HOME > アーカイブ > 2011-10

君はどのざまぁ?

  • 2011年10月5日(水)8:00
  • [MEMO]

■次期iPhone、iOSのリリース日など、Apple関連のニュースがいろいろ発表されました。

iPhone 4S 発表、国内でも10月14日発売。ソフトバンクと au から
iPhone 4S vs. iPhone 4 詳細比較チャート
新 iPod nano はマルチタッチ対応、iPod touch には白バージョン追加
iOS 5 は10月12日リリース
iCloud は10月12日開始、iTunes Matchは米国限定スタート
(以上、Engadget Japaneseより)

事前のリークどおりauからもiPhoneの発売が決定するなど、注目すべき点もありましたが、iPhone5が発表されるのではと期待を膨らませすぎた人にとっては「iPhone4S」というマイナーチェンジ版のみの発表はやや肩すかしだった様子です。僕もiPod touchユーザーとして新touchの登場に期待していたんですが、白バージョンの追加と値下げのみに留まりちょっと残念でした。CPUやメモリはそのままでもいいからカメラの性能をもうちょっとだけUPしてほしいんだけどなぁ。せめて200万画素くらいあればいいのに。
でも8GBモデルが16800円とは驚異の価格ですね。あれだけ身銭切って10000円も値下げしたニンテンドー3DSともあまり変わらないっていう。もっと売れてもいいと思いますよ、この値段なら。

発表後にいろんな反応を見るためTwitterでいろいろ検索してみたんですが、すると、
「独占が崩れてソフトバンクざまぁ」
というお決まりのフレーズにはじまり(実際には社名じゃなくて別の1文字だったりしますが自粛)、
「仲間はずれのドコモざまぁ」
というものから、
「iPhone5が出ると思って必死に我慢していた3GS厨ざまぁ」
「iPhone5独占供給の噂に浮かれていたau厨ざまぁ」
「白iPhone4なんていう中途半端なもの買ったやつざまぁ」
といった具合に全方位に向けて「ざまぁ」の大合唱が繰り広げられて正直吹きました。僕はNTTが嫌いなので、前にも書いたようにドコモざまぁ派で通したいと思いますが、世の中にはいろんな派閥があるようです。

ところで気になるiPhone5についてですが、結局のところいろいろ出ていた噂は全部がデタラメだったということなんでしょうかね。来年発表されるとしても6月になるのか秋になるのかが気になるところです。それによっては「勢いでiPhone4Sなんて買っちゃったやつざまぁ」という新たな煽り文句が加わりかねませんしね(笑)。

3作目はあるのかな?

ディズニー、「カーズ2」をBlu-ray 3D化 -e-move対応。キャラのトミカ付き限定版も

ピクサー最新作「カーズ2」のDVD/ブルーレイが12/2に発売だそうです。

僕も1ヶ月前くらいに劇場で見てきました(以降、若干ネタバレ感想あるので一応注意です)。以前、前作ファンとしては見るのが不安みたいなことを書きましたが、そんな気持ちをあっさり吹き飛ばしてくれるいつものピクサークオリティな作品に仕上がっていました。冒頭、重々しい雰囲気の場面から始まったのでちょっと戸惑いましたが、そこから先はカーズの世界観を継承しながらも、まったく新しい作品といった感じになっていて。スパイアクションになっているとはびっくりしました。

ただ、この映画を誰かに勧めるとして、「ここがよかった!」と説明しにくい感じはちょっとしました。もちろん映像面では文句の付け所のないハイクオリティなシーンの連続なんだけど、それはピクサーなんだから当然だし。むしろそれ以外の部分、ストーリー展開が若干分かりづらいところや、いろいろ詰め込みすぎてとっちらかり気味な印象が残ってしまう気がしました。前作のファンならメーターの新しい一面を見ることができたり、初見の人よりもより多くの楽しみ方ができるとは思うんですけどね。

石油利権みたいな話がテーマの1つになっているんですが、これを深いと感じるか物足りないと感じるかで、映画そのものの印象が大きく変わってくるような気もします。

あとPerfumeの「ポリリズム」が劇中歌(日本版ではエンディングも)に起用されていることでも話題を呼びましたが、この点は大満足でした。てっきりハリウッド版ゴジラのラルクみたいにどうでもいい使われ方をしているのかと思ったら、日本にいるシーンで長時間流れていて、場面にもぴったり合っていたし。さすがラセター自身がPerfumeのファンだと公言しているだけはあります。

ちなみに今回見に行った映画館は7月に新装オープンしたTOHOシネマズ渋谷でした。約300席あるSCREEN3での上映でしたが9月の平日午前の回ということで、席には僕以外に2組しかいませんでした。しかもどちらもなぜか端の席だったので、ど真ん中の席で視界に他の人の姿が入らないというほとんど貸し切り状態で鑑賞することができました。この劇場の3D設備は「Sony Digital Cinema 3D」というRealDをベースにした方式だったんですが、これまで見た方式(「トイ・ストーリー3」のIMAX 3Dと「ヒックとドラゴン」のDolby 3D)と比べると明らかに画面が暗く感じました。3D表現自体は「トイ・ストーリー3」よりも使いこなした印象でしたが、やっぱり画面は明るい方がいいなぁと思いましたです。

長々と書いてしまいましたが、作品についてはいろいろ見逃しているところもありそうなのでDVDが出たらもう一度見てみようと思います。

[本]Kiki&Lala Dreamy Diary

サンリオキャラクター大賞で昨年に続き栄えある2位に輝いたリトルツインスターズの2人が綴った本が発売されています。

Kiki&Lala Dreamy Diary
[本]Kiki&Lala Dreamy Diary(amazon)

幻冬舎/アメーバブックス新社 2011.9.13発売 1400円
ISBN:978-4-344-99182-8

この本は昨年12月にスタートした公式ブログの内容を編集して書籍化したものです。このブログ、豊富なイラストを交えながら2人の生活の様子が綴られていたり、懐かしのグッズが紹介されていたりとバラエティに富んでいて、すごく楽しい内容になっていているんですね。前々から、書籍化前提で更新しているのかな? と思っていたのでした。

中にはちょっと変わったエピソードもあったりするのも楽しいんですね。せっかくなのでここでブログエントリーの中から特に印象に残っているおはなしをいくつか紹介してみます。

背中の星のはなし☆
キキが背中にしょっている星のひみつを教えてくれたエピソード。この星には空を飛べるようになる力があるんだそうです。そしてララが持っているステッキは飛ぶ方向を決めるのに必要なので、2人はいつも一緒なんだそうです。

キキ㊙エピソード!
ララがキキのひみつをこっそり教えてくれました。なんとキキはおねしょをして雲から落ちたことがあるんだとか。曇って濡れると溶けちゃうんですねぇ。服まで綺麗にしてあげて、ララはしっかり者のおねえさんのようです。

ステッキかして♪
ララにステッキを貸してもらったキキがはしゃいで大失態!? その模様は数日間にわたって繰り広げられたのでした。

「かわいい」って??
バラ色雲が連れてきたかわいくないパンダをめぐって、「かわいい」について考える2人。かわいいって見た目だけじゃないみたいです。ちなみに連れてこられたパンダはバッドばつ丸くんの仲間の伊集院パンダバですが、このようにいろんなサンリオキャラがゲスト登場するのも見どころです。

もこもこパーティ!
動物姿のもこもこウェアを着込んだキキとララ。どれもかわいい~! ララのメガネも似合っています。

お洗濯の味方!!
洗濯中のキキとララ。そういうことも自分でしてるんですね。そしてちゃっかり2人のイラストがあしらわれた限定アクロンの宣伝もしちゃってます。全編ファンシーな世界の中にこうしたPRをしれっと放り込んでくるところもこのブログの魅力。管理者による告知じゃなくて、キャラクターが直々に宣伝までして、それでもしっかり世界観が保たれているのがすごいです。

キキララ海外グッズ
これは昨日のエントリーですが、かつてアメリカでもキキララグッズが大人気だったことを知り、調子に乗っちゃうキキがかわいいです。いつかは海外でも再ブレイクして、キキ様のグッズをガガ様が身につけるなんてこともあるかも?

以上、7エピソードを紹介してみました。本1冊で終わるのはもったいないので、これからもずっと続けてほしいなと思います。

[本]Kiki&Lala Dreamy Diary(出版社の紹介ページ)…キキララ柄のシュシュとアメーバピグ用キキララアイテムのシリアルコードがついてきます。

リトルツインスターズ(公式サイト)
LittleTwinStars Official★Blog Kiki&Lala Dreamy Diary(公式ブログ)

[雑誌]H2005年2月号、特集「tooooo cute!!」(2005.1.21)…キキララが表紙でした。

[本]ペンギンさん、うさこ、パンダちゃんの女子ゴコロ/坂崎千春

坂崎千春さんの初となる4コマ漫画単行本が発売されたので紹介です。

ペンギンさん、うさこ、パンダちゃんの女子ゴコロ
[本]ペンギンさん、うさこ、パンダちゃんの女子ゴコロ/坂崎千春(amazon)

オレンジページ 2011.10.1発売 1000円
ISBN:978-4-87303-779-0

この作品は「元気になる!きれいになる!からだの本」という女性向けの季刊ムックで連載されているものをまとめたものだそうで、その内容も100%”大人の女子”に向けられて描かれています。たぶん坂崎さんのファンの方ならどストライクなんじゃないかな。ちょっとずつ性格の違う3人の”女子”が登場するので、自分や身近な人を当てはめながら読むと面白いのかもしれません。
ただ僕には縁のない世界すぎて、読みながら頭に「?」が浮かぶこともしばしばでしたけど(笑)。

ペンギンさん、うさこ、パンダちゃんの女子ゴコロ(出版社の紹介ページ)…こちらのページで少しだけ立ち読みできます。
イラストレーター・坂崎千春さんのサイン会を開催します!(オレンジページnet)…発売記念にサイン会も開催。本日10/2に有隣堂川崎BE店、10/6に三省堂書店有楽町店にて開催です。
さかざきちはる(公式サイト)

[本]イラストのこと、キャラクターデザインのこと。/坂崎千春(2011.2.25)

 < 1 2 3 ...4 5 6 7 8 9 10
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

452291 今日:201 昨日:298 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP