たれぱんだに新キャラ「ちびたれ」登場

サンエックスと聞いて真っ先に思い浮かべるキャラクターと言うと、今では「リラックマ」でしょうけどその昔はやっぱり「たれぱんだ」でした。そんな「たれぱんだ」が今年で発売10周年を迎えるということで、いろいろな企画が用意されているんですが、その一環でなんと新キャラまで登場するそうです。

新キャラの名前は「ちびたれ」と言います。確かたれぱんだって元々手のひらにちょこんと乗るほど小さかったと思うんですが、更に小さくなっちゃったようです。

と言っても今までのたれぱんだの子供というわけではなく、最近発見された種類のまったく違うたれぱんだなんだそうです。そんなわけで、見た目もなんだか淡泊な感じになっています。

ちなみにたれぱんだが流行していた当時は、まだこのサイトを始める前だったので、「僕の知らないところで妙なものが流行っているらしい…」くらいの認識でした。あれから10年かぁ。そりゃ年も取りますね。うん。

たれぱんだ10周年告知サイト
たれぱんだ 2008年2月発売グッズ
たれぱんだ すあま(公式サイト)

2008/1/25のヘッドライン

  • 2008年1月25日(金)1:28
  • [HEADLINE]

[本]BONte 012~character & illustration & more~…1/22頃発売された最新号。今号のボンさん達はなぜか日本の最南端と最西端を目指して旅立ってます。毎回「なぜか」って言ってる気が。→amazon
キャラクターフリーマガジン「maru-c!」16号配布中…1/10から配布中です。表紙は「こねこのぴっち」。 

キューピーと人気キャラが1つになった「キュージョン」第2弾
ディズニーがニンテンドーDSをガイド機にする実験中…これ楽しそう。
ハローキティなガジェット特集…家電イベントCES2008で見かけたキティたち。

新キャラ「ジュエルペット」小学校低学年女児がターゲット
サンリオとセガ、動物をモチーフにした女児向けキャラクターを開発 
魔法使いのペットたち『ジュエルペット』誕生…公式サイトはこちら。グッズは7月から発売、初年度の売上は50億円規模を見込むそうです。キティのデザイナーの山口裕子さんって取締役として露出する時は崎山裕子さんっていう名前になるんですね。

「ひこにゃん」あて年賀状、続々 返事出すから待っててにゃん
長崎セインツ・マスコット決まる…「似合う名前を付けて」…すごく濃いです…。
えー!?ドアラがトークショー 1700人が集まった…「好きな芸人は?」『たかだじゅんじ』「年収は」『パン』。これは公式設定ということでOK?

ジョン・バーニンガム絵本原画展…1/31-2/18、大丸ミュージアム・東京にて。2/2、2/3にはサイン会も開催。
高畑勲・宮崎駿コンビの「パンダコパンダ」3月15日公開「雪の女王」見に行きたかったんだけどもう終わっちゃった?

[本]アンラッキーくん/くどうのぞみ

これまでいろんなキャラクター絵本を紹介してきた当サイトですが、ストーリーやキャラクター、すべてがここまで自分好みの作品に出会った記憶はそうないですよ。

アンラッキーくん
[本]アンラッキーくん きみのそばにいるよ/くどうのぞみ(amazon)

PHP研究所 2007.12.14発売
ISBN:978-4569687506

アンラッキーくんというキャラクターが主人公の物語です。アンラッキーくんはこの世に生を受けたときは全然別の存在だったのですが、この絵本ではどのような経緯を経て今のような生活を送るようになったのかが綴られています。

最初はサブタイトルとか、冒頭の展開とかを見て、苦手なタイプの絵本かな、って思ったんですよね。あの、よく”癒し系”とかってカテゴライズされている、ただほんわかした感動を誘うだけのような物語って苦手で。ただ、見る人が見たら「そーいう絵本と何が違うの」って思われるくらい違いなんてないのかもしれません。そのへんのところはうまく説明できませんが、とにかくドラマチックな境遇に翻弄されながらも、泣いたり笑ったりしながら、すべてを受け入れて進んでいくアンラッキーくんという存在に、ただただ引き込まれるばかりなのでした。

「受け入れる」なんて書くと受け身で消極的のような印象があるけど、アンラッキーくんにはどんな状況にも負けない強さを感じるんですよね。かわいい外見に垣間見える強さがアンラッキーくんの魅力なのかもしれません。

バースデーブックカード『ラッキーをあげる』(amazon)…アンラッキーくんが登場する前作。なんだけど、本ではなくて文房具扱いで発売されてるようです。
Room226(くどうのぞみ公式サイト)

かわいい字

  • 2008年1月7日(月)0:41
  • [MEMO]

■先日、休止期間中の話題をまとめましたけど、実はキャラクター絵本とかについては別でまとめようと思って抜いてあるんですね。これがまたいっぱいあって大変です。
 
 
■「あっぱれさんま大教授」(フジテレビ系)より。こんな字を書く50代って珍しいなと、思わずキャプチャーしてしまいました。
さんまの字 
 
 
■阿佐ヶ谷駅にさくらももこのポスターが掲示されていました。
さくらももこ

何のポスターだろうと思ってよく見ると荻窪にある「湯~とぴあ」の広告でした。サイトにもさくらももこのコーナーがあるけど、チェーン店でもないのにさくらももこを広告に使うってけっこうすごいですね。
 
 
■あと細かいお知らせですが、記事への個別リンクの構造を変更してしまいました。もう変更しませんのでよろしくお願いいたします。

 < 1 2 3 ...243 244 245 246 247 ...250 251
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

474850 今日:210 昨日:423 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP