HOME > アーカイブ > 2009-11

[本]おべとも学園/obetomo

NHK教育の朝にやっている「シャキーン!」という番組の中の1コーナーとして、「おべとも学園」というアニメーション作品が放送されているんですが、この本はその作品を絵本化したものです。

おべとも学園
[本]おべとも学園/obetomo(amazon)

扶桑社 2009.10.7発売 900円
ISBN:978-4-594-06054-1

一応、知ったかぶった感じで説明してみましたが、実際のところは本屋さんでたまたまこの本を手に取ってみるまでそんな作品があることは全然知りませんでした。でも、読んでみるとすごくおもしろくて、久々に心底感動しましたよ。

本では主人公の女の子「おべともちゃん」を中心とした、子供たちの日々のできごとを題材にしたショートストーリーが10話収録されているんですが、そのおはなしというのが、毒っ気もないし、説教くさくもないにも関わらず独特の味わいというか、深みがあるんですね。イラストも、登場人物は無国籍風な見た目になっているんですが、おしゃれすぎず、素朴さを感じさせる風になっているのがよいです。子供の生活をテーマにしたおはなしなら山ほどあるとは思いますが、こういうバランスが保たれた作品って、なかなかないんじゃないでしょうかね。
 

んで、元となったアニメーションもDVDとして本と同時に2巻発売されているので、あわせて紹介です。

おべとも学園 ほっこり編おべとも学園 なるほど編
[DVD]シャキーン!アニメ! おべとも学園 ~ほっこり編~(amazon)
ポニーキャニオン 2009.10.7発売 定価:2940円
品番:PCBK.50074
[DVD]シャキーン!アニメ! おべとも学園 ~なるほど編~(amazon)
ポニーキャニオン 2009.10.7発売 定価:2940円
品番:PCBK.50075

アニメーションは普通の台詞はしゃべらず、ごにょごにょ語(?)と字幕で展開されています。
普段NHKは総合・教育ともスルー対象の僕ですが、やっぱりたまにはチェックしてみないといけないなと思った次第であります。
 

obetomo(公式サイト)…子供の頃のあだ名をアーティスト名にされてるとか。作品の主人公おべともちゃんはやっぱり子供の頃の自分をモチーフにしているのかな?
おべとも学園(扶桑社特設サイト)
おべとも学園DVD(ポニーキャニオン特設サイト)
シャキーン!(NHK紹介ページ)

[本]ゆきがふるよ ねこがいるよ/ごうだつねお

「こまねこ」の方が忙しい時期かと思われた合田経郎さんですが、新作の絵本が発表されました。こちらもねこが主人公のおはなし。

ゆきがふるよ ねこがいるよ
[本]ゆきがふるよ ねこがいるよ/ごうだつねお(amazon)

教育画劇 2009.10発売 1155円
ISBN:978-4-7746-1146-4

合田さんの絵本といえば、「どーもくん」や「こまねこ」、それから宇多田ヒカルの「ぼくはくま」の映像に登場した「まくまくん」とか、キャラクターに付随した作品はありましたが、そういうのではない単発の作品って初めてなんじゃないかな。

その中身ですが、ページごとに絵に短い一文が添えられていて、テンポよく物語が進んでいく構成になっています。冬の夜の張りつめた空気と、そこで健気に生きるねこという対比がなんとも言えない情景を作り出していて、読みながら子供の頃のこととかを思い出したりしてしまいました。

そういえば少し前に”合田さんと言えばアニメーション!”みたいなことを書いた気がするけど、イラストだけで見せる作品もやっぱりいいなぁ~と改めて思ったのでした。

dwarf inc.

ドワーフの新キャラ「なまいきヴォルク」(2009.10.15)

気になるゲーム2009冬

  • 2009年11月3日(火)7:37
  • [MEMO]

■最近何も書いていませんでしたが、今なおドラクエ9をちょびちょびとやってます。クエストも未配信のものを除いて全部クリアできたし、いい加減気も済んだ感はあるんですけどね。突き詰めようと思えば際限のないところが困りものです。
 

■そういえば以前は年末頃に気になるゲームソフトを機種別にずら~っと紹介していたことがありました。またやってみたい気もするけど、あれはあれでけっこう情熱がないとできないですからね。難しいかも。でもこの欄で適当に羅列するくらいならできるかな? と思い立ったのでやってみます(画像はAmazonへのリンク)。


[PS3]3D ドットゲームヒーローズ(11/5発売 フロム・ソフトウェア)
遊んだ感じが初代ゼルダの伝説に似ているという話のせいで、この冬いちばん気になっているのがこのソフト。来月には本家ゼルダのDS版も出るんですが、何よりも初代ゼルダが大好きな者としてはこっちの方が気になります。あとは立体ドット絵の世界観もツボですし。ただ、いきなり買うほどの勇気はないので、発売後に評判を見て、よさそうならちょっと安くなった頃に買おうかなと思い中です。


●[Wii]New スーパーマリオブラザーズ Wii(12/3発売 任天堂)
とりあえず現時点でこの冬購入ほぼ確定しているのはこのソフトだけ。超久しぶりの据え置きハードでの2Dマリオとくれば買わないわけにはいきません。今回は何度も同じところでミスするとルイージがお手本を見せてくれる機能がついているらしいので、すっかりヌルゲーマーな僕でも最後までクリアできるかもしれません。


[Wii]ラビッツ・ゴー・ホーム(11/26発売 ユービーアイソフト)
まさかのラビッツ4作目がキター! 日本では全然売れていないというのに! なぜか過去3作は全部持っているので、ここまで来るとこれも買った方がいいのかもしれません。Amazonで買うとストラップまでもらえるみたいだし。

[Wii]シャドーウォーカー 影の少年と光の妖精(10/26発売 ゲームアーツ)
Wii Wareで気になると言えばこれ。絵本的な世界観もよさそうだし、ゲームシステムもWiiの特性を活かした感じなのがいい。Wii Wareって意外とおもしろそうなゲームが出てますよね。「グーの惑星」「ロストウィンズ」あたりもやってみたいと思っているんだけど、買おうと思えばいつでも買えるから…と思っていたらいつまでも買わない罠にはまり中です。

対するPS3の配信タイトルでも何か気になっていたのがあったような…、と思い出したタイトルがこれ。

[PS3]detued グミ先輩の不思議空間(9/17発売 ソニー・コンピュータエンタテインメント)
少し前に謎の奇ゲーと一瞬話題になりました。300円と安いのはいいんですが、それでも買って後悔しそうな世界観がすごいです。でも周りにいる青いキャラクター(これがグミ先輩?)はかなり好みのキャラです。グッズ化希望。


[PSP]リトルビッグプラネット ポータブル(12/3発売 ソニー・コンピュータエンタテインメント)
PS3で発売されたリトルビッグプラネットがPSPにも登場。PS3でしか表現できなさそうなあのゲームを、どのようにPSP用として落とし込んだのか気になるところではありますが、その前におまえはPS3版でもうちょっと遊べという話も。


[DS]WireWay(11/5発売 コナミデジタルエンタテインメント)
これもキャラクターが好みの1品。ゲームシステムもDSならではの操作で楽しそうではあるんだけど、ネット上で「このゲームが楽しみ」みたいに書いている人が1人も見つからないのは僕の検索能力が低いせいなのか。

あと最後に海外でしか発売されていないゲームだけどAmazonで売ってたので紹介。

[DS]Scribblenauts(9/15発売 Warner Bros)
これは発売前から各方面で高評価を得たというソフトなんですが、ジャンルとしてはアクションパズルになるのかな。特徴としては、ゲーム中に単語を記入するとそれがアイテムとなって現れて、そうやって呼び出したアイテムを使ってクリアしていくんですね。しかも出せるアイテムが2万個以上あるとか言うのが半端ないです。ただ、海外のゲームなので英単語を知ってないと話にならないという敷居があるのですが…。
あと海外のゲームとしては日本人の目にもかわいい世界観なのが奇跡的です。誰か暇を持てあましているゲーム開発者の方がいましたらぜひともローカライズしてほしい作品です。

以上8タイトルを紹介してみました。本当はもっとさらっと済ます予定でしたが、書き始めるとけっこうノリノリで長々と書いてしまいました。やっぱりゲームのことを書くのは楽しいな。

MONMON TIME

  • 2009年11月2日(月)7:37
  • [MEMO]

■11月になりました。
 

■先日、原宿のキデイランドに行ってきました。いつも売り場をぐるぐるまわって棚を飽きるほど眺めては何も買わずに帰るという、店にしてみればヤなお客なんですが、ずっとそうなのもなんなんで、今回は1点だけ買って帰りました。

MONMON TIMEのノート
クーリアの「MONMON TIME」と書かれたクラフト地のA5サイズノートです。なんか一目見てこのウサギが気に入ったのでした。つかいかた自由とのことなので、ノートには名前のとおりモンモンとしたことを書くことにします。
というか、結局のところ単価の安いお客ですね…。
 

■これまでいろんな歌手のライブを見に行きましたが、長年の念願だったMr.Childrenのライブのチケットをついに手に入れましたよ! 年末に東京ドームでやるやつです。楽しみだ~。ちょうどミスチルファンの妹と電話で話す機会があったので、思いっきり自慢してみたら思いのほか悔しがってくれたのでいい気分です(笑)。

今回のドームツアーには1年前に発売された「SUPERMARKET FANTASY」というアルバムのタイトルが冠されていますが、その前にやってたホールツアーも確かこのアルバムのツアーでしたよね。ホールとドームの違いはあれど、同じアルバムで2度もツアーをやるのは珍しいですね。どんな内容になるのか今から期待です。

 < 1 2 3 4
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
Feeds

489131 今日:28 昨日:349 (02/7/30-)

QRコード

玄関ページ 旧ページ

UP