びっくりドアラ耳付き(amazon)

[DVD]ドアラのすべて(2008.6.4)

[Wii]ラビッツ・パーティー TV Party

フランスのUBI SOFTが世に放つお騒がせキャラ”ラビッツ”の新作ゲームが本日発売となりました。

Wii版
[Wii]ラビッツ・パーティー TV Party(amazon)

ユービーアイソフト 2009.1.22発売 定価6090円

3作目となる今度のラビッツはテレビをジャックしたとのことで、テレビ番組をモチーフにしたミニゲームがたくさん収録されているそうです。ラビッツファンとして今作の気になる要素を挙げるとすると「バランスWiiボード」に対応している点でしょうか。元々ラビッツのゲームは体を使うものが多かったけど、今回は更に磨きがかかってそうです。

更に今回はこれまで日本では未発売だったニンテンドーDS版も同時発売されるとのこと。

DS版
[DS]ラビッツ・パーティー TV Party(amazon)

ユービーアイソフト 2009.1.22発売 定価5040円

ラビッツのゲームって海外ではともかく、日本ではかなりマイナーな存在なので、そんなに出してもぜんぜん売れないんじゃないかと逆にこっちが心配になってきたので今回は応援の意味も込めて紹介してみました。

ラビッツ・パーティー TV Party(公式サイト)…音が出るので注意。ラビッツが電子レンジでチンされるムービーとか、相変わらずグロイ。
ラビッツ大暴走!『ラビッツ・パーティ TV Party』WiiとDSで22日発売―計6名様にゲームをプレゼント(INSIDE 2009.1.20)…INSIDEさんでプレゼントされています。

[Wii]ラビッツパーティー(2006.12.14)

年末の任天堂

■任天堂が10/2に業者向けの発表会を開催するらしいですね。昨年の同じ時期に開催された「任天堂カンファレンス 2007.秋」と題された発表会では、「Wii Ware」やカプコンの「モンスターハンター3」の発表など、そこそこ派手だったんですが、今回は何かあるんでしょうかね。

とりあえず、年末までに発売がほぼ決まってる大型ソフトとしては10/16発売の「Wii Music」と年末発売予定の「街へいこうよ どうぶつの森」がありますが、他にも電撃発表みたいなのってあるんでしょうか。サードパーティのソフトでは、ずっと音沙汰のない「モンハン3」と、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト9」の2本がいつ発売になるのかも気になるところです。特にドラクエはリメイクの「6」もありますし。半年くらい前には、年末に「9」が出て、「6」は来年夏頃という線もある? なんて予想してましたが、今はどっちも年末には出ないっぽい雰囲気ですね。

新DSの噂もあるけど、どうなんでしょうね。なんとなく、今年はまだ出ない気はするんですけどね。なんだかんだ言いながら出たら買うんでしょうけど(笑)。

あと「Wii Music」ってホントに面白いんでしょうかね。そして売れるのかなぁ。「Wii Fit」は”面白いのか何なのかよく分からないけどバカ売れ”というポジションのソフトでしたが、どうなることやら。

振り返ってみたら、今年は任天堂発売のソフトを1本も買っていないと言うことに気がつきました。最近の任天堂って、DSとかWiiとか、ハード的な斬新さはすごいんですが、ソフトは意外と平凡というか、”斬新さ”の部分をハードに頼ったゲームが多いので、純粋にソフトとして斬新と思えるものが少ないんですよね。ハードだけじゃなくてソフトでも驚かせてほしいなぁって思います。

 < 1 2 3
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

471857 今日:10 昨日:271 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP